鬼を笑わす

「来年のことを言うと鬼が笑う」

という言葉があります。どういうことなのか。
起源には諸説あるようです。有力なのは、鬼は人間の寿命を知っており、何も知らない人間が将来の望みを語るのを見ると笑ってしまう、という説。賢い鬼が「上から目線」で愚かな人間を見てあざ笑っているのですね。

鬼は粗野な乱暴者のイメージがありますが、そうではなくて実は賢い、というところがミソ。「鬼才」などという言葉もあるくらいですから、決めつけは禁物です。


諸説のなかには、年末にふさわしいこんなのもあるそうです。

節分の豆まきが大晦日の行事だったころ、大和の東端の曽爾(そに)という国の話。
鬼が村にやってきては悪さをし、人々は困っていた。殿様は一計を案じ、鬼に提案した。「悪さをやめたら殿様にしてやる。ただし条件がある。庭にまいた年越しの豆が芽を出したのを見つけてこい」
鬼は条件をのんだ。村人たちは、決して芽が出ないようにと真っ黒焦げになるまで炒った豆を庭にまいたので、鬼が必死に芽を探しても見つからない。
ところがある豆から芽が出てしまう。これを見つけた鬼は狂喜して殿様のもとに走ったが、戻ってみると豆がない。村人が抜いてしまったのだ。
泣いて悔しがる鬼に役人は「来年も年越しがある。そのときまた探したらいい」と慰めた。それを聞いた鬼は「自分のことを毛嫌いしている人間が来年のことを言ってごまかすなんて」と、泣くのをやめ、苦笑した。


そういえば鬼にはあまのじゃく(天邪鬼)という鬼もいます。あまのじゃくを自認するわたしがこれを聞いて思い出したのは、ワーグナーの歌劇「タンホイザー」です。


ドイツ・チューリンゲンの吟遊詩人タンホイザーは、妖界の女王ヴェヌスの魅力の虜になり、禁じられた快楽の洞窟に遊んでしまいます。そこにも飽きて人間界に戻ってきた彼、最初はヤバい過去について口をつぐみます。しかし、領主主催の歌合戦に久々に参加すると、お題は何と「愛の本質について」。詩人仲間が精神的な純愛を賛える歌ばかり歌うのを聞いて、ついつい禁断の世界で体験した性愛のすばらしさを歌にしてしまう。
忌み嫌う世界に行ったことをカミングアウトした放埓男を、領主や吟遊詩人仲間が許すはずはありません。タンホイザーは、清純な領主の姪エリーザベトのとりなしで、ローマに巡礼して教皇(法王)の恩赦にすがることを求められます(有名なタンホイザー序曲の主題は巡礼の合唱なのです)。心から反省したタンホイザーは、つらい巡礼の末にローマに着きますが、教皇は巡礼者を次々と祝福するのに、彼だけは許してもらえません。「私の杖から新芽がふくことがないように、お前の罪は許されないのだ」と。
のろわれたタンホイザーを救ったのは、彼を愛するエリーザベトの命を投げ出した献身でした。タンホイザーが安らかな死を迎えたとき、杖からは若々しい緑が芽吹いていたのでした。


どうです。東西の「芽吹き伝説」がここで出会いましたね。
ついでに、鬼はもともと女性だったという話もある。つまり、タンホイザーを快楽の洞窟に誘ったヴェヌスは鬼だったと考えると、東西の「鬼物語」も対比することができる。
うーん、話のレベルがあまりに違っていて無理があるか。



年末のご挨拶です。今年も1年ありがとうございました。



ここで鬼を笑わそうと思います。来年も道新文化事業社は多彩なイベントをお届けする予定です。
特に例年になく大型事業が目白押し(友好社、友好団体との共催を含む)。
3月末の市川海老蔵六本木歌舞伎(全6回公演、完売)
5月のさっぽろ落語まつり(3日間13公演、残僅少公演続出)
8月の大相撲北海道巡業(函館、札幌、釧路計4日間、3月発売予定)
9月のミュージカル「レ・ミゼラブル」(8日間10公演、2月先行販売開始)
各公演とも、詳細は道新プレイガイドのホームページをご覧ください(大相撲はもう少々お待ちください)。
会場で多くのお客様をお迎えできることを楽しみにしています。

