買い負け・のようなもの

DSC_0128-2


前回に引き続いて、こんどは、東京から遠く離れた地方の一オペラファンのわたしが個人的に歯がゆく感じていることを、この機会に書きます。話は急に小さくなりますが。

生のオペラに触れる機会を頻繁には持てない愛好家にとっては、映像ソフトを手に入れて家庭のテレビで見ることが、楽しみのひとつになります。
それなのに、日本語字幕のないソフトがまだまだ多いのです。アジアの国だから仕方がない、と言うなかれ。中国語や韓国語は入っているのに日本語がないというソフトを、わたしは何枚も持っています。

これは「国力」の衰えを示すのではないか。

メディアがビデオテープだった時代は、国内の音楽ソフト制作会社が日本語字幕を入れた国内向け専用のソフトを販売していました。
デジタルの時代になると、メディア(DVD、そしてブルーレイ)にはより多くの情報が入れられます。初めから多言語の字幕を入れ、視聴者が選択して表示させる国際統一版の時代です。各国版を別々につくるより低コストであることは言うまでもありません。
コンテンツの大半を押さえている欧州のメーカーは、英仏独語はほぼすべてのソフトで採用していますし、スペイン語、イタリア語もかなり多くなっています。なかにはスペインから独立を目指す動きのあるカタロニア語を選べるソフトもあります。

では、それ以外は。作る側は当然、採算性を頭に入れるでしょうが、売る以前の協賛者の存在も大きいのだと思います。
日本語字幕が少ないことは、日本の「国力」の衰えの現れに他ならないのでしょう。

試しに、クラシック音楽ソフトが充実しているHMVのホームページをデータベース代わりにして、オペラ作品の字幕について2015年以降を調べてみました。

2015年は総数81タイトルのうち、何らかの字幕が入っているものは71。
このうち、日本語字幕入りは26しかありませんでした(日本語字幕のみの国内盤を含む)。割合にすると全体の32%です。
日本語字幕がない45タイトルのうち、欧州各国語のみは28、中韓も付いているのは17。これほどの作品で漢字やハングルの字幕は選べるのに日本語はない。
これは我慢できる差ではないでしょう。

ただ、事態は年々改善されています。
翌2016年は総数75タイトルのうち、日本語字幕入りは33(44%)、中韓があって日本語がないのは7。
2017年は総数65、日本語字幕は48(74%)、中韓のみとの差は3にまで縮まりました。
昨2018年も総数61タイトルのうち、日本語字幕は44(72%)に入っており、中韓はあるのに日本語がないものはやはり3タイトルでした。

ここは日本語字幕100%を目指して世論を盛り上げたいものです。
作品をよく知っているとしても、また、語学に堪能であったとしても、母国語の字幕で確認できることは、オペラの理解度を大きく引き上げるからです(作品によっては、字幕の文句で泣いてしまうこともあるのです、ほんとの話)。

作品による偏りもあるようです。わたしの愛するドイツ=オーストリア系のオペラは日本語字幕なしが多い、と見えるのは、決してヒガ目のせいではないと思います。
個人的には、これを優先的になんとかしてほしい。

話をもう少し広げますと、
音声のみのCDソフトの日本語対訳も減っています。
オペラの国内盤制作は総数がめっきり減りました。再発売もので対訳がついていないケースも増えました。
「読むオペラ」などと称して、対訳本が出版されてもいますが、ソフトに加えて書籍までもとなると、一般の愛好家には負担が大きい。
重宝するのは、無料対訳ページ「オペラ対訳プロジェクト」でしょうか。
https://www31.atwiki.jp/oper/
一般的な作品はかなり網羅されています。
時間ができたら、一般的でないドイツものオペラ(ツェムリンスキーなど)の対訳に挑戦し、このページに投稿する、というのがわたしの「でっかい夢」です。

いつか技術が進歩したら、映像に合わせて投稿字幕が流れるようなネット放送もできるかもしれません。
そのためには、愛好家がもっと増えなえればならない、となると結局、「鶏が先か、卵が先か」という話になってしまいますが。


写真は所有映像ソフトのうち、中韓はあるのに日本語字幕のないものの一部

買い負け


世界が魚介類の魅力に開眼して水産物の争奪戦となり、日本の買い付け能力が追い付かなくなる。
この「買い負け」と呼ばれる現象が注目されだして、もう10数年になります。



同じようなことが文化の面でも起こっているのではないか。



そんなことを感じさせる動きがあります。




公益財団法人日本舞台芸術振興会(NBS、東京)が企業に呼び掛けている<オペラ・フェスティバル>賛助会員入会勧誘です。

欧州の有名歌劇場のソリスト、オーケストラ、合唱団、バレエ団を、舞台装置などとともにそっくり招いて日本のファンに楽しんでもらう「引っ越し公演」。<オペラ・フェスティバル>(NBSと日経新聞主催)では、1996年以来、ウィーン国立歌劇場や英国ロイヤル・オペラ、ミラノ・スカラ座など、世界の一流どころの引っ越し公演を、間を空けず定期的に開いてきました。
招かれる側も、東京の市場の大きさ、観客聴衆の質の高さを高く評価しています。日本びいきのアーティストを数え上げればきりがないほどです。

