平成最後?

日常生活で元号を使うことはまずありません。


ですから、「平成最後」などと浮かれる気持ちにはなれませんし、新しい元号をめぐってフィーバーのような状況になっていることには、違和感を覚えます。なにしろ、あまのじゃくですから。

 

わたしも一定の年齢になるまでは、基本的に元号を使っていました。日本中がそうでしたから。

しかし、新聞記者になって、初めて海外出張を経験し、取材相手に元号で年を伝えようとした自分に愕然としたことを鮮明に覚えています。いまにして思えば、実に愚かでした。

 

以来、西暦を基本にしています。

 

平成時代になり、元号の相対化は相当進んだ(存在感が薄れた)と思います。その平成もまもなく終わります。さらに相対化は進むでしょう。それは良いことではないか。

 

新しい元号は、おおむね歓迎されているようです。

でも、疑問はぬぐえません。

「令」の意味は本当に「よい」「めでたい」が代表なのか。漢和辞典を調べても、その意味が出てくるのはずっと後の方です。付け足しレベルといってもいい。

日常、良い意味で使われるのは「令息」「令嬢」「令夫人」が代表格でしょう。これは、単なる敬語であって、本当にその息子がイケメンで、そのお嬢さんや奥さんが美人で性格もいいことを知っていて使う人は少ないのでは。

 

考案したとされる万葉集研究者が、メディアに頻繁に登場して、新しい元号の「美しさ」を説明しています。その研究は尊いとわたしも思います。

でも、これは、オリンピック選手や元選手がオリンピックを礼賛するのと変わりはない。選手のみなさんの努力を讃えることは人後に落ちないつもりですが、オリンピックの負の側面を、こういう人たちが指摘することはまずありません。

 

学者の間にも異論はあるようです。

これは中国思想史の専門家ですが、東大の小島毅教授は「令」は「れい」ではなく「りょう」と読むべきではないか、と指摘したり、出典の「梅花の歌」は「咲き誇る花ではなく落ちゆく花。縁起がいいと思う人は少ないのでは」と言っているのが気になります(朝日新聞、日付は失念)。

 

元号は改元後にはその時代の天皇の「名前」になります。「明治天皇」「昭和天皇」というように。それだけに、時の政府が自分の思いを込めすぎず、中立的に選ばれてきたのですね。その点でも、今回の改元で時の首相がずいぶんはしゃいでいたように見えたのは、ちょっと恥ずかしいようでもある。間近な選挙や自分の支持率に有利に利用しようとしたと勘繰られても仕方がないでしょう。実際、勘繰りではないかもしれないし。

 

東大史料編纂所の本郷和人教授のインタビューも紹介しましょう。

<本郷さんは「令旨」という言葉を挙げて、令は皇太子につきものの漢字でもあると解説してくれた。「令旨とは、皇太子の命令を言います。学問的に見れば、令という字のついた天皇なんて、皇太子殿下に失礼ではないですか」(略)「家令という言葉がありますが、令は律令に規定のある役人であり、使用人です。それを元号に入れるとは」(略)「安倍首相に皇太子殿下を侮辱しようという意図があったとは思いませんが、周りの学者は何をしているのかと。気が付いていないなら学者として失格だし、気が付いていて言わないなら、それこそ最大のそんたくですよ」>(毎日新聞、416日付)。

 

天皇の在位と元号が結びついたのは一時の政治的判断で歴史が浅いこと、万葉集が戦争に利用された事実など、根本的な問題は言うにおよばず、これだけの疑問があるのであれば、使わなくても済む新しい元号はなるべく使わずにおこう、と思う人がいても不思議ではないように、わたしには思われます。

そんなことを思わせた今回の元号の選択、発表のあり方の是非は後世どう語られるのでしょうか。それこそ歴史が審判を下すのでしょう。

続続・寂しい知らせ

ブルーノ・ガンツさん、ドナルド・キーンさんに続いて、今回は音楽家の訃報に捧げるブログです。

アンドレ・プレヴィン(2月28日没)。(音楽家には「さん」を付けない自分がおかしい)
日本では、NHK交響楽団の首席客演指揮者(2009~12年)でおなじみかもしれません。クラシックのほかジャズの作曲・編曲、ピアノ演奏、そして映画界でも『マイ・フェア・レディ』の作曲・編曲などでアカデミー賞受賞4回と、才能を発揮し続けたマルチなミュージシャンでした。

