ラガッツィからシニョーリへ

日本にヨーロッパとの出会いを初めてもたらした国。それは紛れもなくポルトガルです。



1543年に3人のポルトガル人が種子島に漂着して鉄砲を、6年後の1549年にはポルトガル王が派遣したフランシスコ・ザビエルが鹿児島に上陸してキリスト教を。日本の歴史を変えた国…それがポルトガルなのです!

タバコ、カステラ、カルタ…。多くのポルトガル語がいまなお日本人の生活に溶け込んでいるのがその証拠でしょう。現在は欧州西端の小国に甘んじていますが、16世紀、世界に先駆けて大航海時代を迎え、世界制覇に乗り出しました。現在、南米ブラジルで使われる公用語がポルトガル語なのは、500年前のこの時代に遡ることは皆さん、お分かりですね。

前回、九州のキリシタン大名がローマ教皇に派遣した4人の少年使節が喜望峰を経て、ポルトガルの首都リスボンに一歩を標したと書きました。世界中の金銀が集積する「黄金色の街」。テージョ川の大河口に開けた商都リスボンは少年たちの眼にどう映ったでしょうか。


リスボン
写真1(リスボンは衰退したとはいえ、いまなお魅力が尽きません。哀愁のまち…)


リスボンから東へ200㌔。少年たちがローマへの行き帰りにそれぞれ3日間、滞在した古都エヴォラを訪れたことがあります。スペイン国境に近接し、迷路のように入り組んだまち並みは、まさに中世の城塞都市です。


ポルトガル エヴォラ
写真2(エヴォラの象徴といわれる大聖堂。少年たちはこの聖堂に宿泊、滞在しました)


少年ルート
写真3(少年たちのローマ往復の旅程です。リスボンが旅の拠点だったことが分ります)


まちの中心部にはカトリック大聖堂が鎮座しています。伊東マンショと千々石(ちぢわ)ミゲルがパイプオルガンの見事な演奏を披露し、喝采を浴びた場所として記録に残ります。


いまも忘れられない言葉があります。エヴォラの市立図書館で取材した女性館長の話です。
「エヴォラの小学生は歴史の授業で、400年以上も昔、遠いニッポンからこの地にやって来た少年たちのことを必ず学びます。もちろん、帰国後、彼らが辿った悲しい運命についても。少年たちへの尊敬の念はいまも息づいているのです」

日本人が忘れかけている少年たちの記憶と運命が、たった6日間滞在しただけのポルトガルの古都で、いまなお語り継がれている。胸が熱くなりました。

少年たちの8年に及ぶ壮大な旅をどう表現したらいいのでしょう。前回、少年使節の足跡をすべて書き尽くした、若桑みどりさんの著書「クアトロ・ラガッツィ」に触れました。そのプロローグに耳を傾けることがひとつの答えになる。こう確信して、その一部を引用します。



少年たちが派遣された1582年~90年とはどんな時代だったのでしょう。



「日本では信長がその権力の絶頂で明智光秀に討たれ、秀吉が天下をとって全国統治をなしとげようとしていたころに、九州のキリシタン大名3名がヨーロッパに派遣した4人の少年は正式使節として遠く海をわたっていた」(*NHKの大河「麒麟がくる」の時代です)


4人はだれに会ったのでしょう。


「彼らはポルトガルを経てスペインにわたり、その領土に『太陽は沈まない』と言われた国王フェリペに親しく謁見した。かれらはそこからイタリアにわたり、ルネサンスの最後の栄光をまだ輝かせていたフィレンツェの大公フランチェスコ・デ・メディチの熱烈な接待を受け、芸術史上の大パトロン、ファルネーゼ枢機卿に迎えられて永遠の都ローマに入り、カトリック世界の帝王であるグレゴリウス13世と全枢機卿によって公式に応接され、つぎの教皇であり大都市建設者であったシクストゥス5世の即位式で先導を務めたのである」


グレゴリウス13世
写真4(少年たちが謁見したグレゴリウス13世。彼らがローマ滞在中に教皇は死去、新教皇シクストゥス5世が即位し、4人が即位の先導役を務めたのです!)

少年たちは何を見たのでしょう。
「彼らは、16世紀の世界地図を跨ぎ、東西の歴史をゆり動かしたすべての土地をその足で踏み、すべての人間をその目で見、その声を聞いたのである! そのとき日本人がどれほど世界の人びととともにあったかということを彼らの物語は私たちに教えてくれる。そして、その後、日本が世界からどれほど隔てられてしまったかも」

九州の戦国大名が派遣した4人の少年たちは、帰国時には21歳から22歳になっていました。「ラガツィ(少年)」は、高い教養と文化を身に付け、多言語を操る「シニョーリ(紳士)」になったと語り継がれています。

しかし、日本は戦国時代から、統一的な国家権力のもとに集約され、他の文明や宗教を排除する鎖国へと突入します。個人の尊厳と思想の自由、信条の自由を確立していく西欧社会からは決定的な遅れを取っていくのです。「ノー天気な引き籠りの時代」―。265年に及ぶ徳川独裁の江戸時代を、こう定義する視点を忘れてはならない。私は強く思うのです。

栄光は落日の序章だった

唐突ですが、みなさん長崎には行ったことがありますか?