DSC_0123-2


もちろん、NBS以外の招聘会社が開く引っ越し公演もありますが、巨額の費用がかかるこうした催しをここまで頻繁に開けるのはNBSならでは、といっていいでしょう。


その様相が変わってきた、というのです。


「法人賛助会 ご入会のお願い」には、以下のようなことが書かれています。

近年、アジアの近隣諸国でも次々に立派なオペラハウスが建ち、国を挙げて引っ越し公演に取り組む例が増えていること。
欧州のオペラ団体は国立や州立などの公的機関であり、引っ越し公演を国際文化交流事業と位置付けていること。
こうした中では、「先進国」の招聘団体として中心を担ってきたNBSといえどもお株を奪われかねないこと。

これは単にNBSの経営問題にはとどまらない問題を含んでいるでしょう。一部のオペラファンの不便というだけの問題でもないですし、大型公演の周辺で成り立つサービス産業だけの問題でもないでしょう。

あまり「競争」を強調したくはありませんが、
東京や大阪など主要都市が、そうした団体の公演をしばしば開催する文化度の高い都市であることは、都市として世界に伍していくために不可欠でしょう。
また国民・市民が海外の一流文化に触れておくことは、国際化するビジネスでも日本のパワーを後押しするに違いない。
この先、優秀な海外人材にもっと幅広く日本で働いてもらおうというのであれば、その環境整備としても、文化をないがしろにはできません。


おいしい魚介類が食べられなくなる「買い負け」も困りますが、これも同じ程度に深刻な事態だ、とは言えないでしょうか。


NBSや招聘団体は、国がもっと文化に力を入れてくれるよう、要請活動を行うとともに、この「お願い」では、民間企業の後押しを必死に訴えているのです。

札幌文化芸術劇場(hitaru)を活用していかなければならない札幌にとっても、一緒に考えていかなければならない問題ではないでしょうか。


写真はNBSが招聘した世界の一流オペラ「引っ越し公演」のプログラム

襲名

ブログ 団十郎


歌舞伎の市川海老蔵さんが、市川団十郎襲名を発表しました(2019年1月14日)。
歌舞伎界の大ニュースです。


歌舞伎界では2017年、二代目松本白鸚を松本幸四郎さんが、十代目松本幸四郎を市川染五郎さんが、八代目市川染五郎を松本金太郎さんが襲名する「高麗屋三代襲名記念」が話題になりました。
このうち、白鸚さんと幸四郎さんの襲名披露は札幌でもこの夏、見られます(7月6日札幌市教育文化会館。チケットの前売りは3月開始の予定)。
ファンのみなさんには、楽しみにお待ちいただきたいと思います。



そんななかで発表された団十郎襲名は、特別の意味があります。何と言っても市川団十郎こそは歌舞伎役者を代表する最大の名跡だからです。
ためしに広辞苑など大きな国語辞典で「襲名」を引いてみてください。例文に出てくるのは例外なく「団十郎を襲名する」。ほかの役者の名前ではありません。


海老蔵さんはことし3月の「六本木歌舞伎」(21日から24日札幌のわくわくホリデーホール、完売)にも登場します。
登場したただけで舞台の空気を一変させてしまう、まさに「千両役者」が、いよいよ名実ともに日本の歌舞伎界を引っ張っていく時代になります。


来年5月の襲名後、披露の地方公演は2011年にかけて行われるでしょう。北海道でもぜひ実現させたい。


話は変わりますが、ことし第一回の道新寄席「桂米團治独演会」が1月12日に開かれましたが、これは米團治さんの還暦祝い、芸歴40年とともに「米團治襲名10周年」(それまでの芸名は小米朝でした)を銘打ったものでした。
2回の公演を、多くのお客様が堪能しました。


さて、なぜ名跡を継ぐことを「襲名」というのか。
「襲」の字は、「襲撃」や「急襲」など、なにやら血なまぐさいイメージがついて回ります。
「承名」や「継名」の方が平和的でいいのではないか、なんて思ってしまいます。


そこで「襲」の字を調べてみると「衣」は文字通り衣、「龍」は「シュウ」と読む難漢字の略字だそうで、衣服の重ね合わせの意味。そもそもは争いごとと結びついた字ではないのですね。
漢和辞典でも、第1の意味は「つぐ。うけつぐ」であり、「不意に攻める」はずっと順位の低い意味だとわかりました。

「世襲」「因襲」などの言葉を思い出せば納得がいきます。

歌舞伎でも、落語でも、はたまた相撲の力士や行司でも同じですが―、
大きな名前を後の人が継ぐことで、その人がいっそう精進して立派な存在になっていく。
ファンは先代、先々代などと比べながらその人の成長を見守っていく。
「襲名」は、なかなか味わい深い仕組みだと思います。


欧米にも名を継ぐことはありますが、「Jr =ジュニア」や「〇世」を名前と一体で呼ぶのが普通です。古い名前が新しく生まれ変わるニュアンスは薄いのではないでしょうか。



写真は団十郎襲名の記者会見を報じる道新スポーツ。団十郎の存在の大きさがわかる扱いでした

ギャラリー
  • 続続・寂しい知らせ
  • ヘンなCD
  • 寂しい知らせ
  • 彩りの祭典
  • 買い負け・のようなもの
  • 買い負け
  • 襲名
  • 原作…追加(渋々)
  • 原作は?