画技に秀でた陸軍の士官

松前藩家老・蠣崎波響が描いたアイヌ長老の肖像画「夷酋列像」は、なぜフランスの地方都市ブザンソンに存在するのか。前回、わたしは徳川幕府が救援を依頼したフランスの軍事顧問団の副団長として来日し、旧幕府軍に合流して箱館戦争を戦ったジュール・ブリュネ(1838~1911年)が略奪を主導した。唐突にもこんな説を披露しました。なぜブリュネなのか。推理の理由を述べる必要がありますね。


ラ・ミッション
写真1(ジュール・ブリュネに光を当てた佐藤賢一作「ラ・ミッション」。必読の一冊です)

ブリュネとはどんな人物だったのか。格好の入門書があります。5年前、直木賞作家の佐藤賢一さんが「ラ・ミッション 軍事顧問ブリュネ」(文芸春秋)を書き下ろしました(今年文庫本になりました)。戊辰戦争の最後の戦いである箱館戦争にフランス人のブリュネがなぜ参戦したのか。幕末から維新の歴史に興味のある方は必読の一冊です。

ただ、残念なのは、ストーリーはブリュネの軍人としての系譜や来日後、旧幕府軍に参加した経緯、箱館戦争の攻防に焦点が当てられ、彼が箱館を後にし、フランスに戻った「その後」は描かれていません。ブリュネが夷酋列像の略奪に関与したのでは? こんなわたしの疑惑を解くヒントもありません(笑)。佐藤氏は引き続き、帰国後に焦点を当てた続編の構想を温めているといいますので、何か手掛かりが出てくることを期待しています。



みなさん想像してみてください。



幕末から明治維新の世の中を。長く続いた江戸時代に1853年、激震が走ります。そう、ペリーの黒船来航です。これぞ、徳川幕府の鎖国体制を崩壊へと導く「終わりの一歩」。翌年には日米和親条約が締結され、240年もの長きにわたった鎖国は終焉します。米国に続き、イギリス、フランス、ロシア、オランダとも同様の条約を締結します。いや、締結させられます。日本は欧米列強の「草刈り場」と化し、屈辱的な不平等関係を甘受せざるを得ない窮地に追い込まれるのです。

日米和親条約によって、幕府は下田と箱館の2つの港を開港し、欧米列強は日本での利権拡大を進めます。これを機に幕府の弱体化、求心力低下が加速し、時代は一気にポスト徳川へ。混沌とした日本に派遣されたブリュネは、幕府崩壊後も旧体制派の榎本武揚、土方歳三らに加担、帰還命令に背いて箱館戦争に身を投じるのです。ここまでは前回お話ししました。



榎本武揚
写真2(ブリュネが行動をともにした榎本武揚。ブリュネ同様、変わり身の早い男でした)

箱館戦争は道南全域に舞台が及び、箱館とともに松前、江差が激戦地となりました。とりわけ旧幕府軍、新政府軍入り乱れた戦場と化した松前では、城が落ち、藩主松前徳広は君臣ら60人を引き連れて船で弘前藩へ逃亡します。混乱の極みの中で、蠣崎波響の夷酋列像は略奪された! これがわたしのひとつの推理です。(違う推理はまた後ほど紹介します)


蠣崎波響は1826年に死没しました。まさか自分の作品が死後、フランスへ渡るなどとは! おちおち墓場で眠っていられません。では、当時、「夷酋列像」はどこに保存されていたのでしょう。それが判然としません。なにしろ、松前藩の秘宝中の秘宝。松前城のどこかに厳重に保管されていた…とみるのが妥当です。


松前城
写真3(松前藩の居城です。道内で城郭が残るのはここだけ。咲き誇るサクラは見事です)

ただ、波響は松前藩12代藩主松前資広の5男として生まれ、蠣崎家の養子に入りました。蠣崎家は松前城の近接地(現在の道立松前高校の校長住宅)に屋敷を構えており、この屋敷こそが、道東のアイヌ指導者12人を呼び寄せて、夷酋列像が描かれた場所なのです。蠣崎家と城は表裏一体の関係にあり、夷酋列像が自宅に保管されていた説も捨てきれません。


松前城内、あるいは蠣崎家のどちらにあったにせよ、戦争の混乱期、賊が押し入って作品を盗んでいったとしても、盗難に気付く余裕などなかったはず。なにしろ藩主が命からがら、弘前に逃げ出したわけですから。その盗難が白日に晒されたのが…120年の月日を経てブザンソンに出現した1986年だったのです!

