東日本大震災の被災地から届いた小さな記事に目が留まったのは、発生から2年以上が経過した2013年4月のことだったと記憶しています。



その記事にはこう書かれていました。

「東日本大震災の津波で壊滅した宮城県石巻市の慶長使節船ミュージアムが2年の歳月を経て、修復工事が進み、ようやくその一部が5月の大型連休に向けて一般公開される」

記事を頼りに、その年の夏休みに現地を訪れました。なお復興半ば。震災被害の甚大さに言葉を失う一方で、被災した人々のたゆみない努力と再興への営みに、生きる勇気と希望を与えてもらった感慨深い旅でした。




サンファン号

写真1(東日本大震災で壊滅し復元されたミュージアム。使節船であるサン・ファン・バプティスタ号は江戸の船大工が建造しました)




話は仙台へと舞台を移しました。江戸時代初期の1613年(慶長18年)、仙台藩主伊達政宗はスペイン人宣教師ルイス・ソテロを正使に、政宗の家臣支倉常長を副使とし、スペイン国王、ローマ法王のもとに宗教・通商ミッションを派遣。この使節は「慶長遣欧使節」として歴史に刻まれている。前回、こう紹介しました。



ここに話が飛んだのは…。現在のローマ教皇と同様、支倉常長がイタリア中部アッシジの聖人フランチェスコに名を求め、「フランシスコ」の名で洗礼を受け、教皇に謁見した史実に触発されたからにほかなりません。




支倉常長1

写真2(支倉常長のこの肖像画はローマのポルゲーゼ宮に保管されています。縦2㍍、横15㍍。仙台市博物館の肖像画とは表情が異なります。右中央部にはサン・ファン・バプティスタ号が描かれています)



407年前、常長が太平洋の大海原を越え、欧州へと旅立った地点こそが、記事で紹介されていた慶長使節船ミュージアムのあるこの場所。「月の浦」と呼ばれる歴史地区なのです。



石巻市街から、車で牡鹿半島を海岸沿いに進みます。ミュージアムは、女川(おながわ)町に向かうほぼ中間地点の渡波(わたのは)地区にありました。


常長ら仙台藩士のほかスペイン人宣教師、江戸や堺の有力商人ら総勢180人を乗せて出航した帆船は「サン・ファン・バプティスタ号」と呼ばれます。スペインの海洋技術の粋を集め、江戸の船大工が造り上げました。現在、当時の姿を忠実に復元し、その船上と船内を使って歴史をたどることができます。「心躍らされる素晴らしいミュージアム」です。


これから、月の浦を出発した一行の旅路をたどってみようと思いますが、その前に、なぜ伊達政宗がこのミッションを派遣したのか。その原点を抑えておく必要がありますね。




サンファン広場

写真3(帆船の外には太平洋を見晴らす広場が広がります。常長ら一行が見たローマのイメージを再現したと説明されていました)


1613年とはどんな時代だったのでしょう。みなさんご承知の通り、日本はすでに江戸時代に入っています。徳川家康が天下分け目の決戦である関ヶ原の戦いに勝利して戦国の世を統一し、江戸幕府を開いたのが1603年です。


ただ、幕府の体制はまだ万全ではありませんでした。家康にとって、とりわけ大坂城(大阪城)を拠点とする豊臣氏は大きな脅威となっており、いつ寝返りを打たれるかわからない不安に日々、苛まれていました。


猜疑心に満ちた“狸おやじ”家康は、豊臣氏を根絶やしにします。それが、1614年の大坂夏の陣と翌15年の冬の陣だったことは、歴史好きの方はご存知ですね。


支倉常長が欧州へと出航したのは、まさに大坂の陣の直前のことだったのです。


みなさんは、江戸幕府がキリスト教の布教を禁止する「禁教令」を出し、海外との交流を禁止する「鎖国令」を発したことを学んだはずです。それぞれ1612年と1616年に発令されたことを考えますと、世は挙げてキリスト教を徹底排除する体制へと移行する時期だったと言えます。


遣欧使節は徳川の承諾を得ていたとされますが、幕府の禁教方針には明らかに逆行します。欧州への宗教・通商ミッションというのは表向きの理由で、むしろ大航海時代を制したスペインの経済力、さらにはカトリックの絶大な権力を後ろ盾に、家康の亡き後、徳川に代わって天下を取る。政宗がこんな外交戦略と野望を抱いたとしても不思議ではないでしょう。


こうした時代背景のもと、荒海に船出した支倉常長を待ち受けていたものは…。7年に及ぶ壮大な旅から、いまのわたしたちは何を学ぶことができるのか。一緒に考えてみましょう。