わたしが彼の名を知ったのは高校生のころです。彼はギター協奏曲を1曲書いており、ソリストにジョン・ウィリアムス(映画音楽作曲家とは別人のクラシック・ギタリスト)を迎え、自身がロンドン交響楽団を指揮して初演・レコーディングも行われました。
わたしがクラシックギターに熱中していたころのことです。

ギター弾きにとってこれはすごい曲でした。現代音楽の中でどう位置づけられるのかは、わかりませんでしたが、ソロのクラシックギターのほかにエレキギターが重要な役割を果たします。ロックのようなジャズのようなエレキギターと、オーソドックスなクラシックギターが格闘するように交互に演奏し、最後はクラシックギターが勝利して(?)静かに曲を結ぶ、という構成です。

思い出すのが、2008年に制作されたプレヴィンのドキュメンタリー映像のシーンです。
ロック・ギタリストである息子ルーカスとの会話。ルーカスはロックバンドのザ・フーが大好きだったのに、父プレヴィンに聴くことを禁じられていた。ある晩ルーカスは、両親が寝静まってから家のクラシックギターをロックのようにかき鳴らして、父プレヴィンにこっぴどく叱られた、と思い出を語っているのです。

その後、父プレヴィンはロックへの理解を深めていき、ルーカスとはとてもいい父子関係になっていったことが、映像からよくわかるのですが、あの夜のできごとがギター協奏曲に影響しているのではないか、なんて想像するわけです。

オペラも2曲書いています。「欲望という名の電車」と「逢びき」。いずれも映画がヒットしたという共通点があります。
前者はテネシー・ウィリアムズ原作、1951年のエリア・カザン監督作品。後者はノエル・カワード原作(戯曲のタイトルは「静物画」)、1945年のデイヴィッド・リーン監督作品。
上述のドキュメンタリーは「逢びき」作曲中に制作されたため、その話が出てきます。プレヴィンの発言が面白い。

「最初にかいたもの(「欲望…」)よりは今の方(「逢びき」)の方がいい。荒々しさが増している」

年齢を重ねた方が荒々しくていいとは! 

そんな“永遠の青年“ぶりは、華やかな結婚歴からもわかります。何と5回!
ヒット映画『フォロー・ミー』(キャロル・リード監督1972年)などで有名なミア・ファローは3人目、カラヤンの秘蔵子といわれたヴァイオリニスト、アンネ-ゾフィー・ムターは5人目の伴侶でした。
しかも、この2人とは離婚後も良好な関係を保っていることが、ドキュメンタリーからよくわかるのです。

レコード会社はことし、彼の生誕90年を記念する特別盤を企画していましたが、予期せず追悼盤になってしまいました。


ブログ追悼



才人音楽家ではもう1人、ミヒャエル・ギ―レン(3月8日没)にも一言捧げたい。作曲家でもありますが、プレヴィンのように自作自演のCDをメジャーレーベルから出す機会には恵まれなかったようです。
いずれにせよ、作曲もする指揮者ということで現代音楽系が評価される傾向にあるものの、伝統的な音楽でも彫りの深い名演を残しています。何しろ、カリスマ指揮者のカルロス・クライバーととても仲が良かったのです。

ベルクらモダンな管弦楽曲とのカップリングがユニークなマーラーの交響曲シリーズ、シェーンベルクの大作「グレの歌」、それにスクリアビンの交響曲などは、注目に値する遺産だと思います。

いまごろは天国でクライバーと音楽談義に花を咲かせているかもしれません。

ヘンなCD

珍しいCD(若いころはレコード)を見つけると手に入れたくなる困った性癖があります。
古いものでは、マジャール語で歌われたワーグナーの楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」(もとはドイツ語)、ハープで弾かれた「アランフェス協奏曲」(もとはギター)など。
最近ではハーディーガーディー(ベルギーの民族楽器。手回しヴァイオリンのようなもの)で弾かれたバッハの無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第3番や、オーケストラ用に編曲されたブラームスのピアノ三重奏曲第1番など。