空路で入ると、長崎県の空の玄関である「長崎空港」に到着します。

長崎空港は1975年、世界初の海上空港として開業しました。海岸から約2㌔沖に浮かぶ大村市の箕島(みしま)を開発して誕生し、3000㍍の滑走路を備えています。観光、ビジネスともに需要が高く、年間利用客は国内線で約300万人。国内路線としては上位10指に入ります。


空港(島)と陸地は箕島大橋で繋がり、橋を渡ってすぐの国道34号を南に向かうと長崎市、北に行くとハウステンボスがある佐世保市です。今回のストーリーをなぜ、長崎空港で始めたのでしょうか。実は、簑島大橋を渡ってすぐ右手にある公園に置かれた少年像のお話をしたかったからです。「南蛮」(ポルトガル・スペイン仕様)の衣装に身を包んだ4人の少年が凛々しく立っています。注意していれば、車窓からでも必ず確認できるはず!



大村・少年像
写真1(長崎空港近くの公園に設置された天正遣欧使節の4人の少年像)



前回、支倉常長がローマ教皇に謁見した慶長遣欧使節から遡ること30年、九州のキリシタン大名が派遣した4人の少年たちが、ローマ教皇のもとを訪れていた、と書きました。この史実は「天正遣欧少年使節」として知られ、おそらく高校時代に日本史の授業で学んだはずですが…忘却の彼方でしょうか。


少年ドラマ
写真2(4人の物語はいまの時代にも生きています。2019年にはドラマ化されました)


少年たちがローマに向かったのは、戦国時代の1582年(天正10年)。派遣したのは、九州のキリシタン大名である大村藩主大村純忠と、同じく長崎の島原を統治していた有馬晴信、大分を支配していた大友宗麟(そうりん)。前例のない宗教ミッションでした。


フランシスコ・ザビエルが日本にキリスト教を伝道したのは1549年です。ザビエルが入国した九州を中心に信者は急速に広がり、伝道から30年で約30万人規模に達したとされます。ポルトガルやスペイン、イタリアから、宣教師が続々と来日して布教を強化する中、現在の長崎県で先頭に立っていたのがイエズス会所属のイタリア人宣教師ヴァリニャーノ神父でした。


このヴァリニャーノ神父のアイデアで生まれたのが、日本の若い少年を教皇のもとに派遣する「奇策」でした。世界の最果てニッポンでもカトリックの布教は順風満帆に進んでいる。ローマ教皇や欧州諸国にこうアピールし、布教実績を誇示するのが最大の狙いだったといっていいでしょう。


4人はいずれも長崎の島原にあったセミナリオで学んでいた13歳と14歳の男児。いまでいえば中学2、3年生の少年たちでした。


セミナリオとは日本語で神学校と訳されますが、イエズス会の司祭や修道士を育成するための初等教育機関です。神学から哲学、文学、天文学に至るまで、当時の欧州の先端知識が教えられていました。欧州で発明された最新の印刷機も設置されていました!



4人の名前を聞いたことがありますか? 

伊東マンショ、千々石(ちぢわ)ミゲル、原マチルノ、中浦ジュリアン。いずれも洗礼名です。マンショは宗麟の縁者、ミゲルは純忠の甥で晴信の従兄弟、マチルノとジュリアンはともに純忠の家臣の子です。セミナリオで成績トップのエリート集団! ローマ教皇に謁見しても恥ずかしくない「優秀かつ美貌の少年」として選抜されたのです。



支倉同様、少年たちのローマ往復には8年もの歳月を要しました。太平洋を横断した支倉と異なり、少年たちはインド洋から喜望峰を経てポルトガルの首都リスボンに一歩を標します。欧州は幾度もの海難を乗り越え、命懸けで到着した未知なる大地だったのです。


リスボン大航海
写真3(欧州に第1歩を標したリスボンの港。現在は「発見の広場」の石像が聳えます)



旅の詳細を知りたい人にとって必読の書があります。美術史家・若桑みどりさんが著した「クアトロ・ラガッツィ~天正少年使節と世界帝国」(集英社文庫、上下)。少年使節のすべてを書き尽くし、2004年度の大佛次郎賞を受賞した超大作で、これが若桑さんの遺作となりました。クアトロはイタリア語で「4」、ラガッツィは同じく「少年」の意味です。



クアトロ
写真4(若桑さんの遺作となった著書「クアトロ・ラガッツィ」)


支倉常長の「不運の最期」を知っているわたしたちは、想像できます。4人の少年たちが輝かしい栄光に包まれてローマ教皇に迎えられ、帰国後は想像を絶する過酷な運命に晒されたことを。常長同様、なす術もなく沈黙を保ち、力尽きていったことを…。



