武者震いの喜び

山崎の後任社長に就任しました。

社長ブログを引き継ぎます。迷いなくこう約束したものの、何を書いたらよいのやら。時が過ぎ、一向に筆が進みません。ぐずぐずしていると、チコちゃん、いや前社長に叱られそうなので、まずは自己紹介で見切り発車。

加藤利器(りき)と申します。


広辞苑を開くと、「文明の利器」の用例とともに、「よく切れる刃物」と書かれています。ちょっと怖いですね…。初対面の方からは「変わった名前。何と読むの。としきさん?」と言われ続けてきました。親は理科系を志向させたくて命名したようですが、大学は文学部。フランス文学などというやわな学問を専攻し、見事その期待を裏切りました。

さて、いまや東京スカイツリーがでんと聳える東京は墨田区業平(なりひら)で産湯を浸かり、寅さんのような義理人情の世界にもどっぷり浸かった幼少期。その後、隅田川に別れを告げ、荒川、江戸川を超えてディープな千葉県で小中高。大学は仙台へ。ここまで来たなら、まだ北がある。新天地で新たな人生を!

こう思い立って目指したのが北海道新聞です。

当時、新聞記者はあこがれの職業で、道新はリベラルな論調でマスコミ志願者に名を轟かせていました。首尾よく入社できたのは1979年(昭和54年)。といえば年齢が分かりますね。

夜行列車と青函連絡船を乗り継いで辿り着いた早朝の札幌は深い霧が立ち込めていました。この霧の向こうに何が隠れているのか。待ち受ける仕事への期待と不安を重ね合わせ、武者震いしたのを忘れません。

月日は流れ、39年。函館、倶知安、札幌、東京、北見…。政治・経済・社会・国際・論説…。いろいろな場所で実にいろいろな仕事をしてきました。直近の3年間は道新北見支社の支社長。オホーツクの自然を満喫し、食を堪能しました。


ひまわり

文化・スポーツ事業を企画・運営する弊社に来たのは偶然のことです。でも、チケットを購入するという利用者の立場で、ずっと愛着を持ってきた会社です。道民の生活に彩りを添える仕事に携われることにいま、強い誇りを感じています。39年ぶりに武者震いの喜びです。

実は「文化」については素人ながら、それなりにこだわりもあります。次回から職場の些事を含め、お話ししていきましょう。

マイペースで発信しますので、皆さんご愛読のほど、よろしくお願いします。

 

写真説明 いまごろオホーツクはひまわりが満開。澄み渡る青空。ゴッホの作品を彷彿させる景色が広がります


再び 公演の力

文化イベントの仕事をしていながら、わたしは、芸能情報にうとい、恥ずかしい人間です。

そんなわたしが最近、感心させられたのは、渡辺えりさん。

ヒロインというよりは性格的女優、あるいは脇をしっかり固めるタイプだとばかり思っていたら、演出家、劇作家、作詞家としても大活躍されている才媛なのですね。

 

わたしに目を開かせてくれたのは、毎日新聞の「人生相談」です。

この欄では読者からの相談に渡辺さんのほか、高橋源一郎さん、立川談四楼さんらが交代で答えます。



 

611日、渡辺さんの回はこんな内容でした。

 

40代の女性。好きだった彼が突然病気で亡くなった。亡くなる前、彼女のところにメールや電話があったのに、応じることができず、いきなり訃報を聞くことになった。そのことをとても悔やみ、悩んでいるというのです。

渡辺さんは相談を正面から受け止め、回答しなければならない苦しみを綴ったうえで、結局時間をかけるしかない、とさとします。「自分をごまかし、だましだまし生きてください」と。

 

そしてご自分の体験を紹介します。

 

上京したばかりのころ、モーリス・ベジャール振り付け、ジョルジュ・ドン主演の「ボレロ」を見たとき彼女に起きた変化だそうです。見ている最中は意味が分からなかったけれど、一週間後、銭湯からの帰りに突然「単純な鼓動を振り付けにして、何があっても生きていかなくてはならない。それが単純なようで一番大変なのだ」と気付いて、タライを落として道端で号泣したというのです。



それまでの渡辺さんの日常を想像します。そしてたどりついたそんな経験を、だれしもができるとは思いません。わたしにもそんな経験はありません。

でも、そこから得た彼女の助言には、おもわず頷かされました。


 

「好きな歌を何度も聴き、好きな絵画を見て、芝居を見て、映画を見るのです。こういった芸術や娯楽は苦しみや悲しみを抱えた人のためにあります。私もあなたを励ますために、疲労困憊しても毎日舞台に立ちますよ」



 

何という励ましでしょうか。



 

わたしは、自分たちの仕事を「楽しみを売る仕事だ」と思ってきました。実は、もう少し軽く考えていたのです。「食料や水、交通、電気などのように生き死ににはかかわらないけれど」と。



渡辺さんの言葉に接して、頭を殴られたような衝撃を受けました。


 

「芸術や娯楽は苦しみや悲しみを抱えた人のためにある」



 

そのことを胸に、体に刻んだ演者、奏者たちとお客様をつなぐのがわたしたちの仕事なのですね。場合によっては生き死ににもかかわるかもしれない。

 

質問と回答の全文は毎日新聞サイトで「人生相談」を検索してみてください。

 