わたしがブリュネ犯行説を唱える有力な理由として、ブリュネが若い頃から絵に親しみ、画才に優れていたことを挙げます。陸軍士官・ブリュネの砲兵学校時代の成績表には「頭脳明晰にして才気煥発、品行方正にして画技に秀でる」と記され、日本滞在中は常にクロッキー用鉛筆とパレットを持ち歩いていました。パリの自宅(遺族が居住)には日本で描いたスケッチが大切に保存されているのです。


ブリュネの絵
写真4(ブリュネは卓越した絵の才能がありました。これは有名な幕府軍のスケッチです)


箱館戦争を指揮した絵画好きのブリュネが、蠣崎波響の夷酋列像を知らないはずはありません。松前の戦闘にブリュネが関わったことも知られています。しかも、夷酋列像は実に小さな作品です。12枚セットにしても風呂敷に包んで簡単に運べます。大人2人で十分! 箱館戦争に加わったブリュネと仲間のフランス人が松前城下で秘宝を見つけ、これ幸いとばかり、ひょいと背負って持ち去る光景が、わたしの脳裏を刺激してやまないのです。

略奪を主導したのはブリュネ

松前藩家老・蠣崎波響が描いたアイヌ長老の肖像画「夷酋列像」は、なぜフランスの地方都市ブザンソンに存在するのか。1986年の発見から34年が経過してなお、その謎は解明されていません。そこで、あくまで私見に基づき、その謎に挑んでみよう。ただし、学術的な根拠は全くない…。こんな「決意」をみなさんに示して前回の話を終えました。

わたしは北海道新聞のパリ特派員を経験した者として、「夷酋列像」が海を越えた経緯を解明できなかったことに対し、いまなお悔しい思いを抱いております。「発見」を報じた時と同様、「夷酋列像 渡仏の謎を解明」の記事が、大見出しとともに、北海道新聞の1面トップを飾る。こんなスクープが実現できなかったのは、(自らの努力は棚に上げて)ひとえに研究に大きな進展がなく、研究者の熱意も失せ、謎が「凍結」されたからです。

では、お約束した謎解きを始めましょう。まずは、わたしの問題意識から。「夷酋列像がフランスへ渡ったのは、戦争に乗じたフランス人の略奪行為であり、当事者は平然と持ち去って行った」。わたしはこうみています。



ルーブル美術館
写真1(世界を代表する美の宝庫・ルーブル美術館。展示物は略奪品のオンパレードです)

たとえば、みなさんがヨーロッパを旅行して、世界の芸術の殿堂と称されるパリのルーブル美術館、あるいはロンドンの大英博物館を訪れたとしましょう。世界を代表するその展示作品や収蔵物に圧倒される一方、その大多数が、実は過去の戦争と切り離せない関係にあると知って驚くはずです。それらは、戦利品や略奪品としてフランスやイギリスが戦地などから勝手に持ち帰ってきたものだからです。



ロゼッタストーン
写真2(大英博物館の象徴ロゼッタストーン。エジプト政府から返還を要求されています)

「ミロのビーナス」や「サモトラケのニケ」(いずれもルーブル美術館)、「ロゼッタストーン」「エルギンマーブル」(同・大英博物館)…。枚挙に暇がありません。彼ら(欧米人)は文化財の略奪や盗掘に対し、何ら罪の意識を持ち合わせていないから困ったものです!

