自由と独立の象徴だったから

前回のタイトルと本文の最後で「なぜこの小さなまちゲルニカが攻撃対象になったのか」と疑問形で終えました。


冒頭からその問いに答えましょう。



それは、



ゲルニカが自由と独立を象徴するまちだったから。




 

ゲルニカは人口1万5000人の小さなまちです。確かにピカソの絵によって、その名は世界に知れ渡りましたが、実はスペイン国内、いや欧州では、歴史を学ぶ人ならだれでも、その存在を知っています。

18世紀のフランスの啓蒙思想家ジャン=ジャック・ルソーはこんな言葉を残しました。

「ゲルニカには地上で一番幸せな人々が住んでいる。聖なる樫の樹の下に集う農夫たちが自らを治め、その行動はつねに賢明なものであった」


ゲルニカの木
写真1(バスク地方の自治を象徴する「ゲルニカの木」)



ゲルニカはバスク地方最古の都市です。中世から自治と民主主義の中心であり続け、まちの小高い丘にはバスク議事堂とゲルニカの木がそびえています。この木こそ、ルソーが記した「樫の樹の下に集う」の言葉にある樫(オーク)です。この地方を統治する各地の領主は必ず、この樫の木の前でフエロ(地方自治)の順守を誓ってきたのです。


バスク地方の経済と商業の中心地はビルバオですが、自治・政治の中心はいまなおここゲルニカにあります。バスクの自由と独立を象徴するまち。人々がこう誇らしく胸を張るのは、長い歴史と伝統に基づくものです。


バスク議事堂
写真2(議事堂の天井を彩るゲルニカの木を模したステンドグラス)



空爆のあった1937年当時、ゲルニカには人民戦線の部隊が配置され、軍需工場も存在していました。ピレネーの山岳地帯に近く、内戦に対して中立を宣言していたフランスに近接するという地理的な条件もあり、フランコ将軍の反乱軍を支援するドイツ(ヒトラー)は、このゲルニカに狙いを定めて、無差別の集中攻撃を仕掛けたのです。いわば民主主義と自由への挑戦だったといってよいでしょう。


ドイツ軍によるゲルニカへの無差別攻撃のニュースは、まずロイター通信がマドリッド駐在記者の至急電として配信しました。短い一報でしたが、ニュースは世界を駆け巡ります。一報に続いて、ビルバオから現地に向かった英紙タイムズをはじめとする4人のジャーナリストによる現地ルポも次々と配信され、フランコ将軍を支持するドイツによる暴挙は国際的に波紋を広げていきました。


中立姿勢を保っていた隣国フランスでも当然、ゲルニカのニュースは大きく報道されました。


フランスはなぜ、スペインと一線を保っていたのでしょうか。

1937年。この年は、パリで万国博覧会が開催される年で、その開幕はゲルニカ空爆の4月26日からわずか1か月後、5月25日に迫っていたのです。

フランス政府は国家の威信をかけて、万博成功に心血を注いでいました。スペイン内戦に関与する余裕がなかった、というのもひとつの真実かもしれません。


万博には米国やソ連、ドイツ、イタリア、スペイン、日本など44か国が参加しましたが、覇権を競う共産主義国・ソ連とナチス率いるドイツのパビリオンが向かい合って設営され、格好の話題を提供したことでも知られます。


ゲルニカの複製画
写真3(ゲルニカの住宅街に描かれたピカソの複製画)



しかし、それ以上に話題を集めたのが、内戦さなかにあったスペインのパビリオンでした。



スペイン政府はパビリオン(スペイン館)の正面玄関に飾る作品を、パリ在住のパブロ・ピカソに依頼し、承諾を得ていました。しかし、どんな作品を出品するのか。ピカソは公表しませんでした。開幕が迫る中、祖国から伝わってきたのがゲルニカ爆撃のニュース。ピカソは急きょ、「スペイン軍部への嫌悪の意味を込め『ゲルニカ』を製作、出品する」との声明を発表。ほぼ完成していたとされる出品作を投げ捨てて、ゲルニカの製作に取り掛かります。


“世紀の名作”はわずか1か月で誕生したのです!




写真1:バスク地方の自治を象徴する「樫の木」

写真2:バスク議事堂の天井にも「樫の木」のステンドグラスが飾られています

写真3:ゲルニカの住宅街に描かれたピカソの複製画。記憶を今に伝えます

なぜゲルニカだったのか?