棄教、拷問、海外追放、病死。日本初の殉教者としての系譜がここに刻まれるのです。

異教徒を虐殺して守った国家

支倉常長がカトリックの洗礼を受け、ローマ教皇に謁見して帰国した日本は、異教徒を徹底排斥する弾圧の嵐が吹き荒れ、殺伐とした景色が広がっていました。




常長は帰国して2年後に52歳で死んだとされます。その死は……。自死だったのか、病死だったのか、それとも処刑されたのか。記録が何も残されていないのは不思議です。常長の墓は宮城県内に3か所存在していますが、その真偽は分かりません。常長の業績が、長く歴史に埋もれ、明治初期までの250年間、葬り去られてきた事実を考える時、「歴史の深い闇」に思いを致さざるを得ません。



支倉常長の墓
写真1(支倉常長の墓とされる仙台市の光明寺。ここに眠っている根拠はありません)



支倉を主人公とした遠藤周作の長編小説「侍」のクライマックスは最終盤に訪れます。息を飲むほど静謐で、張りつめた場面。キリスト者である筆者ならではの知見がにじむ渾身の描写に驚かされます(新潮文庫405㌻)。


遠藤・侍
写真2(遠藤周作の長編小説「侍」。終盤の展開に息を飲みます)


苦難に満ちた長い旅を共にした腹心の家臣(与蔵)と支倉との会話を引用してみます。




「ここからは……あの方がお供なされます」「ここからは……あの方が、(わたしに代わって)お仕えなされます」。侍(支倉)はたちどまり、ふりかえって大きくうなずき、黒光りするつめたい廊下を彼の旅の終わりに向かって進んでいった…。



「あの方」とはキリストを指すのは明らかです。遠藤は支倉が信仰を守り抜き、処刑されたという想定に立って、小説をエンディングに導いていきます。実はその少し前、支倉と与蔵が二人きりで会話を交わすもうひとつの印象的な場面が用意されています。



支倉は7年に及んだローマへの旅を振り返り、こう語り掛けます。

「なぜ、あの国々ではどの家にもあの男(キリスト)の哀れな像が置かれているのか。わかった気がする。人間の心のどこかには、生涯、共にいてくれるもの、裏切らぬもの、離れぬものを求める願いがあるのだな」

うつむいていた与蔵は、主人(支倉)の言葉を噛みしめるように顔をあげます。与蔵に向かって支倉は「信心しているのか、切支丹を」と小さな声でたずねると、与蔵は「はい」と答えます。「人には申すなよ」と支倉が声を潜め、与蔵はこれにうなずくのです。



磔のキリスト像
写真3(常長らが欧州の至る所で見たであろう磔のキリスト像)



「死」が避けて通れないわれわれ人間にとって、信仰とは何なのか。この普遍のテーマと向き合う感動的な描写であり、読み手の心を掴んで放すことはありません。



仙台藩の領地から外にでたことがなかった武士と家臣。それが大海原を命懸けで横断し、当時の日本人が見たこともない欧州の世界に触れた感覚とはいかなるものだったのでしょう。スペイン国王臨席のもと洗礼を受け、壮麗なバチカンで教皇に拝謁した支倉と、その場に居合わせたであろう与蔵。カトリックの信仰とその圧倒的存在に抗うことができないほど衝撃を受けたことは想像に難くありません。


17世紀の日本は、キリスト教禁止令から鎖国体制へと突き進みました。時の権力者だった徳川幕府が異教徒、つまりキリスト教徒を根絶していく手法は、あまりに非人道的であり、その残虐性において現代のジェノサイドにも等しい行為だったといっても過言ではありません。あえて言えば、わが国は異教徒を虐殺して守り抜いた国家だったのです。


人権という概念も意識も存在しなかった時代とはいえ、「異物」を過剰なまでに排除して守ろうとした「国家」とは、一体何だったのか。21世紀を生きるわたしたちにとっても、本質的な問い掛けではないかと思います。


異なる宗教、言語、文化間の対立で、いまなお破壊的な行為が繰り返されています。言論を封じるため、多くの血が流されています。たとえば、パレスチナにおいて、イラン・イラク・アフガニスタンなど中東諸国においても…。独裁国家北朝鮮は言うに及ばず、共産党の一党支配が続く中国もこうした範疇から逃れられないでしょう。信仰や思想の自由があまねく浸透していない現状から目を背けるわけにはいかないのです。



遠藤周作の「侍」を読み進めると、ちょうど中盤あたりで、スペインを行く支倉らの一行を目撃した現地の人がこう語り掛ける場面があります。「ずいぶん前、九州生まれの14、5歳の少年たちが同じような切支丹の使節としてこのエスパーニャに参ったよ」



4人の少年
写真4(九州のキリシタン大名が4人の少年をローマ教皇のもとに派遣しました)



実は日本からは、支倉から遡るところ30年。九州のキリシタン大名が派遣した4人の少年がローマ教皇に謁見するという苦難の旅を遂げていたのです。

ギャラリー
  • 歴史の影を背負った言葉
  • 歴史の影を背負った言葉
  • 歴史の影を背負った言葉
  • 歴史の影を背負った言葉
  • 沈黙の祈りが意味するもの
  • 沈黙の祈りが意味するもの
  • 沈黙の祈りが意味するもの
  • 沈黙の祈りが意味するもの
  • 『働けば自由に』の嘘と恐怖