2019
2019


道新プレイガイドと札幌市民交流プラザのチケットセンターは29日から1月3日までお休み、4日午前10時から営業します。どうぞご活用ください。

2019年がみなさまにとってよい年となりますよう。

*写真は来年のお薦め公演のチラシ。会社の応接室でお客様に見ていただいています

ことしのCD

ちょっとだけ酔っぱらって、日付変更線をまたいで帰宅すると、かねて予約していたCDが届いていました。

ルドルフ・ケンペ(1910-76)指揮ドレスデン・シュターツカペレのリヒャルト・シュトラウス管弦楽曲・協奏曲全集(9枚組SACD)。
1970年代に旧東ドイツの国策レコード会社とEMIが共同制作した超名盤を、日本のタワーレコードのスタッフがSACDにリマスターしたものです。
まずは風呂に入って体を清め、ちょっとだけ聞いてみることにしました。
夜中の1時を大きく回っています。例えば、有名な「ツァラトゥストラ」や、「アルプス交響曲」、大好きな「死と浄化」など、徐々に大音響になる曲を聴く時間ではない。でも、オーディオ効果を確かめたい。選んだのは「英雄の生涯」でした。
若いころ、LPが出るのを待ち構えたように買い求め、じっくり聴いた曲です。

驚くほど素敵な音が鳴りだしました。
SACDは、音の定位がいいのが特徴だと思っています。大編成のオーケストラの各楽器が、しかるべき位置から目のつんだ音を放つ。その立体感はたまりません。
実はSACDリマスターは、それほどの効果が感じられないのに値段だけ高いというものが少なくないのです。でもこれは、いい、というか、すごい。
最後まで聴きたかったところですが、夜中ですし、明日も普段通り出勤しなければなりません。
残りはあとでゆっくりと。

さて、ことしもこの1年に聴いたCDから3タイトルを選んでみたいのですが、ぎりぎりに駆け込んできたこの全集をどうしたものか。
新譜とはいっても再発売ですし、全部を聴いていない。
書き出しで取り上げたことでリストからは外し、ほかの曲を選ぶことにします。



【第1位】は、エリシュカ(1913-)指揮札幌交響楽団のさよならコンサート「シェヘラザード」で決まりでしょう。

elishka


マエストロ・エリシュカには、本当に音楽を聴く喜びを教えてもらいました。どの演奏も忘れ難いものです。高齢でもう来日はかなわない、といわれれば、あきらめるしかないのですが、深い「エリシュカ・ロス」に見舞われている音楽ファンは多いはずです。
彼と札響の演奏はほぼすべてCDになっており、手元にありますが、「最後の1枚」はやはり感慨もひとしおです。
「ベストCD」というよりは「ベスト音楽体験の記録」。理屈を超えた1枚です。写真はCDと、定期演奏会のプログラムの1ページから。



【第2位】は、スウェーデン出身の名歌手ビルギット・ニルソン(1918-2005)のライヴ・レコーディングス31枚組。

nilsson
nilsson


1960-70年代、並ぶもののないワーグナー歌手として君臨した彼女の、生誕100年記念リリースです。かなり貴重な録音も含まれており、特別扱いのエリシュカ盤がなければ、ダントツに選びたかったもの。
実はまだ全部を聴いていないのですが、しばらく前に読んだ自伝「オペラに捧げた生涯」(春秋社)を思い出しながら曲目リストを見ているだけでも楽しいものです。記念の年ということで、ドキュメンタリー映像も同じ写真を使ったデザインで発売されました(写真はCDボックス、ブルーレイ・ディスク、自伝の3点セット)。
自伝で彼女は、帝王カラヤン(1908-89)をかなりはっきりと批判しているのですが、CD集にはカラヤンの指揮で1969年にニューヨーク・メトロポリタン歌劇場で歌った「ワルキューレ」も含まれています(海賊版はすでに持っていましたが)。



【第3位】には、シャンソンを取り上げましょう。フランスの名ピアニスト、アレクサンドル・タロー(1968-)がプロデュースし、もちろんピアノ伴奏を担当した「バルバラ」。

barbara


これは昨年9月のリリースで、本来ならことしの選抜の対象外かもしれませんが、レコード芸術誌にはことしの1月号でやっと取り上げられたので、セーフとしましょう。
タローはバルバラ(1930-97)と親交があり、彼女の葬儀にも参列。トリビュートアルバムをつくるのが念願だったそうです。
もちろん、歌はバルバラ本人ではなく、タローが声掛けしたいろんな歌手たちが、声質にふさわしい歌を歌っています。これこそ夜中にひそかに聴く音楽。
クラシック・ギタリストのロラン・ディアンスが編んだ「フランスのシャンソン集」に、彼女の曲が2曲はいっており、わたしもレパートリーにしていました。写真はCDと、「ゲッティンゲン」のギター編曲譜。

