手作りオペラ

音楽ファンや演奏家が集う札幌のレストラン、「円山カンタービレ」で楽しい催しがありました。

ミニオペラ「カルメン」。

ビゼーの名作、カルメン(全4幕3時間程度)を「いいとこどり」して40分に圧縮、演奏もバイオリン、チェロ、ピアノの3人、歌手は4人だけという曲小編成のオペラです。


演奏したのは
札響の大平まゆみさん(バイオリン、コンサートマスター)、
荒木均さん(チェロ)、
ピアノは伊藤千尋さん。

歌手たちは、
題名役カルメンは松田久美さん(札幌室内歌劇場)、
カルメンに惚れる伍長ホセは岡崎正二さん(北海道二期会)、
ホセの許婚者ミカエラは亀谷泰子さん(LCアルモーニカ)、
ホセの恋敵となる闘牛士エスカミーリョは中島聡章さん(札幌室内歌劇場)。
ミニオペラ


会場は20人強で満員となる広さ。音楽好きのためにステージが常設されてはいますが、オペラのセットはなく、客席の間の通路をも有効に使って、歌い手たちが歌い演技します。簡略ではありますが、衣装も小道具も工夫されていました。


当日は昼の部、午後の部、夜の部の3公演。音楽ファンで各部ともほぼ満員。東京から音楽評論家の東条碩夫さんも駆けつけておられました。


これは単発の催しではありません。大平さんらはミニオペラ連続上演のための団体「オペラファクトリー北海道」を組織、「カルメン」の再演や、次回作「トスカ」(プッチーニ作曲)の上演準備も進めています。


大平さんは、この試みの意図をこう訴えます。

「来年秋、札幌文化芸術劇場hitaruがオープンします。これからどんな音楽文化を生み出し、発信していくのか。それは単に行政の課題にとどまらず、音楽文化にかかわる者にとって大きなテーマだとわたしたちは考えています
…ささやかな取り組みですが、いずれは志を同じくする団体や行政とも手を携え、新たな音楽文化を発信していきたいと願っています」

(詳しくはオペラファクトリー北海道のホームページ https://arakicello.wixsite.com/hokkaido-opera をご覧ください)。


出演者を見ればわかる通り、北海道のオペラ団体の枠を超えて集まった有志が真剣に、しかし実に楽しそうに取り組んでいるのがこの試みなのです。


札幌では、オペラの本格的舞台に接する機会は多くはありません。
難しそう、チケットが高い、上演時間が長い…。いろんなハードルがあり、愛好家が増えないためにますます上演機会も減っていく悪循環です。
しかし、入門者向けだからといって手を抜いた上演では、その本来の魅力は伝わりません。


だからこそ、大平さんたちの取り組みは貴重です。
わたしも大好きなオペラ・カルメン。今回のミニ版は、その魅力のエッセンスをしっかりと感じ取れるものでした。
映像ソフトで一流の上演を家庭のテレビでも見られることは確かですが、目の前で(本当に歌い手さんと体が擦れ合うくらいの目の前なのです!)繰り広げられる歌や演技は、圧倒的。
それに加えて、終演後には出演者のみなさんと交流もできるのですから、こんな貴重な体験はそうそうできません。

今後の展開に注目し、応援していきたいと思っています。



写真は夜の部の公演を終えて晴れやかな表情の出演者たち

花をめでる

先月末、「花供養祭」という行事が札幌市内のホテルでありました。

201711201花供養祭



生花の生産者、流通業者から華道などの関係者までが集まって、花に感謝するというユニークな催しです。北海道花き品評会の表彰式も兼ね、今回で56回を数える歴史をもちます。

道新文化事業社は、北海道新聞のグループ企業として、北海道いけ花連盟の事務局を預かっていますので、毎回出席させていただきます。


「〇供養」といえば針供養が有名ですが、道具や生産物、商品に対するのに、その恩を忘れず、感謝の気持ちを捧げるというのは、とてもいいことですね。詳しくないので「日本ならでは」と断言はしませんが、地球上のどこでもあることとは思えません。



それだけではありません。日本人は、花によってその終わり(一般には「散る」という)に多様な表現をあみだしたそうです。


 朝顔=しぼむ

 牡丹=崩れる

 菊 =舞う

 雪柳=吹雪く



この席に出たおかげで、元札幌生花商業協同組合理事長の川村惺馬さんのあいさつに教えられました。
知っていると、ちょっとうれしい。
そう川村さんにお話ししますと、またまた教えられました。


