かつては女性の好みとは思われていなかった分野に、若い女性が興味を示し深く究めている例が増えているようです。新しい「○○女」「××女子」が次々と生まれています。

 

 「スー女」「相撲女子」もそのひとつ。

 DSC_0218-2

 
残念ながら身近に心当たりがいないので、ネットで探してみたら、出てくる出てくる。

 「顔といい、体形といいひたすら可愛すぎる」力士のランキング。「わんわん」「あみやん」「たーたん」など、お気に入りの力士にニックネームをつけて盛り上がる

 コアな相撲好きには違和感もあるかもしれませんが、ファン層の拡大は歓迎でしょう。


稀勢の里が第72代横綱に昇進しました。待望の日本出身横綱の誕生で、大相撲は今年も人気を集めることでしょう。


1月30日には、北海道新聞政経懇話会で日本相撲協会の八角理事長が講演しました。強調していたのは、相撲ファンを増やすために地方巡業が大切だということでした。

 道新文化事業社は、大相撲の道内巡業の多くで勧進元を務めています。札幌でも他都市でも、お客様はそれこそ老若男女。特に、小さな子供を連れた若い家族連れが多いように見受けられます。その幅広さは、プロ野球のファイターズ戦をもしのぐかのようです。

 

今年の道内巡業は8月19日札幌、20日旭川です。入場券売り出しは3月中旬を予定しています。

 

 個人的に魅力だと思うのは、力士が立ち合いでぶつかりあう瞬間の迫力です。
 
 

 「ガツン」「バシッ」「ドン」


DSC_0113-2

 

 日本語は擬音の表現が多彩だとよく言われますが、この音はどの字を選んでもうまく再現できませんし、テレビ中継で聞く音とはまるで違います。

巡業といえども、取り組みは真剣です。おまけに基礎知識の解説や相撲甚句の披露など、お楽しみも豊富です。
 

是非、ご覧いただいて生の迫力を味わっていただきたいと思います。

 

 

写真は昨年の函館場所取組と札幌場所力士握手会