調子に乗って、ちょっと珍しい現代オペラのCDから。



①ファウストの物語

シュニトケの「ファウスト物語」。アルブレヒト指揮ハンブルク国立歌劇場、1995年。世界初録音=写真①。
ゲーテの名作ではなく、1587年出版のファウスト民話に基づく。音楽はジャケ写真のように強烈。



②こびと

ツェムリンスキーの「こびと」。ジェームズ・コンロン指揮ケルン・ギュルツェ ニッヒ管弦楽団、1996年=写真②=。
原作はオスカー・ワイルドの童話「スペイン王女の誕生日」。醜いこびとが王女の誕生日の贈り物(おもちゃ)として王宮に届けられる。自分の醜さを知らないこびとは王女に恋をしてしまう。切ない幕 切れの悲劇。ツェムリンスキーの音楽は大変すばらしいのに、なぜかほとんど上演機会がない(ロサンゼルス・オペラの上演映像DVDがある)。東京フィルのオペラ・コンチェルタンテ・シリーズでの国内初演(沼尻竜典指揮、オーチャード・ホール)を、わたしは見ることができました。



珍品オペラはジャケットも面白いのがたくさんありますが、載せていくときりが 
ないので、このへんで。




最後にワーグナーを。「トリスタンとイゾルデ」(バーンスタン指揮バイエルン放送交響楽団)=写真③④=は当初、CD5枚組で分厚い箱に入っていました(1万5000円もした)。

③トリスタン

④トリスタン箱

箱の背にも同じイラストが描かれており、当時まだ娘が幼かったため、教育上の配慮からこれをCD棚に収められずに隠しておいたことを思い出します。





⑤ワーグナー

おまけにワーグナーの珍盤=写真⑤=。これは裏側をみたところ。つまり、ジャケットではなくディスクそのものが面白い。円盤ではなく、ワーグナーの肖像の形に切り抜かれているのです。よく見ると耳にはト音記号のピアスが。ちゃんと音がでます(ただし、スロットイン式のプレイヤーは試していません)。




以上、いずれも輸入盤のみ。バーンスタインのトリスタン以外は、今は入手できないようです。