日本からも国宝級の浮世絵や仏像が第2次世界大戦の混乱期、米国などに大量に流出したことをご存知ですね。ナチスドイツが大戦中、欧州各国から美術品を略奪してドイツ国内に隠匿していたこともよく知られた話です。文化遺産は戦争や社会的な混乱の歴史と表裏一体をなし、翻弄され続けてきたのです。

とするなら、蠣崎波響の「夷酋列像」がフランスに流出したのは、戦争が背景にあるはずです。道南の函館や松前が戦乱の舞台となった…と聞けば、みなさんは思い当たりますね。江戸時代から明治維新への移行期。旧幕府軍と新政府軍の激戦の舞台となった箱館戦争です。この戦争にフランスが深く関与したのは、歴史を学んだわたしたちは知っています。



五稜郭
写真3(函館の観光名所五稜郭。榎本武揚が立てこもり最後の激戦を繰り広げました)

戊辰戦争(1868年~69年)として括られる一連の戦いは、いわば体制転換のクーデターでした。その最終局面が箱館戦争だったのです。主舞台は五稜郭。榎本武揚ら旧幕臣がここに立て籠り、臨時政府を樹立しますが、戦力に劣る榎本軍はあっけなく降伏、戦闘は終結します。鳥羽伏見の戦いから続いた旧幕府側の抵抗はジ・エンド。新政府による国内統一が完結したのです。

この機に乗じて登場したフランス人とは? 名をジュール・ブリュネ(1838~99年)といいます。フランス軍の士官で、江戸幕府が推進するが陸軍の近代化を支援するため、軍事顧問団の副団長としてフランスが派遣した人物。当時、フランスの為政者はナポレオン3世、日本は第15代将軍・徳川慶喜でした。徳川の治世はもはや末期的、危機的状況に陥っており、最後のあがきとして、親交の厚かったフランスにSOSを出したのです。



ブリュネ
写真4(ジュール・ブリュネの肖像写真。夷酋列像の略奪に深く関与したはずです)

来日したのはブリュネをはじめとする総勢19人。しかし、これといった見せ場もないまま幕府軍は明治維新軍に敗北します。フランス軍は当然、お役御免とばかり、国外退去を迫られますが、ブリュネの取った行動とは……フランス軍籍を捨て、榎本武揚率いる旧幕府軍に合流して箱館戦争に従軍したのです。常軌を逸した奇策に出た訳は? 正直分かりません。しかし、万一、榎本が勝利すれば、自ら政権中枢に抜擢され新政権に加わったはずです。一か八かの懸けに。フランス人特有の衝動的で直感的、客観的にみれば無為な行動に走ったわけです。

現実はそう生易しくありません。結局、榎本は投降して敗北。漂う敗色を察知したブリュネは、五稜郭陥落の寸前、偵察のため箱館湾に停泊していたフランス軍艦(コエトロゴン号)に飛び乗り、9人のフランス人とともに横浜経由でさっさと本国へ帰還したのです! 機を見て敏。何というタマでしょう。
わたしはブリュネこそが「夷酋列像」の「略奪」に深く関わった人物だと信じて疑いません!

錦はアムールを渡ってきた

北海道はよく「北の大地」と呼ばれます。その言葉に、わたしは気恥ずかしさを覚えます。「北の大地」とは、国土が狭い、小さな島国・日本だからこそ通用する言葉。それは世界地図を広げて俯瞰してみれば一目瞭然です。北海道は極東の最果てに位置する豆粒のような島…にすぎないのですから。


アムール川
写真1(はるか大陸のかなたからアムール川を渡り蝦夷錦がもたらされました)

冒頭、こんなお話をしたのは、北海道の対岸に迫りくる雄大なユーラシアに目を向けるためです。この大地こそが正真正銘の「北の大地」!かつて日本領だったサハリン(樺太)が寄り添っているのがシベリアを擁する母国ロシア。そのロシアと国境を接してせめぎ合う中国。両国の国境線は4209㌔にも及びます。これこそが、わたしがこれまで書き綴ってきた蠣崎波響の「夷酋列像」を産み出した揺籃の地、北の大地なのです。

みなさん、アムール川という河川の名前を耳にしたことがありますか? はるかモンゴルに源を発し、ロシアや中国の大地を縦横に流れ、オホーツク海へと注ぐ大河です。中国名・黒竜江。全長4450㌔と聞くと、その長大さに驚かされます。(ちなみに石狩川は全長268㌔)。わたしは、かつてロシア極東のハバロフスクを訪れた際、この大都市を流れるアムール川の河畔に立ち、茫漠たる光景に息を飲みました。対岸の中国は目視できません。