スペインとフランスを隔てるピレネー山脈の山裾に、ひっそりと息づいています。スペイン・バスク地方の辺境にある人口1万5000人の小さなまちです。

その名はなぜか戦争を想起させます。

「戦争」はスペイン語で「ゲーラ」、フランス語で「ゲール」。その音の響きからでしょう。「戦争を背負ったまち」と言われることもあります。




ゲルニカ。



ゲルニカ市役所
写真1(ゲルニカ市庁舎。フエロス広場は市民の憩いの場です)



まちの名は、ピカソの作品によって、世界中の人に知れ渡ることになった。前回、こう書きました。おそらく、これほど有名な“小さなまち”は、世界に例がないかもしれません。でも、ゲルニカがスペイン北部、フランス国境に近いバスク地方にあることをご存知でしたか?

ピカソがなぜこのまちをモチーフに、“世紀の作品”を描いたのか。そのことをお話しするには、まず、この作品が誕生した1937年、スペインの国がどんな状況だったのかを知る必要があります。

みなさんは、1930年代の世界が、大きな戦争のうねりの中にあったことを十分想像できますね。29年に米国で勃発した経済恐慌は国際社会を一気に不安と恐怖へと陥れていきます。日本では36年に2.26事件が起き、軍部の台頭とともに戦争へと突き進みます。

欧州に関心のある方は、スペインの内情について知識があるでしょう。ですから、ここでは、簡単に当時を振り返っておきます。プチ世界史の授業。


スペインは
1936年から39年まで、激しい内戦状態にありました。

31年に王制から共和制へ移行した後、36年には左派(社会党、共産党などの反右翼勢力からなる人民戦線)が総選挙で政権を握ります。これに対し、フランコ将軍率いる軍部がスペイン領だったモロッコ北部から本土に向けて蜂起、侵攻して、内戦状態に陥ったのです。


戦闘は日ごと、激しさを増します。人民戦線政府にはソ連(スターリン)が援軍し、反乱軍のフランコ将軍にはドイツ(ヒトラー)・イタリア(ムッソリーニ)が支援に回りました。次第にソ連対ドイツの代理戦争の様相を深めていくのです。


スペイン国内の分裂も深刻でした。反乱軍のフランコ将軍には、王党派や保守派、カトリック教会や地主層など富裕層が支持を表明、一方の人民戦線には、共和制支持者や左翼政党、労働者、バスクやカタルーニャなどスペインからの独立を唱える地方グループが付きます。

国家を引き裂く内戦は、同じ民族同士、血で血を洗う、おそらく過去に例のない戦闘に発展していったのです。


人民戦線を構成する社会党と共産党の間にも激しい内部抗争が生じたことで、内戦の中の内戦を引き起こし、対立構図は一段と複雑になります。

 

さらに、スペイン救済を目的に結成された国際義勇軍も人民戦線に加担し、米国作家ヘミングウェイなどの知識人が参戦しました。彼の「誰がために鐘は鳴る」はこの経験をもとに執筆された小説です。


義勇軍の中には、ニューヨークでコックをしていた函館出身のジャック白井という男性も米国の義勇団(リンカン旅団)に身を投じ、37年に首都マドリッド郊外の戦闘で戦死しています。謎の多いジャック白井については、中公文庫「ジャック白井と国際旅団~スペイン内戦を戦った日本人」(川成洋著)をぜひ一読ください(819円+税)。北海道関係者もスペイン内戦にかかわっていたのです!



ジャック白井
写真2(函館出身のジャック白井を追った名著です)



いまでこそスペインは民主国家として欧州を代表する国となりましたが、当時は政治体制が極めて不安定で経済力も弱く、内戦終結後は70年代まで軍事独裁政権が続くのです。


こうした政治状況の中で起きたのがゲルニカの空爆です。1937年4月26日午後4時35分。この日は月曜日で、中心部には市場が立ち並び、多くの市民で賑わっていました。


ゲルニカ 爆撃

写真3(ドイツ軍によって空爆・破壊されたゲルニカのまち)


空爆したのはフランコ将軍を支援するドイツ軍です。ではなぜ、こんな小さなゲルニカのまちが攻撃対象となったのでしょう。


ピカソはどこにいて、何をしていたのでしょうか。



写真1:ゲルニカの市庁舎。フエロス広場は市民の憩いの場です

写真2:スペイン内戦を知る一冊。「ジャック白井と国際旅団」

写真3:ドイツ軍の空爆で破壊されたゲルニカ中心部

戦争の記憶 伝えるまちへ

バルセロナ・ゴチック地区にあるピカソ美術館で、巨匠が青年期に描いた数々の作品を見て歩きました。絵画の基礎を徹底的に身に付けたピカソはどんな世界へと旅立っていくのか。こんな期待を抱かせる美術館を巡っていると、いつしか立ち去りがたい気分になります。