「医者にアロエを贈ってはいけない。『医者いらず』だから」



早い冬の訪れで、生産者はただでさえ高騰している燃料代に困っているそうです。流通にも影響は必至でしょう。
それでも、年末年始にかけて、花を贈ったり飾ったりする機会は増えるでしょう。

花に感謝しながら、その美しさをめでたいと思います。



きなくさい世界情勢に



「武器ではなく花を」



という言葉も思い起こしたい。


※写真は花供養祭の祭壇

彩り豊かな「冬の旅」

無人島に本を一冊だけ持っていけるとしたら…、という問いかけがあります。
これに倣って、無人島にCDを一枚だけもっていけるとしたら…、と問うのは愚問です。なぜなら、電気のない無人島では思うようにCDを再生できないから。

なんて無駄口はやめにして、「好きなCDを一枚だけ挙げるとしたら何?」と問われたことがあります。
しばし考えて、その時わたしが選んだのはシューベルトの「冬の旅」でした。

24曲からなる連作歌曲。どれ一曲としてつまらない曲はありません。ひとつひとつの音符を、本当に必要な音だけを、選んで選んで選び抜いて、打ちひしがれた若者の道行きを描きます。
有名な「菩提樹」はこの曲集の第5曲です。


タイトルは決まったとして、どの盤を選ぶかはなかなか大変です。歌手は男声の低い声・バリトンがもっとも一般的かもしれませんが、高い声・テノールにも味わい深い名盤があります。少数ですが女声の盤もあります。
伴奏のピアニストにも巨匠あり伴奏スペシャリストあり、選択に迷います。ピアノそのものも、素朴な音のする古風なタイプを使ったものもあります。


fuyunotabi



それだけではない。もっといろんな選択肢があるのが「冬の旅」の特徴のひとつです。

伴奏に、ピアノではなく弦楽四重奏や室内楽を起用したもの。ドイツの大御所テノール、ペーター・シュライヤーの「最後の録音」は弦楽四重奏版でした。
歌唱とピアノ伴奏に、ほかの楽器や朗読を組み合わせたものもあります。本場・ドイツで尊敬を集める白井光子さんは、ビオラと朗読を加えて録音しました。
全編を無伴奏合唱で演奏したのは日本の団体、タロー・シンガーズ(里井宏次指揮)。

人の声を楽器で表現した歌なしの演奏さえあります。ビオラと2本のギターの盤、チェロとピアノと朗読による盤。サキソフォンとピアノの盤。
また、作曲家が独自の創作を付け加えた録音も。ハンス・ツェンダー指揮アンサンブル・モデルン、オリバー・シュニーダー・トリオによるピアノ三重奏。いずれもテノール独唱に現代音楽の演奏が加わって刺激的です。

「冬の旅」はこのように、多くの演奏家だけでなく作曲家にもインスピレーションを与え続ける名作なのです。他に例を探せば、バッハの「ゴルトベルク変奏曲」くらいしか思いつきません。

ところで、来月札幌で注目の「冬の旅」のコンサートがあります。
メゾソプラノとギターによる「冬の旅」全曲。2017年12月1日(金)午後7時開演、ザ・ルーテルホール(大通西6)。
メゾソプラノ駒ヶ嶺ゆかりさんとギターの宮下祥子さんが、5年越しで磨き上げてきたものです。

fuyunotabi2



シューベルトの歌曲伴奏には、ギターの響きを想定したような曲が多くあります。「冬の旅」も、上にも挙げたようにギター伴奏盤があります。
しかし、1時間を超える連作歌曲の伴奏は体力的にも厳しく、メジャーなCDで入手できるのはいずれも2人の奏者が参加したものになっています。

女声と女性ギタリストによる「冬の旅」。しかもギターは今のスタイルの楽器ではなく、より細身でひなびた音のする「19世紀ギター」を使うそうです。
歴史的なコンサート、といっても過言ではない催しが、札幌ゆかりの演奏家によって実現するのです。
チケットは道新プレイガイドへどうぞ。



写真(上)は「冬の旅」の“変わり種”CD。
写真(下)は札幌での「冬の旅」のポスター

ギャラリー
  • 新劇場哀話-といってもドイツの話
  • 新ホール
  • 悪魔の楽器
  • ああオリンピック
  • この1年
  • 今年のCDベスト3
  • 今年のCDベスト3
  • 今年のCDベスト3
  • 手作りオペラ