新ホール

札幌市民交流プラザのオープンまであと半年余りとなりました。

プラザの施設でもっとも期待されるのが、札幌文化芸術劇場(愛称・hitaruヒタル)でしょう。
北海道で初めて3面舞台を持ち、大規模なオペラやバレエ、ミュージカルの公演が可能になります。
こけら落とし公演は10月7、8日に上演されるヴェルディのオペラ「アイーダ」。指揮はイタリアの俊英アンドレア・バッティストーニ氏、管弦楽は札幌交響楽団。イタリアの演出家ジュリオ・チャバッティ氏による新演出で、神奈川県民ホールなど国内有力3劇場、東京二期会と共同制作します。
新しいホールで新演出のオペラを見られる、最高の贅沢と言えるのではないでしょうか。


道新文化事業社は、新ホールのチケット部門を一緒にやらせていただくことになっています。公演チケットの前売りに先立って、先行購入サービスが受けられるメンバーズクラブの事務局もお預かりしています。

北海道新聞3月19日朝刊の文化面は、「アイーダ」公演の特集を掲載しましたが、これをご覧になった読者のみなさんから、事務局やプレイガイドにはメンバーズ入会の申し込み、問い合わせ電話がひっきりなしにかかってきています。
札幌市民、道民のみなさんの関心の高さがひしひしと感じられます。


交流プラザメンバーズのホームページは
http://sapporo-community-plaza.jp/member.html


いま、オペラブームと言われます。男性オペラ歌手のユニットがアイドル並みに人気を集めたりしています。



イタリアオペラというと、ソプラノやテノールの圧倒的な発声を思い浮かべる人が多いかもしれません。そこがなじめない、という人にもよく会います。ですが、ヴェルディのオペラを「女の人が甲高く歌う作品」と思い込むと誤ると思います。

それは全部で29曲あるといわれるオペラのタイトルからもわかります。アイーダのように、ヒロインの名前をタイトルにしたオペラは実は少数で、リゴレットとかオテロとか、男声ものの方が多いのです。「ヴェルディはバリトン(低い男声)を聞く作曲家だ」という人もいます。
そのあたりは、同じイタリアの、もうちょっと後で出てくるプッチーニとは違うのではないでしょうか。

hitaru


ヴェルディ作品を見たり聞いたりして感じるのは、「手練れの職人の技」ということです。わたしが大好きな同時代の作曲家ワーグナーは、大自意識家でした。自分の芸術が一番かわいくて、歌う人や聴く人のことをあまり考えていないようなところがある(そこがまたいいのですが)。それに対しヴェルディは、ほぼ20分ぐらいで必ずと言っていいほど場面転換があり、1幕が1時間を超えることもなく、あまり負担を感じずに聴き続けることができます。


聞かせどころのアリアや重唱、合唱がきっちりと区切られて現れるので、あらすじが頭に入っていれば、たとえ歌詞がわからなくても、舞台で起こっていることを理解することができます。



アイーダに関する解説はhitaruのアイーダ特設ページその他をご覧いただきましょう。
http://www.sapporo-community-plaza.jp/event_181007.html



1869年、エジプトのスエズ運河開通と新オペラハウスのオープンをきっかけに作曲された「アイーダ」は、そのことだけでも祝祭向きです。

絢爛豪華な舞台を楽しみに待ちたいと思います。

写真は「アイーダ」公演を紹介する北海道新聞文化面(3月19日朝刊)


悪魔の楽器

悪魔が発明した楽器」と言われる楽器があります。


バンドネオンです。


アコーディオンを小さくしたような形をしていて、タンゴの演奏には欠かせません。



なぜ、悪魔なのか。



演奏が難しいからです。
蛇腹の左右に、音程を作るキー(ボタン)があるのですが、それがそれぞれ33、38個(標準のタイプ)。さらに蛇腹を押し込むか開くかでも音が変わる。合わせて142の音を組み合わせるのだそうです。ボタンはアコーディオンの鍵盤とは違って不規則に並んでいる。



なるほど大変そうだ。



しかし、まぜっかえすようですが、僕の数少ない経験では、簡単に演奏できる楽器は、そもそも存在しません。どれもがみな悪魔の発明ではないかと言いたい。


楽器の王ともいえるピアノやオルガンなどの鍵盤楽器。キー(ボタンや鍵盤)が多すぎる。タッチをそろえるのも、半端な練習ではできません。
ピアノに比べたら部品数は数百分の一の単純さのヴァイオリンは、音楽の素材になりうる音を出すこと自体が難しい。正しい音程を出すのも大変です。
フルート、クラリネットなどの木管楽器は、息や唇のコントロールが微妙ですし、リードを細工する器用さが要るものもあります。
(金管楽器だけはどれにも触ったことがないので、「簡単に違いない」とうそぶいています)


