2021年02月

男女ではない。人間として

2016年の米国の大統領選挙では、史上初の女性大統領の誕生を多くの世論調査が予測しました。しかし、結果はご承知の通り、トランプ氏の勝利。大統領夫人、上院議員、国務長官。華麗な政治経験を積んだヒラリー・クリントンさんは、まさかの敗北を喫したのです。その敗北宣言で、記憶に残るのが「ガラスの天井」(glass ceiling)という言葉です。女性に対する見えない偏見・差別の存在。これを打ち破れなかったと悔しさを滲ませたのです。


ヒラリー
写真1(大統領選に敗れたヒラリーさん。ガラスの天井を突き破れなかったと語りました)

自由と平等を掲げて誕生した米国でさえ、その理想はなお実現されていません。資質や実績があっても女性であるがゆえに、一定の職位以上には昇進できない。ヒラリーさんは自らの敗北と重ね合わせながら、企業に限らず、学術、スポーツ、政治などあらゆる分野で女性が指導的立場に立てる社会の実現を、この言葉に込めたのです。

毎年、年末になると、世界経済フォーラムという組織が男女格差を測る「ジェンダー・ギャップ」という指数を発表します。この数値は経済、政治、教育、健康の4つの分野のデータをもとに男女の平等がどれだけ進んでいるかを示すもので、昨年の日本の順位は153カ国中121位でした。日本の前後には、アフリカや中東諸国が並びます。


1位はアイスランドで2位以下、ノルウェー、フィンランドなど北欧諸国が続き、主要国ではドイツ10位、フランス15位、英国21位、米国53位などです。一方、中国は106位、韓国108位。ともに日本より上位で、男女格差が日本より小さいということになります。


日本人はこうした数値を前にすると、何ともやりきれない思いをするかもしれませんが、話を進める前に、実は日本は世界に誇るべき女性を世に送り出していることを強調しておきたいのです。言葉を換えれば、「ガラスの天井」を突き破った女性を……。


緒方貞子
写真2(国連難民高等弁務官として活躍した緒方貞子さん。日本人が世界に誇る女性です)


みなさんは緒方貞子さんという女性をご存知でしょうか。2019年に92歳で逝去されましたが、国際社会で彼女ほど名前の知られた存在を、わたしはほかに知りません。女性に限らず、日本人として、これほどの知名度を持つ人物はいないでしょう。


緒方さんはスイス・ジュネーブに本部を置く国連機関のひとつ国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の最高位ポストを務めました。女性としてこの役割を担うのは世界で初めてでした。緒方さんの在任は1991年から2000年までの10年に及びましたが、就任当初は東西冷戦の終結を受け、多くの難民が欧州諸国に押し寄せていました。中東やアフリカ諸国でも紛争が頻発します。その救援活動に緒方さんは命を賭し、多くの功績を重ねたのです。


ちょうどわたしが北海道新聞のパリ特派員を務めた時代と重なりました。緒方さんをぜひ取材したい。こんな思いでインタビューを申し込んだのは1996年の秋。緒方さんは快諾してくれました。いざ、ジュネーブに出張してUNHCRへ。わたしを玄関で待ち受けていたのは、女性広報官でした。「アフリカ中部のチャド共和国で軍部のクーデターが発生して大量の難民が出ている。マダム・オガタはけさ、急きょ、アフリカに向かうことになった」

インタビューはドタキャンとなりました。後日、緒方さんからは自筆のお詫びの手紙が届きました。いま思い起こしますと、緒方さんの話をじかに聞けなかったのは本当に残念ですが、彼女が貫いた「徹底した現場主義」は、わたしのその後の記者人生の支えとなり、勇気と希望を与えてくれたと思っています。



ヘップバーン
写真3(「ローマの休日」で世界を魅了しました。その輝きは彼女の生き方そのものでした)

空振りに終わったジュネーブ出張からパリに戻る途中、レマン湖畔の小さな村を訪れました。ここに眠るオードリー・ヘップバーンの墓地を訪れてみたい。かねて抱いていた、ささやかな夢を実現するためでした。「ローマの休日」「ティファニーで朝食を」「マイ・フェア・レディ―」…。数々の名画を通じて世界の人々を魅了したヘップバーンは1993年、63年間の人生を、ここスイスの村で閉じました。