またもへんてこりんなラインアップで恐縮。みなさんならどれを選びますか。

耳の虫

虫といっても、もぞもぞ動くあの虫ではなく、「仕事の虫」や「本の虫」のように何かに熱中する虫とも違います。
「耳の虫」。英語の「Earworm(イヤーワーム)」の訳語です。

頭の中で、あるメロディーが繰り返し流れて離れない現象。誰しも経験があるでしょう。
脳や神経の専門家らの研究で、この虫が現れる頻度には個人差があることや、その傾向もわかってきたそうです。例えば、音楽関係の仕事に就いている人に多く起こるとか、そういう人の脳は右側の灰白質が薄いとか。それでもまだ、正体を突き止めたとはいかないようです。

この「虫」、わずらわしい、消えてほしいなど、嫌われがちという解説もありますが、かわいいとか元気になれるとか、プラスに感じる経験も少なくないのではないでしょうか。

先日(10月24日)、内田光子さんのピアノ・リサイタルを聴いて以来、わたしの耳にはシューベルト晩年のソナタ第20番の最終楽章のメロディーがたびたび現れます。素朴な民謡風の調べです。

これは本当に愛おしい虫です。

シューベルトは、「魔王」や「野ばら」など、歌曲で知られる作曲家ですが、わずか31年の生涯で、「楽聖」と呼ばれるベートーヴェン(亡くなったのは56歳)に劣らない数の作品を遺しました。
ベートーヴェンは、自分の思想や理想を、それまでにない形で表現しようと苦闘した人でしたから、その音楽はマッチョなところがあります。疲れているときなどはちょっと敬遠したくなる曲が多い。
それに対してシューベルトは、自分の中に湧き上がる音楽に素直でした。聴く方も、歌曲はもちろん室内楽や交響曲でさえ、構えずに旋律に身をまかせることができます。

内田さんはリサイタルの前夜、キタラ小ホールでトークの会を催しました。シューベルトの音楽には、死と向き合ってさえ希望やあこがれがある、と語っていたのが印象に残ります。

当ブログで、ことあるごとにワーグナーへの偏愛を明らかにしているわたしも、無人島に持っていく1枚には歌曲集「冬の旅」を挙げたように、シューベルトが大好きです。
たまたま、最後の交響曲(大ハ長調。今は第8番と呼ばれますが、少し前までは第9番でした)の、ジョージ・セル指揮のSACDリマスター版が発売されたので聴いていたこともあり、この秋は「いいなあ、シューベルトは、いいなあ※」という感じに染まっているのです。

そう、シューベルトのメロディーは「秋の虫」にふさわしい。

もし、興味を持ってもらえたなら、「冬の旅」の第5曲に当たる「菩提樹」や、映画「バリー・リンドン」(スタンリー・キューブリック監督1975年)で使われたピアノ三重奏曲第2番などを、ネットで探して聞いてみてはいかがでしょう。

あなたの耳に新しい虫が、それも愛おしい虫が棲みつくかもしれません。

※池辺晋一郎著「シューベルトの音符たち」(音楽之友社)にでてくる表現。なお、この本で池辺氏は大ハ長調交響曲について、偉大な先輩のベートーヴェンを強く意識したために歌謡調の旋律が乏しい、という趣旨のことを書いていました。確かにそれまでの交響曲と比べると肩ひじ張ったところは感じられますが、やはり独特の旋律美にあふれているとわたしは思います。


内田光子



(写真)わたしの愛聴盤のひとつ、内田光子さんのシューベルト・ピアノソナタ集(CD8枚組)。もちろん第20番も入っています

ギャラリー
  • 続続・寂しい知らせ
  • ヘンなCD
  • 寂しい知らせ
  • 彩りの祭典
  • 買い負け・のようなもの
  • 買い負け
  • 襲名
  • 原作…追加(渋々)
  • 原作は?