さて、バンドネオンです。これにもわたしは触ったことがありません。
アストル・ピアソラの音楽はギターでも演奏し、ピアソラ自身のCDもよく聴くので、多少わかったつもりで言いますと、この楽器は音を長く引き延ばしてその音に無限のニュアンスを込められる楽器です。構造の複雑さもあるでしょうが、その、いかようにもニュアンスを変えられる可能性の奥深さが難しさの源泉なのではないか。



バンドネオンはドイツ人のバンドさんという人が19世紀に作ったそうです。それが南米に伝わって、タンゴと深く結びつくことになりました。



道新文化事業社もお手伝いして、タンゴの演奏会が来年開かれることになりました。
やはりドイツ人で、コンチネンタル・タンゴの往年の巨匠だったオットー・ヴィットさんをしのぶコンサートです。ヴィットさんはバンドネオンの名手で作曲家でもありました。晩年を札幌で過ごし、文字通り札幌に骨を埋められました。


コンサートは来年3月です。今後、折に触れてこのコンサートのことを紹介していこうと思っています。

バンドネオン

新聞記事の写しは北海道新聞昨年8月4日夕刊

ああオリンピック

平昌オリンピックが盛り上がっています。
鍛えに鍛えた力、磨きに磨いた技を競い合うだけでもすごいのに、結果がでるやいなや「4年後」の目標に向かって再び鍛錬を開始するという選手たち。
そのストイックな姿勢に、怠け者のわたしは、感動どころか畏怖さえ覚えます。


そんな素晴らしい競い合いに水を差すかのようにさまざまな課題が、今回ほど目立つ大会もないのではないか。
政治色、天候と競技時間の問題、開幕前からある「五輪」知的財産保護の問題などです。
根底に「国別対抗」「商業主義」があるわけで、いかんともし難い面も多いことは認めざるを得ません。
それにしても、もっと競技自体を楽しむ、超人のパフォーマンスに純粋に酔いしれる大会であってほしいものだと思います。



うろ覚えですが、こんな言葉があるそうです。




新聞はスポーツ面が一番。この面には、人間が成し遂げたすばらしい成果が載っている。それに対し、1面、社会面には人間がやってしまった醜い行いの報道が多すぎる。




醜いこと、許せないことを報じるのを怠っては、新聞の使命は果たせませんし、そうしたニュースをひとりひとりがきちんと読み、理解しないと民主制はなりたちません。

ですが、スポーツの世界にまでそんなニュースが割り込んでくるのは困りものです。

さて、

オリンピックと言えば思い出すCDがありますので、余談として付け加えます。


オリンピア―デ

16人の作曲家による歌劇『オリンピーアデ』
マルケロス・クリシコス(指揮)ヴェニス・バロック・オーケストラ(EU輸入盤 naïveレーベル)=写真=。


題名の通り、イタリア・バロック時代の16人の作曲家による同じ台本のオペラから、ところどころを取り出してつなげたものです。
16人にはハッセ、ガルッピ、パイジエッロ、ヴィヴァルディ、ヨンメッリ、ケルビーニ、チマローザなどがいます。何人かはご存知の名前もあるのではないでしょうか。


オペラの舞台は古代ギリシャ。ある町の支配者がオリンピック・ゲームを催します。競技の賞品は彼の娘。勝者は彼女と結婚することができる。ところが、彼女には相思相愛の青年がいて…。
青年の友人、その恋人で父王に交際を反対されているために身分を隠している王女などが登場し、はらはらどきどきさせた挙句、最後はめでたしめでたしの幕切れとなります。


18世紀のイタリア・オペラは、作曲家ではなく台本作家が主役だったそうです。中でも人気だったのはピエトロ・メタスタージオ(1698-1782)という人。モーツァルトの「ティートの慈悲」も原作は彼でした。で、彼の「オリンピア―デ」は最大の人気作で、何と60人以上の作曲家が作曲したというのです。
このCDは、代表的な16人の「オリンピア―デ」全曲の中から場面に沿って優れた曲を選び出してつなげた、というわけです。


はっきり言ってキワモノで、おそらく日本で入手するのは困難(ヴィヴァルディの全曲盤はどこかで買えるかもしれない)ですが、同じように聞こえるバロック作品ながら作曲家の個性がわかり、それなりに意義のある試みだと思います。


以上は、知っていても何の役にも立たない余談でした。お付き合いありがとうございます。
ことしも、忘れたころに書き込んでいくことにしますが、こんな役に立たないことが多くなるかもしれません。

ギャラリー
  • 耳の虫
  • 魂の歌
  • 魂の歌
  • hitaruパワー
  • 口伝隊
  • 口伝隊
  • レニー
  • レニー
  • 見るか、見ないか