わたしは墓前に立ち、こんなことを考えました。「なぜ彼女は、いまもなお輝き続けているのか」と。大女優として世界を魅了した美貌は、「美しさのほんの一部に過ぎない」と。ヘップバーンは生涯を通じて、国連児童基金(UNICEF)の活動に携わり、貧困や飢餓、難病と闘い続ける世界中の子供たちに寄り添いました。その献身こそが、永遠の美の原点にある。彼女の晩年の姿こそが、人間本来の美しさを体現しているのではないかと。



ボーヴォワール
写真4(哲学者ボーヴォワール。サルトルとの夫婦生活を通じて新たな性を生きました)


フランスの哲学者ジャン=ポール・サルトルと新たな夫婦の形を提示したシモーヌ・ド・ボーヴォワールも闘い続けました。女性としてではなく、人間として。男女を超えた「存在」として…。性差を超えた生き方がいま、あらためて問われていると、わたしは強く思います。

ガラスの天井を突き破る

わたしたちは、多様かつ変化に柔軟な社会を目指し、人種や国籍、肌の色、性別の異なる人々と共存する道を模索する時代を迎えています。あらゆる障壁を乗り越えていく努力が求められる中、国連が「SDGs」と名付けた持続可能な開発目標を定めました。そこに設定された17のゴールのうち、5番目に掲げた「ジェンダーの平等」について考えてみよう。前回、こんな提案をしました。



森喜朗
写真1(厚顔無恥とはこの元首相のことを指すのでしょう。最悪の展開となりました)


家父長制が長く続き、男性中心の社会が当たり前だった日本にとって、この目標は最も難しいのではないか。しかし、世界の人々の意識が急速に変化する中で、日本はこの潮流から取り残されてはならない―――。こんな強い懸念をお伝えした途端、「ジェンダーの不平等」をさらけ出す、驚くべき「発言」が飛び出しました!


東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(83)の女性蔑視発言です。これは、本人の思惑とは裏腹に、世界を駆け抜け、結局、辞任に追い込まれるという最悪の展開を辿りました。後任が誰になるのか。今後、東京五輪の開催可否とも併せ、状況は極めて流動的です。この問題は流れが定まるのを待って、触れてみたいと思います。



このようにジェンダーをめぐる話題は事欠きません。

年明けの年中行事もそうでした。



みなさん、箱根駅伝はご覧になりましたか。東京・大手町から箱根・芦ノ湖畔を2日がかり、10人で襷(たすき)をつなぐ大学生による古典的なスポーツイベントです。関東地方の「地域限定」大会にもかかわらず、全国放送され、高い視聴率を取る不思議な大会。波乱のドラマが必ずや待ち受けている……こんな期待感もあるのでしょう。


箱根駅伝
写真2(毎年1月2、3両日に行われる箱根駅伝。関東の大学の地方大会はいまや全国区に)


今年もドラマが待っていました! 1月2日の往路は駅伝史上初めて、創価大学が制し、3日の復路もずっと首位を保ってきましたが…最終10区の走者が東京・大手町のゴール間際で駒沢大学に追いつかれ……結局、駒大が劇的な総合優勝を果たしたのです。


箱根駅伝創価駒
写真3(最終10区で駒大が創価大をかわして首位に踊り出る瞬間。ドラマは起きました)


駒大の逆転優勝はもちろん大きな話題となりましたが、それに思わぬ“おまけ”が付いたのです。駒大・大八木弘明監督が沿道から最終走者に放った喝! 実はその言葉が、同大の総合優勝以上に沸騰したのです。



世間を騒がせたその言葉とは………
「お前、男だ」「男だろ‼」



SNS上ではこの言葉を巡り、「NG」が殺到しました。まさに、今回テーマに挙げた「ジェンダー」の問題です。監督が発した「男だろ‼」の表現に対し、テレビを見ていた多くの視聴者から違和感、不快感が示されたからにほかなりません。「男だから頑張る」。いまや、そんな時代じゃないだろう。こう感じた人がいかに多かったことか。その人たちが次々とコメントを投稿したのです。この騒動に一番驚いたのは、監督自身だったかもしれませんね。