わたしは間もなく道新文化事業社の社長を退任します。「社長ブログ」を書く立場も終えることになりました。

初回、「公演の力」から始めたブログですが、渡辺さんの文章に出会ったおかげで、最終回を「再び 公演の力」で終えることができます。渡辺さんに感謝です。




そしてもちろん、当ブログの読者の皆さんにも感謝します。



 

ブログの今後についてはただいま検討中です。いずれにせよ、当ブログでご案内いたします。

パーシャルビュー

札幌の新しい文化の拠点・文化芸術劇場hitaruは、オープニングシリーズが続いており、その素晴らしさを体感した人も多いことでしょう。 



一方、2階席以上の座席の配置が左右に大きく回り込むバルコニー状となっていること、4階席はかなりの高さから見下ろす格好になることから、ステージ全体を見渡すのは困難な席があるとして、不満も聞こえてきます。 

中には「設計ミスだ!」という酷評まであります。



これをどう考えたらいいのか。



正直に言いますと、わたしもこの設計を見たときは「ちょっと21世紀風ではないな、時代遅れだな」と感じました。 

ヨーロッパでオペラハウスといえば、馬蹄形のバルコニー席が何層にも重なった座席配置が定型でしたが、はすでに19世紀にこの形をやめる歌劇場が生まれていたからです。先頭を切ったのは、大作曲家ワーグナーが自分の作品だけを上演するために建設したバイロイト祝祭劇場(ドイツ・バイエルン州)でした。 

ワーグナーは「どの席からも舞台が見渡せる、どの席にも歌手やオーケストラの声がきちんと届く」理想を追い求めたのです。 

その後につくられたホールのうち、例えばオーストリアのザルツブルク祝祭大劇場(1960年竣工・2179席)、フランス・パリの新しいオペラ座(オペラ・バスティーユ、1989年同・2723席)、斬新なデザインで知られるスペインのソフィア王妃芸術宮殿(バレンシア・オペラハウス、2005年同・1481席)などは、旧来型のバルコニー席は採用していません。 



舞台が一部見えないことを業界用語で「見切れ」といいますが、バルコニー型配置だとある程度の見切れがでることは、避けられません。 



さて、hitaruです。このホールには、札幌で最大の収容を誇った旧ニトリ文化ホールの後継の位置づけがありますから、2300の座席数を確保することは欠かせない条件でした。 

バルコニー型をやめるとすれば、座席はさらに後ろに伸ばさなければなりません。後方席はステージからどんどん遠くなっていきます。敷地が確保できるかという根本的な問題があります。 


これに対しバルコニー席は、極端に右寄り・左寄りになることを我慢すれば、1階席の前方に迫る近さで舞台を望めます。舞台に近い席をぐんと増やせるのです。 

ステージばかりでなく、反対側のバルコニー客や1階席の客の様子もながめられます。演者と観客の一体感が生まれやすいのです。 

このことは、ステージ側から客席を見たときにいっそうはっきりします。三方180度の座席から取り囲まれるような感覚です。 

昨年6月、工事も大詰めを迎えたhitaruホールを見学させていただきましたが、ステージに立った瞬間「客席が近い!」を実感。その瞬間、それまでの「時代遅れ」という批判は、わたしの中では小さなものになったことを白状しておきます。 

ブログ パーシャルビュー



「見切れ」という短所を抱えながらも、長くバルコニータイプの客席をもつ劇場がつくられてきたのはこうした長所があるためなのでしょう。 


しかし、せっかく苦労してチケットを買ったのに予期せずに見にくい席に当たった人はやはり納得できないに違いありません。
このため道新文化事業社はhitaruと共催で9月に開くミュージカル「レ・ミゼラブル」では、見切れ席の販売を見送ってきました。

ですが、「レミゼ」人気はなお強く、先日、機材配置用に確保してあった席が空いたので追加販売したところ、たちどころに売り切れてしまいました。
そこで「見切れ席」もお値引きして提供することを検討しています。「見えにくさ」を納得していただいた上でご利用いただくことになります。 


ミュージカルの本場、ニューヨークやロンドンでの劇場でも見切れ席があるのは当たり前ととらえられており、こうした席を「パーシャルビュー」(一部視界が遮られる席)と呼んで初めからチケットの安いこの席を目当てにしている客も少なくないそうです。 


「レミゼ」を、別キャストでも見たかったが買いそびれてしまった、そんな人には二回目の観劇をこうした席にしてみてはいかが。 

あるいは、初めてでも「まずはなるべくステージの近くで、劇場の雰囲気を感じたい」という人にお薦めできます。 


hitaruのパーシャルビューが、劇場の新しい楽しみ方をご提案できるのなら、主催者として大きな喜びです。発売の情報は道新プレイガイドのダイレクトメールでお知らせします。しばらくお待ちください。 


写真は昨年6月、工事中のhitaruステージから客席を臨む

ギャラリー
  • エ・アロールの寛容
  • エ・アロールの寛容
  • エ・アロールの寛容
  • 戦う者の歌が聴こえるか
  • 戦う者の歌が聴こえるか
  • 戦う者の歌が聴こえるか
  • ジャン・バルジャンが父になるまち
  • ジャン・バルジャンが父になるまち
  • レミゼを守る野外劇のまち