川とは不思議です。どの国、どの地域を流れていようとも、必ずや人と物が行き交い、異なる文化が交錯し、融合します。アムール川ももちろんです。北東アジアの大動脈として、太古の時代から「文化の十字路」の役割を果たしてきたのです。


ニコライスク
写真2(アムール河口のニコライスクは人口3万人。蝦夷錦はここから蝦夷地へ渡りました)

アムール川がオホーツク海に注ぎ込む河口のまち。ニコライスク・ナ・アムーレといいます。ここはかつて、日本が支配した時代がありました。ロシア革命(1917年)に干渉した日本は1920年、漁業・造船基地として繁栄していたこのまち占領し、日本名「尼港(にこう)」と称します。このまちで在留邦人が大量に虐殺される悲惨な事件が起き、「尼港事件」として歴史に名を刻みます。この経緯は省きますが、日本がその後、軍国主義へと突き進む近現代史の原点ともいえる、大事な出来事だったことを記しておきます。

ニコライスクの対岸に、間宮海峡(タタール海峡)を隔ててサハリン島が南北に横たわります。海峡の幅はわずか7㌔。冬場は凍結して陸地化するため、ロシアや中国の物資は、いとも簡単に海峡を越えて日本にもたらされました。


間宮海峡
写真3(間宮海峡は幅7㌔。好天の時は大陸とサハリンは双方から肉眼で確認できます)

江戸時代、鎖国政策を取っていた日本は長崎を唯一の窓口として、中国やオランダとの貿易を行ってきましたが、実は、最北端の蝦夷地ではアムール川を通じた経済活動(交易)が密かに、アイヌの人たちによって行われていたのです。それは幕府も黙認していたとされます。これこそが「北のシルクロード」です。


蝦夷錦の道
写真4(「北のシルクロード」の予想ルートです。蝦夷地を支配した松前が終着点でした)

黙認の理由は…このルートを通じて貴重な絹織物がロシア・中国からもたらされたから。まさに絹の道にほかなりません。豪華絢爛な織物は日本に渡り「蝦夷錦(えぞにしき)」と呼ばれました。仲介者のアイヌの人々によって、やがて松前藩に伝わり、それが幕府への献上品として江戸へ。将軍や有力な武士たちの垂涎の的になったのです。

フランス東部の地方都市ブザンソンで見つかった夷酋列像(11点)の中から、前回まで
アッケシ(厚岸)のイコトイとクナシリ(国後)のツキノエ、ノッカマップ(根室)のションコの3人を紹介しました。3人とも見事な蝦夷錦を羽織っていたのをみなさん、覚えていますね。この衣装はすべて、大陸のはるかかなたから、アムール川(黒竜江)を通じて松前にもたらされた衣装だったのです



蝦夷錦の来た道
写真5(1990~91年、北海道新聞日曜版で「蝦夷錦の来た道」が38回連載されました)

サハリンからアムール河口、旧満州(中国東北地方)へ。蝦夷錦はその先々で大切に保存されていますが、絵画という世界に「錦の美」を見事に表現し、保存したのが、蠣崎波響作「夷酋列像」だったのです! 貴重な肖像画の連作はいま、アムール川を遡るどころか、日本からはるか1万㌔も離れたフランスにあるという、あらたな「秘話」を生み出しました。何と壮大な物語でしょう。


ここまで辿ってきたからには、夷酋列像がなぜブザンソンへ渡ったのか。知りたくなりますね。実は過去の研究で、その理由はなお明らかにされていません。そこで、次回から、あくまでわたしの「独断」によって、謎に挑んでみようと思います。ただし、何ら学術的な根拠はありませんので、ご承知置きのうえお読み下さい。

ギャラリー
  • 男女ではない。人間として
  • 男女ではない。人間として
  • 男女ではない。人間として
  • 男女ではない。人間として
  • ガラスの天井を突き破る
  • ガラスの天井を突き破る
  • ガラスの天井を突き破る
  • ガラスの天井を突き破る
  • 排除ではなく尊重してこそ