駒大監督
写真4(駒沢大の大八木監督。「おまえ、男だ‼」の喝に批判が集中しました)


たとえば、1960年代に刊行された三省堂の国語辞典を引いてみましょう。「男」を調べると、「力が強く、主として外で働く人」と書かれています。一方、「女」を引くと、「やさしくて、子供を生みそだてる人」とあります。


当時の社会通念を踏まえ、男女を典型的に区別する表現です。男の役割はこういうもの、女はこういうもの。この固定観念は60年当時、何の問題もなく受け入れられていたのでしょう。性的な役割の固定化と言えますが、現在なら即刻、出版停止となる表現です。

わたしたちはいま、男女という「性」を生物学的に言う「SEX」として捉えるのではなく、人為的につくられた「性差」「性的役割」を意味する「GENDER」として考える時代を生きています。みなさんは、駒大監督が発した「男だろう‼」の喝をどうとらえるか。その受け止め方こそが、男女を考えるスタートラインになるのです。


世界に先駆けて、男女同権を世に問いかけてきた米国ですら、いまなお、女性大統領は誕生していません。前回の大統領選でトランプ氏に敗退したヒラリー・クリントンさんは、米国社会に厳然と存在する“目に見えない女性差別(偏見)”を「ガラスの天井」(glass ceiling)という言葉で表現しました。


いまわたしたちは、そのガラスの天井を突き破る決断を迫られています。とりわけ日本社会は! 覚悟をもって考えていかなければなりません。

排除ではなく尊重してこそ

アイヌの長老を描いた蠣崎波響作「夷酋列像」を巡る長い旅を続けてきました。
なぜこんな旅に彷徨い込んだのでしょう。振り返れば、日本語で「多様性」と訳す「ダイバーシティー」という言葉を、多くの場面で目にするようになったことを受け、それでは、「多様性の素晴らしさ」を考えてみようと提案したのが、アイヌ民族の文化に目を向けるきっかけでした。昨年10月のことですが、みなさん覚えていますか?


多様性
写真1(多様であることは素晴らしい。肌の色の違う人と隣り合わせは普通の時代です)


なぜこのテーマを考えようとしたのでしょうか。それは、最近の日本の政治状況を見渡す中で、せっかく国民の間に盛り上がってきた「多様性」を幅広く受け入れようとする機運に水を差す、多くの言動が気になったからにほかなりません。典型的な例として挙げたのが……麻生太郎副総理兼財務大臣のこの発言でした。


「日本は一つの国で、一つの場所で、一つの言葉で、一つの民族で、一つの天皇という王朝が長きにわたり続いてきた。こんな国は日本しかない。いい国なんだな。これに勝る証明があったら教えてほしい」


沖縄シーサー
写真2(日本はいつから単一民族の国に? 琉球の守り神シーサーが聞いたら笑われます)


これは、単一民族発言として大きな批判を巻き起こしたのはみなさん記憶に新しいでしょう。ご承知の通り、日本は2000年の長きにわたり、中国大陸や朝鮮半島などから多くの人々が渡来し、この地に定着してきました。沖縄には琉球民族が、わたしたちが暮らす北海道には、アイヌの人たちが先住者として生活を営み、豊かな文化を育んできたことは紛れもない事実です。「単一にこだわることの愚かさ」を知ることこそが、前回までのアイヌの長い旅の目的だったと言って良いと思います。


この未曾有のコロナ禍にあって、件(くだん)の政治家は性も懲りもなく、次のような発言をして再び批判を浴びました。「日本は民度が高いので、ほかの国に比べて圧倒的に死者が少ない」。何を根拠に民度などという愚かしいことを…。さも偉そうに語るこの人物が政界を牛耳っているかと思うと、情けなく、やがて悲しくなります。