しかし、わたしたちはバルセロナを離れ、次に行くところがあります。急がなければ。でも、その前に美術館から徒歩10分のある場所に立ち寄ってからにしましょう。


パリといえばシャンゼリゼ通り、バルセロナといえば…? ランブラス通りです。歩行者天国の街路には大道芸人が繰り出し、若き芸術家がキャンバスを広げ、多くの露店が並んでいます。365日、祝祭の賑いです。


ピカソ美術館は、港を背にしてランブラス通りの右手に広がる旧市街ゴチック地区にあります。いま向かっている「ある場所」とは、このゴチック地区にあるカフェ・レストラン「クアトロ・ガッツ」。スペイン語で「4匹の猫」の意味です。


ギャッツ
写真1(4匹の猫を意味するカフェ4
Gats


この店は、パリにあったキャバレー「黒猫(シャ・ノワール)」を模して1897年にオープンしました。カタルーニャ地方の芸術家たちのたまり場で、夜ごと、談論風発の芸術論が戦わされました。当時、18歳だった無名のピカソも仲間とともに出入りし、芸術への思いを朝まで語り明かした場所です。のちにここで個展も開いています。


4匹の猫」はその後、寂れて閉店しますが、ピカソ生誕100周年の1981年、当時の雰囲気を再現する形で再開し、現在は多くの観光客やピカソファンが訪れています。


「4GATS」の店名ロゴの入ったカップでエスプレッソを一杯。ピカソの青春時代に思いを馳せ、時を過ごすと、なんと幸せな気分になることか。ガウディのサグラダ・ファミリア教会(聖家族教会)に行かなくとも、バルセロナを満喫した価値があります!




さて、バルセロナ空港を離陸した小型機は、地中海を右手に旋回し、フランスと国境を隔てるピレネー山脈に沿って北西へ向かいます。大西洋に面したビスケー湾が見えると、まもなく着陸。飛行時間は1時間弱。降り立った先はスペイン北部の都市ビルバオです。




スペインというと皆さん、どんな都市の名前を思い浮かべますか。



首都マドリッド、第2の都市バルセロナ。アルハンブラ宮殿で知られるグラナダやカルメンの舞台として有名なセビリヤ、オレンジの産地バレンシアもご存知でしょうか。こうした都市はどちらかというと南に偏っていますが、いまわたしたちが到着したビルバオは、マドリード以北最大の都市です。周辺地域を合わせた人口は約110万人。まちには地下鉄が2系統走り、地下街も発達するなど一大都市圏を形成しています。



地図を見てみましょう。ビルバオのあるこの北部は、バスク地方と呼ばれます。フランスと国境を接するピレネー山脈の西端に広がっていますが、フランス側にも同様のバスク地方があり、かつては両国にまたがるこの地に、独自の言語を有する国が存在していました。

ビルバオ
写真2(スペイン北部の中心都市ビルバオ)


しかも、バスク人は血液型がほぼRhマイナスで、バスク語の言語体系は欧州言語とは全く異なるなど、世界7不思議のひとつに数えられている地方です。




寄り道ついでに、1549年に日本にキリスト教を伝えたフランシスコ・ザビエルはこの地方の出身で、バスクには親日家が多いことでも知られます。ザビエルの生誕地はビルバオからも近く、「ザビエル城」として公開されています。ザビエルもきっと、Rhマイナスだったのでしょう。




わたしたちの目的地は実はここビルバオではありません。さらに北西30キロ。ピレネー山脈の山裾に息づく小さなまちを目指します。


まちの名は……「ゲルニカ」。パブロ・ピカソが描いた「1枚の絵」によって、世界中の人々に戦争の記憶をとどめることになったまちです。


ゲルニカ画像
写真3(ピカソ作「ゲルニカ」)




写真1:ピカソが通い芸術論を熱く語ったカフェ「クアトロ・ギャッツ」

写真2:スペイン北部の中心都市ビルバオ

写真3:この絵がゲルニカの名を世界に知らしめました

 

ギャラリー
  • ハポンさんが映す光と影
  • ハポンさんが映す光と影
  • ハポンさんが映す光と影
  • ハポンさんが映す光と影
  • 沈黙が意味する悲運の使命
  • 沈黙が意味する悲運の使命
  • 沈黙が意味する悲運の使命
  • 沈黙が意味する悲運の使命
  • 世界は激動し殺気立っていた