でも、最近オンライン中古で手に入れたこいつは、そんなレベルをはるかに超えたヘンなCDです。今回は、これを紹介しちゃいます。



前回のブログでドナルド・キーンさんの「音盤風刺花伝」を紹介しましたが、それで思い立ったことです。前回、あえて割愛した「音楽と文学」について、キーンさんはこんなことを書いているのです。



<わたしは自分が、オペラから大いなる楽しみを得るのは、その文学的連想のせいなのだろうかと思うことがときどきある。オペラのリブレット(台本=筆者注)のほとんどは、文学としては高く評価されていない。(略)音楽抜きの《トロヴァトーレ》(ヴェルディ作曲のオペラ=筆者注)の公演を聴きに行くことなど想像できるだろうか>



さあ、「おかしな」CDの登場です。



DSC_6263-2



ワーグナーの楽劇「ニーベルングの指環」(以下「指環」と略します)の朗読です。音楽は一切なし、朗読のみで収録時間は6時間30分14秒。CD8枚組。
どうです、そうとうヘンでしょ? 2007年ウィーンで収録され、ドイツの col legno 
社から出ています。

「指環」は、世界一長いオペラといわれ続けています。
4つの楽劇「ラインの黄金」「ワルキューレ」「ジークフリート」「神々の黄昏」から成ります。実際の上演には各楽劇1夜ずつ、計4日間を要します。
演奏時間は通して14時間ほど。CDだと12枚から14枚のセットとなります。台本を読むだけだと早いので、6時間半ですむのですね。

ちなみにこのCDセットで朗読しているのはスゥエン―エリック・べヒトルフというオペラ界では有名な演出家。もちろんワーグナー作品もいくつも演出しています。ワーグナーが総譜に記したト書きもほぼ全部、読んでいます。

ドイツ語に堪能なわけでもない身ゆえ、朗読についての論評は差し控えますが、ワーグナー楽劇の肉も骨もそぎ落とし、いわば神経系だけを取り出したような言葉の数々が、不思議な力をもって迫ってきます。
キーンさんがこれを聴いたらなんといわれるか。気になるところです。


ワーグナーは、台本を自分で書いたオペラ作曲家なので、台本ができた段階で仲間を集めて朗読会を開くことがよくありました。
有名なのは、歌劇「ローエングリン」の朗読会。当時、彼が拠点にしていたドレスデンで催され、その席には市内に住んでいた大作曲家のシューマンも出席していました。
出席者は一様に作品に感激したそうですが、それをオペラにすることについては、シューマンは「いったいどんな音楽になるのか想像がつかない」という趣旨の感想を述べたといいますし、他の有力な出席者は「オペラ化など考えない方がいい」といさめたとか。


ただ、ワーグナーが書いた音楽はすばらしく、今日も人気の演目となっているのです。


「ローエングリン」は上演時間3時間半ほど。全編朗読したとして、所用1時間強というところでしょうか。それでもなかなかすごい。
ましてや「指環」(!)。

キーンさんが知らないはずはないのですが、ワーグナーのオペラ台本は、ドイツ文学者の間で長らく研究の対象となっています。とりわけ最後の作品「パルジファル」に登場する女性クンドリーは謎の存在とされ、研究論文は数えきれないほどある、といっても過言ではないでしょう。
ワーグナーの作品に関しては「文学としては高く評価されていない」とは言えない、数少ない例外だと言えると思います。

それにしてもこのヘンな「指環」のCD、全部を通して聴くことは死ぬまでないだろうなあ。

ギャラリー
  • 武者震いの喜び
  • パーシャルビュー
  • 窓口で
  • いいスポーツ?
  • 終了御礼
  • 終了御礼
  • 続続・寂しい知らせ
  • ヘンなCD
  • 寂しい知らせ