カスラック

興行会社がイベントを開くにあたっては、当然のことながら収支予測をまず立てます。支出の大きなものは出演者のギャラ、会場費、警備費など。これらに対し入場料をどう設定し大勢入場してもらうか。いろんなデータを当たり、経験と勘も頼りに決断します。


 音楽イベントでは、いつも気になる支出項目があります。これがなければもう少し楽に予算が組めるのにとうらめしく思うそれ。
 音楽著作権料です。道新文化事業社主催の演奏会でも、多いものは数10万円に上ります。
 著作者、つまり作詞家や作曲家の才能、努力に報いるためですから、利用者が負担するのは当然ではあるのですが、請求額にいつも納得できるとは限りません。
 著作者になりかわって、一括して著作権料を請求しているのが音楽著作権協会(jasrac、以下「協会」と表記します)です。


 2月2日、協会は音楽教室から著作権料を徴収することを決め教室側に通知、教室側から強い反発があがっています。


 著作権料の主な課金対象は演奏会とCDですが、CDは売り上げの減少が激しい。そこで協会は、1980年代から徴収範囲を広げてきました。カラオケやダンス教室などで、そのたびに利用者から反発を受けてきました。それをさらに広げようというのです。
 もちろん、協会側にも言い分はあり、某国の新大統領がすぐやるように一方的に「悪者」と決めつけるのは乱暴です。しかし、関係者の間では「jasrac悪者論」はほぼ定着、「カスラック」という呼び名まであるほどです。
 今回の騒動がどう決着するか、対象となる大手音楽教室に通う人、通わせる親御さんも気になるところでしょう。


 いずれにせよ、デジタル化が進んでコピーが花盛り、既成の作品の一部を使って新たな作品を生み出す2次創作も普通に行われるようになった今、著作権料徴収の根拠となっている著作権法など政策全体の見直しが必要だ、という声が大きくなっているのも当然です。

スー女

かつては女性の好みとは思われていなかった分野に、若い女性が興味を示し深く究めている例が増えているようです。新しい「○○女」「××女子」が次々と生まれています。

 

 「スー女」「相撲女子」もそのひとつ。

 DSC_0218-2

 
残念ながら身近に心当たりがいないので、ネットで探してみたら、出てくる出てくる。

 「顔といい、体形といいひたすら可愛すぎる」力士のランキング。「わんわん」「あみやん」「たーたん」など、お気に入りの力士にニックネームをつけて盛り上がる

 コアな相撲好きには違和感もあるかもしれませんが、ファン層の拡大は歓迎でしょう。


稀勢の里が第72代横綱に昇進しました。待望の日本出身横綱の誕生で、大相撲は今年も人気を集めることでしょう。


1月30日には、北海道新聞政経懇話会で日本相撲協会の八角理事長が講演しました。強調していたのは、相撲ファンを増やすために地方巡業が大切だということでした。

 道新文化事業社は、大相撲の道内巡業の多くで勧進元を務めています。札幌でも他都市でも、お客様はそれこそ老若男女。特に、小さな子供を連れた若い家族連れが多いように見受けられます。その幅広さは、プロ野球のファイターズ戦をもしのぐかのようです。

 

今年の道内巡業は8月19日札幌、20日旭川です。入場券売り出しは3月中旬を予定しています。

 

 個人的に魅力だと思うのは、力士が立ち合いでぶつかりあう瞬間の迫力です。
 
 

 「ガツン」「バシッ」「ドン」


DSC_0113-2

 

 日本語は擬音の表現が多彩だとよく言われますが、この音はどの字を選んでもうまく再現できませんし、テレビ中継で聞く音とはまるで違います。

巡業といえども、取り組みは真剣です。おまけに基礎知識の解説や相撲甚句の披露など、お楽しみも豊富です。
 

是非、ご覧いただいて生の迫力を味わっていただきたいと思います。

 

 

写真は昨年の函館場所取組と札幌場所力士握手会

君の名は

昨年2016年の国内の映画興行収入が過去最高の2355億円に上ったそうです(1月25日北海道新聞朝刊)。アニメ「君の名は。」のヒットが大きかった、と解説されています。

 一方、同じ日の道新には、アメリカのアカデミー賞候補作発表のニュースも載っています。興行成績では褒められた「君の」は、こちらの候補からは外れ、明暗を描きました。

 

 ちょっと遡ると、国内のネット上でも論争が起こっていました。伝統ある日本の「キネマ旬報(キネ旬)」の年間上映作ベスト10のランキングに「君の」が入らなかったからです(http://www.kinenote.com/main/kinejun_best10/japan.aspx)。

 

 キネ旬の日本映画1位になったのは「この世界の片隅に」でした。「君の」ファンからこの決定に激しい反応が起こりました。

 ここで映画の作品論には入りません。面白いと思ったのは、2つの映画の狙いや表現手法の違いが、ファンをもくっきりと分けているように見受けられることです。

 

 週刊誌にはこんな分析も登場しました。

「(非難は)内容を論じるのではなく、共感しない者への悪罵と攻撃を並べ立てる話法が目につく」「(「君の」ファンと「この世界」ファンとでは)たぶん感動する回路が違うのだ」(サンデー毎日129日号「トランプはシン・ゴジラである!」)

娯楽性を追求した「君の」と、濃やかに庶民の生活を描いた「この世界」。優劣を付けられるものではないでしょうが、政治の世界で今はやりの「ポピュリズム」論争を思わせる対立が起きたことは、何やら示唆的です。

 

さて、粗野としか言いようのない言動を繰り返す米国の最高指導者が、矢継ぎ早に政策を実行に移し始めました。それに拍手を送る国民ももちろん多い。
 

しかし、ヨーロッパ映画に比べ、その単純明快さに辟易とすることさえあるハリウッド映画の国で、権力者に対する抗議が粘り強く繰り広げられていることには希望も感じます。

ギャラリー
  • 戦争放棄のさらなる源流へ
  • 戦争放棄のさらなる源流へ
  • 戦争放棄のさらなる源流へ
  • 戦争放棄のさらなる源流へ
  • 人は自由かつ平等に生存する
  • 人は自由かつ平等に生存する
  • 人は自由かつ平等に生存する
  • 人は自由かつ平等に生存する
  • なぜ戦争と人権が連動するのか