この1年

ことし1年を振り返るのに、印象的な言葉を2つ紹介します。偶然ですが、朝日新聞と毎日新聞が同じ12月6日の夕刊(電子版)に載せたコラムです。


「政治と経済は分断するが文化は結ぶ」-池澤夏樹「終わりと始まり」(朝日)


「私(指揮者サイモン・ラトル)は彼ら(ベルリン・フィルの団員)を、腹のすいたトラの集団だと思っている。このオーケストラの団員は自分の仕事だから音楽をするとは思っていない。音楽をしなければこの世は終わると思っている」(ラトルの来日記者会見の言葉)-(毎日)

池澤氏も、本心から政治や経済を見限っているわけではないでしょう。政治にも経済にも結ぶ力はあるのに、そうなっていない現状を憂えたものだと理解します。


文化は、そんななかで孤軍奮闘せざるを得ない。
ラトル氏の言葉は、闘争宣言のように響きます。


文化を「娯楽」と同義にとらえて軽く見る風潮は、今に始まったことではありません。しかし、文化にかかわる人には、切羽詰まった思いの人も、文化の力を信じている人も大勢いるのです。



その隅っこで仕事をさせていただいているのが道新文化事業社です。こんな小さな会社が「結ぶ」とか、「この世の終わりを止める」ことができるとは思いません。それでも―。



「志」は大きく持っていたいものです。


2017年間興行
写真は、ことし1年、道新文化事業社が取り組んできた主な事業の一覧です。忘年会に向けて幹事役の社員がつくり会場に掲示しました。
みんなで取り組んできた事業です。大きなもの、小さなもの、ひとつひとつに思い出があります。


来年2018年も、多くのお客様にご満足いただけるよう一同力を合わせていきたいと決意しながらこの年を送りたいと思います。
来年の主な事業の予定は1月7日(掲載予定)の道新朝刊広告でお知らせします。


みなさま、よいお年を。


(道新プレイガイドは仕事納めの28日は午後3時までです。新年は4日午前9時半から平常通り営業しています)

今年のCDベスト3

ことしも残すところわずか。
他のメディアのまねをして、年末回顧でもしてみましょう。
ただし、わたしにできるのは、自分で買って聴いたクラシックのCDベスト選ぐらいになります。
コンサートや舞踊、展覧会でも回顧をやってみたいところですが、主催者として格差をつけるわけにもいかないので、ここは心の中だけにとどめておきます。


①ワーグナー 楽劇「ワルキューレ」第1幕
 クラウス・テンシュテット指揮ロンドン・フィルほか
  (輸入盤。ロンドン・フィル自主レーベル)
best3-1


1位はやっぱりワーグナー、すみません。
来年が没後20年になる名指揮者テンシュテットが1991年にロンドンのロイヤル・フェスティバルホールで行った演奏会形式での上演の録音が、ことし日の目を見ました。
歌手は、ドイツオペラ好きにはなじみの大物がそろっています。ジークムントにルネ・コロ、ジークリンデにエファ=マリア・ブントシュー、フンディングにジョン・トムリンソン(演奏時間約1時間、登場人物はこの3人だけです)。
一聴「これはすごい」と驚嘆した名演です。一部評論家も激賞していました。
ワルキューレは、第3幕の「ワルキューレの騎行」が超有名ですが、わたしはこの第1幕こそワーグナーの最高傑作ではと思っています(傑作だからこそこうして単独で演奏会で取り上げられるのです)。チェロ独奏や木管楽器の哀切な旋律が、過酷な運命を別れ別れに生きてきて、ついに出会って愛し合う双子の姉妹、ジークムントとジークリンデの動きや心のひだを描き出します(なんと兄妹相姦! この愛から、神をも恐れぬ英雄ジークフリートが誕生するのです)。幕切れは圧倒的な迫力で盛り上がり、オーケストラの激しい一撃で一気に幕を降ろします。

余談ですが、
CDをより高音質にしたリマスター盤が数多く出て、過去の名演が再び脚光を浴びる時代。今年、ワーグナー関連では、クナッパーツブッシュとフルトヴェングラーの「ニーベルングの指環」全曲(ともに13枚セット)のSACD、カラヤンの同じく「指環」やベームの「トリスタンとイゾルデ」のブルーレイ・オーディオ化などがあって買い直しの誘惑にあっさり負けたので、金銭的にも大変でした。




②ブラームス ピアノ小品集
 アルカディ・ヴォロドス
  (輸入盤、SONY)
best3-2


ロシアのピアニスト、ヴォロドスは、この国の演奏家らしく、超絶技巧で売り出した人のようですが、こんな渋い曲を選んで録音するのですから、本人は「技巧派」のレッテルを嫌っているのではないでしょうか。
それを証明するように、彼はモンポウ(スペインの作曲家)の小品集もことしリリースしました。
いずれも美しいピアノの音色が夢見るように広がります。
ブラームス晩年の「間奏曲」など数多くの小品は、もっと多くの人に聴いてもらいたいと心から思います。




