イベントとしての選挙

亥年選挙の前半戦が終わりました。
立候補者が少なくて選挙が成立しなかったり、成立しても低い投票率にとどまったりしてしまう、いわゆる低調な選挙が目立ちました。
地方自治の空洞化などという識者の警告も目立ちます。



やぶにらみにしかすぎませんが、わたしも何か書いてみたい誘惑にかられます。



わたしがまだ若い新聞記者だったころ、選挙の投票率は悪くても70%台でした。
つまり、成人の70%以上が特定の期間、特定の目標に向かって動く大イベントが選挙だったのです。
そして、選挙の結果を受けて行われる「政治」は、あまねく国民・住民の暮らしに影響する。こんなでかいものは他にありません。
政治記者のはしくれとして、仕事は楽しかったし、誇りも持てました。


しかるに、今の選挙の体たらくです。
16年ぶりの新人対決となった知事選の投票率が6割に届かない。
道議選ですら無投票の選挙区がある。
考えられません。


イベントを仕事にする立場からこれをやぶにらみしますと、このイベント、要するに魅力がないのです。参加する気が起きにくい。
これを楽しめるイベントにする。その方法を考えるべきだ。



考える主体は誰か。



まずは政党です。
日本の政党は長く、別の目的でつくられた団体(経済、労働、宗教…)の政治部門にとどまってきました。政党助成金という名の税金を食べていながら、いまだにそれらしい仕事をしている政党がほとんどない。議員が集まれば政党を名乗れると勘違いしている、軽薄で愚かな政治家たちが多すぎる。
ちゃんと綱領をつくり組織をつくり党員を育て有権者にアピールする働きをせよ。そしてスター候補者を発掘せよ。


ほらね、選挙が楽しそうになってきたでしょう?



政党に次ぐのは…。
学界であり言論界、マスコミ(あえてメディアとは言わずこう呼ぶ)でしょう。内向きの議論ばかりしていないで、「お客様」が来てくれるような「イベント開催」に知恵を絞るべきだ。
歴史観をもって時の政権にきちんと向き合え。特にテレビの政治報道は、わたしのような元玄人でも見ているのがつらい。生活者が関心を持って見られるような、まっとうな番組をつくってほしい。
教育もそうです。政治を教えるのは確かに難しい。しかし、政治教育は消費者教育と同じです。まじめに考えられる有権者を育てなければ、見た目はいいけれども有害な商品に手を出してしまうかもしれない。その悪影響ははかりしれません。
実際、そうした傾向は日本でも、海外でも見られるではないですか。


以上はやや精神論。なかなかすぐにうまくはいかないかもしれない。でも、地道にやっていくしかありません。


個別的対症療法としては、選挙の仕組みを変えることです。
選べ、と言われても、実は選べないのが今の選挙。与えられた候補者のなかに、自分たちの代表と思える人がいないケースが多い。まともな人ほど選挙に出たがらないということもある。
これではイベントとしての魅力などとてもありません。今、変えないと大変なことになるという危機感を持つべきです。
たくさんの候補予定者を立てて予備選を行う。
個人ではなく政党に投票できるようにする。あるいは複数の候補に按分投票できるようにする。
テーマによっては住民投票を選挙と同時に行う。
1人1票ではなく、例えば子供を持った親には1票を超える投票価値を認める。
などなど、これまでも、いろんな案が出されてきました。


かつて、無投票当選を認めない選挙制度の提案もありました。議員選挙では定数はあくまでも仮の定数として、告示段階で仮定数に満たない場合は、立候補数マイナス1を正式な定数とする、というものです。仮定数10の議会に9人しか立候補届がなかったら、正式定数は自動的に8として選挙を行うのです。
意欲ある立候補予定者がいるのに、調和を重んじるマチのボスが抑え込んでしまうなんてことが、無投票の裏にはたまにあります。こうすれば立候補者は逆に増えそうな気がしますが、どうでしょうか。

三種の神器

天皇の代替わりで、三種の神器が話題になっています。

またまたワーグナーの歌劇「ローエングリン」を持ち出して恐縮ですが、このオペラの幕切れ直前に、中世ヨーロッパ流「三種の神器」が登場します。

角笛、剣、指環です。

ヒロインの姫を悪だくみから救出し、公国の指導者となった白鳥の騎士ローエングリンでしたが、彼は聖杯城から神によって遣わされた存在で、誰に対してであれその正体を明かすことは許されません。
姫も「禁問」を受け入れることによって助けられ、彼を夫とすることになったのですが、悪者のそそのかしに抗しきれずついに誓いを破り、禁じられた問いを発してしまいます。
こうして悲劇の別れの場面となるのですが、立ち去り際、後継の指導者となる姫の弟に、主人公ローエングリンがこの3つを残していくのです。



<弟が帰ってきたら、遠くにいる私に代わって、この角笛と、剣と指環を渡してくれ。
危急の際には角笛を吹けば、助けてもらえよう。
激しい戦闘では、この剣が勝利を呼ぶ。
だが、指環こそ、私を記念するようすが
かつてそなたを恥辱の苦しみから救ったことを思い出してもらおう>
(三宅幸夫ほか編訳「ローエングリン」五柳書院から)



日本の天皇家に伝わる三種の神器については、ここでは触れません。
いずれにしても、洋の東西を問わず、「3」という数字は特別のものらしい。キリスト教では、「三位一体」がとても重要な教義です。


しかし、前回ブログで話題にした「トゥーランドット」の「3つの謎」とか、3人の人物(姉妹や家来など)はよく出てくるものの、3つの宝物に類するものはあまりないのではないでしょうか。