しかし、こうした批判の一報で、SNS上では「この発言のどこが問題なの?」といった声が少なくないのも事実です。たとえば「日本はずっと単一民族だよん」「何が悪いの?」「日本人は一つの民族。みんな仲間でしょ。それを否定する人って日本人じゃないよね。日本が嫌いなの?」などなど……です。


アイヌ民族の豊かな文化とその広がりを辿る中で、わたしは、日本が単一民族でなくて本当に良かったと、あらためて感じました。一方で、日本がちっぽけな島国であることが、こんな単一意識、ときには根拠のない優越意識のようなものを育み、植え付けていたとしたら、恐ろしい現実だと思わざるを得ません。


いまわたしたちは新型コロナウイルス(covid19)の感染に怯えています。感染拡大が収まらず、首都圏を中心に発出された緊急事態宣言はさらに延長されています。渦中にあって、個人の行動ひとつひとつを監視して規制する流れが強まっていると感じませんか? 感染者を特別視し、排除しようとする動き…です。しかし、こうしたコロナの時代にこそ、多様かつ変化に柔軟な社会を目指すべきだとわたしは思います。


モアイ像マスク
写真3(札幌市南区滝野にある滝野霊園。入口に置かれた名物のモアイ像もマスク姿です)


多様性とは自分以外の存在を認めることにほかなりません。例えば肌の色の違う人、意見の異なる人…。(自分にとって)異質と思われる者(物)や人と共存するのは、社会的コストを伴う。こうした思考から脱却しない限り、常に異質なものは遠ざける方向へ向かわざるを得ないのです。コロナ禍のいまこそ、多様性を認める社会の実現を目指すべきです。変化に対応できる多彩で、寛容な社会のシステムを構築する努力が必要なのです。みなさん、いかがでしょうか。



SDGs
写真4(このマークも見慣れてきました。SDGs。17のゴールを達成できるでしょうか)


最近、よくこの英語のマークを見かけます。「SDGs」。持続可能な開発目標と訳します。Sustainable Development Goals(サステイナブル・ディベロップメント・ゴールズ)の頭文字を取ったものです。国連総会で採択され、2030年までの達成を目指す国際目標です。17のゴールと169のターゲットで構成されていますが、この目標の根底にあるものは…そう。「多様性の尊重」にほかなりません!


たとえば5番目のゴールは「ジェンダーの平等」を掲げています。男女が共生して社会を築き上げる。この目標は、男性中心の社会が続いてきた日本にとって、最も難しいかもしれません。しかし、世界の意識は急速に変化し、日本はこの流れから取り残されつつあります。掘り下げて考える大事なテーマです。

松前の筆が多様性を生んだ

2016年の秋、札幌厚別区に開館した「北海道博物館」の記念特別展として、ブザンソン美術館の「夷酋列像~蝦夷地イメージをめぐる人・物・世界」と題した、大掛かりな展覧会が開かれたことを前回、紹介しました。


会場にはブザンソンから運ばれた11点の“本物の夷酋列像”が展示されました。道東アイヌの指導者を描いた蠣崎波響の連作が道民に一挙公開されるのは、初めてのことでした。行方が全く分からなかった列像が、フランス東部のブザンソンで発見されたのは1984年。実に32年を経て実現した「幻の絵画」の里帰りだったのです!


この年、夷酋列像は全国で「ブーム」を巻き起こします。それは、札幌で開催された特別展が日本を代表する二つの国立博物館に巡回し、首都圏、関西圏のファンにも蠣崎波響の名画の世界が広く紹介されたからです。


歴博
写真1(日本の歴史を知るには必見の歴博。千葉県佐倉市の城址公園にあります)


みなさんは訪れたことがありますか。ひとつは国立歴史民俗博物館(歴博)、もうひとつは国立民族学博物館(民博)です。日本の歴史や民族学に関心のある人にとって、いずれも必見の施設です。歴博は千葉県佐倉市の城址公園の一角に、民博は大阪府吹田市の大阪万博の跡地に、それぞれ存在します。


民博
写真2(民族学に興味のある人はぜひ訪れたい民博。大阪府吹田市の万博跡地にあります)