③武満徹 管弦楽曲集(2枚組)
 山田和樹指揮 日本フィルハーモニー交響楽団
  (国内盤。EXTON)
best3-3


いま、もっとも注目している指揮者の一人が山田和樹です。武満作品にも意欲的に取り組んでおり、2013年に東京混声合唱団と合唱曲集を出したのに続いて、2枚組のオーケストラ曲集の登場となりました。
これらは、3年がかりで行われたマーラーの交響曲連続演奏の際に、組み合わせの曲としてプログラムを飾ったライヴ録音の集成です。
マーラーと武満で一夜の演奏会を構成するという発想自体、ほかの指揮者にはなしえないことのように思います。それに高い水準でこたえた日フィルも偉い。


う~ん、あまり一般的とはいえないリストになりましたね。すみません。
すでにブログで書いたように、わたしは「中古大好き」人間で、ことし購入したCDも大半は中古盤でした。よく聞き返す盤はほかにもありますが、過去のリリースをいま取り上げてもしようがあるまい、ということで、今年発売されたものの中から選んでみました。
あえて選ばなかった新譜もそこそこありますが、一般的には向きそうもないものが多いので(性格を疑われそうなので)、この辺でやめておきます。

手作りオペラ

音楽ファンや演奏家が集う札幌のレストラン、「円山カンタービレ」で楽しい催しがありました。

ミニオペラ「カルメン」。

ビゼーの名作、カルメン(全4幕3時間程度)を「いいとこどり」して40分に圧縮、演奏もバイオリン、チェロ、ピアノの3人、歌手は4人だけという曲小編成のオペラです。


演奏したのは
札響の大平まゆみさん(バイオリン、コンサートマスター)、
荒木均さん(チェロ)、
ピアノは伊藤千尋さん。

歌手たちは、
題名役カルメンは松田久美さん(札幌室内歌劇場)、
カルメンに惚れる伍長ホセは岡崎正二さん(北海道二期会)、
ホセの許婚者ミカエラは亀谷泰子さん(LCアルモーニカ)、
ホセの恋敵となる闘牛士エスカミーリョは中島聡章さん(札幌室内歌劇場)。
ミニオペラ


会場は20人強で満員となる広さ。音楽好きのためにステージが常設されてはいますが、オペラのセットはなく、客席の間の通路をも有効に使って、歌い手たちが歌い演技します。簡略ではありますが、衣装も小道具も工夫されていました。


当日は昼の部、午後の部、夜の部の3公演。音楽ファンで各部ともほぼ満員。東京から音楽評論家の東条碩夫さんも駆けつけておられました。


これは単発の催しではありません。大平さんらはミニオペラ連続上演のための団体「オペラファクトリー北海道」を組織、「カルメン」の再演や、次回作「トスカ」(プッチーニ作曲)の上演準備も進めています。


大平さんは、この試みの意図をこう訴えます。

「来年秋、札幌文化芸術劇場hitaruがオープンします。これからどんな音楽文化を生み出し、発信していくのか。それは単に行政の課題にとどまらず、音楽文化にかかわる者にとって大きなテーマだとわたしたちは考えています
…ささやかな取り組みですが、いずれは志を同じくする団体や行政とも手を携え、新たな音楽文化を発信していきたいと願っています」

(詳しくはオペラファクトリー北海道のホームページ https://arakicello.wixsite.com/hokkaido-opera をご覧ください)。


出演者を見ればわかる通り、北海道のオペラ団体の枠を超えて集まった有志が真剣に、しかし実に楽しそうに取り組んでいるのがこの試みなのです。


札幌では、オペラの本格的舞台に接する機会は多くはありません。
難しそう、チケットが高い、上演時間が長い…。いろんなハードルがあり、愛好家が増えないためにますます上演機会も減っていく悪循環です。
しかし、入門者向けだからといって手を抜いた上演では、その本来の魅力は伝わりません。


だからこそ、大平さんたちの取り組みは貴重です。
わたしも大好きなオペラ・カルメン。今回のミニ版は、その魅力のエッセンスをしっかりと感じ取れるものでした。
映像ソフトで一流の上演を家庭のテレビでも見られることは確かですが、目の前で(本当に歌い手さんと体が擦れ合うくらいの目の前なのです!)繰り広げられる歌や演技は、圧倒的。
それに加えて、終演後には出演者のみなさんと交流もできるのですから、こんな貴重な体験はそうそうできません。

今後の展開に注目し、応援していきたいと思っています。



写真は夜の部の公演を終えて晴れやかな表情の出演者たち

ギャラリー
  • 耳の虫
  • 魂の歌
  • 魂の歌
  • hitaruパワー
  • 口伝隊
  • 口伝隊
  • レニー
  • レニー
  • 見るか、見ないか