ワーグナーは晩年、ローエングリンの父である聖杯の王を主人公に「パルジファル」を完成させますが、ここでの宝物(?)は聖杯と聖槍のふたつ。同じワーグナーで、「ニーベルングの指環」だと、宝物は指環と隠れ兜、やはりふたつです。

モーツァルトの「魔笛」で、王子らに贈られて活躍するのも魔法の笛と鈴のふたつです。

なかなか「3大ナニナニ」とはならない。



そういえば「ローエングリン」の三種の神器も重要な位置づけはされていません。3つのうち剣は、確かに悪者をやっつけるのに活躍しましたが、角笛と指環はこれ以前の場面で登場しておらず、唐突に出てくるのです。この場面にワーグナーが付けた音楽も印象に残るようなものではない。というわけで、「あらすじ」では省略されてしまうことがほとんどです。
物語はワーグナーが中世の散文叙事詩をヒントに物語を創作したものですが、このエピソードは未消化のまま盛り込んだためにこうなったらしい。


このブログも竜頭蛇尾になってしまいました。


かつて読んだ本で、日本の昔話の主人公(桃太郎か一寸法師だったか)にもおじいさんとおばあさんが「3種の神器」的なものを持たせる場面があって、その類似性に感動?したと記憶するのですが、いろいろ調べてもその本に再会できませんでした。ご存知の方がおられればご教示願いたい。



さて、天皇家に代々伝わるとされる三種の神器は、実はそのものを見た人は誰もいないのですね。こういうことは、ヨーロッパでは絶対に起こらないというか、許されないに違いありません。

マエストロ大野

ことし1月の当ブログ「原作は?」で、ツェムリンスキーのオペラ「フィレンツェの悲劇」を紹介したのを覚えていてくださる人はひとりもいないとは思いますが、それの舞台上演を東京・初台の新国立劇場で見てきました(414日)。



声楽陣(といっても登場人物は3人だけ)がちょっと弱く、複雑な響きのオーケストラ(東京フィル)に負けがちだったのは残念でしたが、ツェムリンスキーと原作のオスカー・ワイルドの退廃の世界は十分に楽しむことができました。

 

指揮のマエストロ沼尻竜典は、ライトモティーフの際立たせ方が実に入念で、ツェムリンスキーがスコアに書き込んだ物語の展開を、目をつぶっていても分かるように鮮やかに描き出していたと思います。




プログラムによるとこのオペラの日本初演は、新国立劇場の芸術監督であるマエストロ大野和士、1992年だそうです。沼尻氏も2002年名古屋フィルで、2004年に新日本フィルで指揮しているといいますから、今回の上演も画期的というほどではなかったのですね。


 

これも以前のブログに書きましたが、大野氏は東京フィル常任指揮者時代に「オペラ・コンチェルタンテ」というシリーズを企画して、ツェムリンスキーやシュレーカーなどいわゆる「退廃音楽」も積極的に取り上げました。
以前のブログ【続・続ジャケ買い(またはジャケ美術館・その2)】

わたしは当時たまたま東京で勤務していたので、大野氏指揮の「はるかなる響き」(シュレーカー)や沼尻氏指揮の「こびと」(ツェムリンスキー)を見ていて、「東京ちゅうところは、いいところだなあ」と感涙にむせんだ(?)のを覚えています。

大野氏が新国立劇場の芸術監督になって、沼尻氏らとあらためてこうした音楽の紹介に努めてくれることは、とても素晴らしい。北海道在住者としてはお金が大変ですが。

 

今回の上演、「ダブル・ビル」といって、2本の短いオペラを組み合わせて上演するものでした。2本立てですね。で、組み合わされたのがプッチーニの「ジャンニ・スキッキ」でした。

こちらも、「フィレンツェ…」よりはポピュラーとはいえ、上演機会は少ない作品です。「フィレンツェ…」とは対照的なドタバタ喜劇。共通点といえば、物語の舞台がフィレンツェであること、登場人物にシモーネという男がいるぐらいですが、まあ、プッチーニが例によってわかりやすい音楽を書いており、登場人物が多い割には物語の展開は単純なので、ほとんどなじんでいないわたしにも楽しめる上演でした。

 



ここで強引にこの夏の札幌文化芸術劇場hitaru公演の話になります。834日のオペラ「トゥーランドット」(プッチーニ作曲)。ついにマエストロ大野の登場です。自身が音楽監督を務めるバルセロナ交響楽団を引き連れてやってきます。

 

わたしの印象では、大野氏といえばドイツ・オペラですが、新国立劇場芸術監督としてはイタリア・オペラとロシア・オペラにも力を入れています。また、2015年にNHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」に出演したときは、ヴェルディの「椿姫」で、深い譜読みを披露していましたので、期待はとても大きなものがあります。

 

「トゥーランドット」は、テノールのアリア「誰も寝てはならぬ」が飛びぬけて有名ですが、それだけでなく、主役・トゥーランドット姫の超絶技巧的なアリアなど聴きどころは満載です。

残念ながらチケットはすでに完売していますので、買えなかった人にはこれ以上書くのは残酷かもしれません。

大野氏よりももっと有名な日本人指揮者はいますが、実力は彼がぴか一だとわたしは思っています。チケットを買えなかった人も、彼の名前は記憶しておいてほしい。

 

…とまた残酷な話をしてしまいました。ごめんなさい。この辺でやめておきます。

今回のプロダクションについては、「オペラ夏の祭典」のホームページをご覧ください。


ギャラリー
  • 武者震いの喜び
  • パーシャルビュー
  • 窓口で
  • いいスポーツ?
  • 終了御礼
  • 終了御礼
  • 続続・寂しい知らせ
  • ヘンなCD
  • 寂しい知らせ