特別展の両博物館への巡回は、この展覧会の意義の証でした。アイヌの肖像画の持つ価値に加え、北の最果て、松前藩の秘宝がなぜフランスのブザンソンで発見されたのか。そのミステリー性が反響を増幅したと言えます。鮮やかな色彩と微細な線に及ぶまでの写実性、そこに描かれたアイヌの長老たちの、深い知性と勇気をたたえる風格…。全国の美術ファンの目を引き付け、アイヌの絵巻物の世界へといざったのです。


今回が夷酋列像のストーリーの最後ですので、記録の意味も兼ねて、波響の描いた全員の名前をもう一度、列挙しておきます。12人はいずれも1789年、和人の過酷な圧制に抗議して道東アイヌが蜂起した「クナシリ・メナシの乱」の際、松前藩の要請に応じて鎮定に協力した長老たちです。その名は、マウタラケ、チョウサマ、ツキノエ、ションコ、イコトイ、シモチ、イニンカリ、ノチクサ、ポロヤ、イコリカヤニ、ネシコマケ、チキリアシカイ。このうち、イコリカヤニの1点だけが欠落していることは何度もお話ししました。


東西の双璧である両博物館は一線級の研究者が名を連ね、学術研究が進められています。ここで夷酋列像が展示されたのは名誉ある出来事ですが、そのとき、胆振管内白老町にウポポイ(民族共生象徴空間)が誕生していれば、その主要施設である国立アイヌ民族博物館こそが、特別展の会場として最適の場所だったのではないでしょうか。


特別展の開催に合わせ、日曜朝のNHK・Eテレ「日曜美術館(日美=nichiBi)」や全国紙、美術雑誌も大きく取り上げ、蠣崎波響や夷酋列像への多角的なアプローチを試みました。夷酋列像の魅力はマスコミをも捉えてやまなかったのです。


本家本元の松前にも「変化」が生じます。蠣崎波響の夷酋列像について、町民たちはそれほど大きな関心を抱いていなかった感があります。しかし、作品の知名度が高まり、美術ファンの目が松前に注がれるにつれ、道内唯一の城下町として繁栄した松前の象徴として、町民意識が高まっていくのです。


松前城下町通り
写真3(江戸の情緒が漂う渡島管内松前町。波響、鷗亭の筆は多様性を生む原点です)


道立松前高校ではフランス・ブザンソンとの交流が年を追うごとに活発化します。町の後押しもあり、生徒の代表が渡仏し、ブザンソン市民と交流行事を繰り広げます。歴史の力はやはり偉大です。道内広し、といえども、松前以外にこうした文化交流が生まれる場所はほかにないでしょう。北海道新聞の記事を拾っているうちに、ふと、ブザンソンを訪れた高校生の書道パフォーマンスに目が留まりました。


松前高校
写真4(松前とブザンソンの交流は年々盛んになります。高校生がその主人公です)


松前は、書道界を代表する傑出した人物を世に出しているのをご存知ですか? 金子鷗亭(かねこ・おうてい)。ひらがなと漢字を合わせた近代詩文書を提唱した屈指の書家です。1990年に文化勲章を受章したと聞けば、その功績の大きさが分るでしょう。松前を舞台に「筆」で生業を立てた蠣崎波響と金子鷗亭。その伝統が同校に継承され、さらに夷酋列像が繋いだブザンソンへ。文化とは何と奥深い循環を生み出すことでしょう。


アイヌ民族の存在と歴史がなければ、道内にこれほど興味をそそる物語は誕生しなかったはず。そして、そもそも夷酋列像の話を始めたのは……そう。「多様性」(ダイバーシティー)を考えることが発端でした。では、その原点にもう一度、戻ってみましょうか。

ギャラリー
  • 北海道の先進性を誇りたい
  • 北海道の先進性を誇りたい
  • 北海道の先進性を誇りたい
  • 北海道の先進性を誇りたい
  • 多様性が組織を強くする
  • 多様性が組織を強くする
  • 多様性が組織を強くする
  • 多様性が組織を強くする
  • 13人に1人。心寄せ合って