自然を愛し、慈しんだ聖人

2020年が幕を開けました。



15年以上も前の話になりますが、家族でイタリアを旅行した際、フィレンツェから南下し、アッシジで年を越したことがありました。大晦日は雪が降り続き、石畳の旧市街はすっかり冬景色となりました。ところが翌日、元旦の朝、サン・フランチェスコ大聖堂を望む高台に上ると、どうしたことでしょう! 東の地平線から朝日が昇ると、広大なウンブリア平野を覆っていた雪はみるみる融け出し、あっという間に黄土色の大地へと戻っていったのです。


その光景が脳裏に蘇るたびに、アッシジは聖人フランチェスコの眠る特別な大地なのだと不思議な思いに駆られるのです。


初日の出

写真1(アッシジのサン・フランチェスコ大聖堂の眼下に広がるウンブリア平野)



清貧で無垢、貧しい民衆の中に身を置き、生ある者を慈しんだフランチェスコは、カトリック教徒から「キリストに最も近い」と称えられている聖人です。それだけに、人気が高く、しばしば文学や映画の題材になってきました。



年末年始の休みを使って、フランチェスコを取り上げた2本のイタリア映画を自宅で見ました。「ブラザー・サン シスター・ムーン」(日本公開1973年)と「神の道化師、フランチェスコ」(同1991年)。少し古い映画ですが、いずれもフランチェスコの半生を描いた名画です。



なかでも、「神の道化師」は巨匠ロベルト・ロッセリーニの作品で、フランチェスコ役をはじめ、周囲を取り巻く「11人の小さき兄弟」を演じているのは、何と、全員がアッシジとウンブリア地方のフランシスコ会の修道士なのです!



サンフランチェスコ

写真2(「神の道化師」でフランチェスコ役を演じたナザリオ・ジェラルディ)


映画はフランチェスコが神の奉仕者となった1210年から1218年ごろまでの出来事を10のエピソードで綴っていますが、もっとも感動を呼ぶのはエンディング、つまり11番目のエピソードです。



アッシジの丘の上で、フランチェスコは11人の仲間たちに対し「ぐるぐるまわれ」と声を掛けます。目が回って倒れた方角こそが自らの行き先と定め、それぞれが布教の旅に出ていきます。その美しく感動的なラストシーンの映像は観る者の心を捉えてやみません。


興味のある方はぜひ、DVDでご覧になってもらいたいと思います。




さて、わたしたちはいま、イタリア中部の聖地アッシジの最大の見どころであるフランチェスコ大聖堂を目指して起伏のある坂道を上っています。

すでにお話しした通り、アッシジのまちは丘陵の中腹の細長い台地の上に、東西に広がる形で開けており、ちょうど西側の端に聖堂が鎮座しています。



大聖堂は、清貧を説いたフランチェスコにふさわしい、清楚な姿を象徴するゴチック様式で建てられています。


2層構造の大聖堂

写真3(聖堂は2層式。下層にフランチェスコの墓、上層にジョットの絵が飾られています)



フランチェスコが44歳で亡くなった2年後の1228年に建設が始まり、工期はわずか30年で完成しました。2層式の壮大な建物は、下部にフランチェスコの遺体を葬る墓所があります。そして、上部にはイタリアの巨匠ジョットとその弟子たちが描いた「聖フランチェスコの生涯」と題する28枚のフレスコ画が壁面を飾っています。まさに圧巻です。



父親と決別する場面から始まり、身にまとった衣を脱ぎ捨て、聖痕を受け、やがて臨終を迎えたフランチェスコの葬儀の場面まで、短い人生の28景が鮮やかに描かれているのです。


中でも特に有名なのが「小鳥に説教するフランチェスコ」です。


小鳥説教

写真4(ジョットの傑作とされる「小鳥を説教するフランチェスコ」)



大聖堂は上部から内部に入る構造になっています。参拝者はまず正面入口を入ってすぐ、ジョットの絵と対面する形になります。そして、右上の壁に描かれているのが、「小鳥を説教するフランチェスコ」です。



フランチェスコは両手を広げて鳥たちに語り掛け、鳥たちはじっと耳を傾けています。その様がほほえましく、自然を愛した聖人の人柄をしのび、思わず足を止めて見入ってしまう一作です。

愛されるより、愛すること

イタリアを旅行するならどこを訪れてみたいですか。



首都ローマ、水の都ベニス、ファッションのまちミラノ、港町ナポリ、ルネッサンス発祥のフィレンツェ。ここまできて、次の都市はどうでしょう。


ヨーロッパ最古の大学都市ボローニャ、冬季五輪を開催したトリノ、ロメオとジュリエットの舞台ヴェローナ、南に目を向けると古代都市ポンペイ、美しい海岸線が広がるアマルフィ、映画ゴッドファーザーのロケ地パレルモ(シチリア島)…。




イタリアには何と魅力的な都市が散らばっているのでしょう。キラキラ輝いていますね。




では、アッシジはどうですか。イタリアを旅した人に、どこに行ってきましたかと尋ねて、「アッシジ」と聞いたことはあまりないのはちょっと残念です。きょうの旅の目的地はそのアッシジです。



ウンブリア州ペルージャ県にあるアッシジは、人口2万8000人。カトリックの信者にとっては、ローマのバチカンと並ぶ聖地のひとつです。一生に一度は訪れたい巡礼地、そう、イスラム教で言えばメッカのような存在といったら分かりやすいでしょうか。


聖地アッシジ
写真1(アッシジはイタリア中部にあり、丘陵の中腹に広がっています)



地図を開いてみましょう。長靴の形をしたイタリア半島のほぼ中心部、フィレンツェとローマの両都市からそれぞれ約130キロの位置に息づいています。



Inkedイタリア地図
写真2(アッシジの場所を確認してください。素通りすることが多いかもしれません)




ローマ教皇フランシスコの来日を機に思い着いた今回の思索の旅。約13憶人の信者を持つカトリック教会の頂点に立つ教皇は、2013年に即位した際、自らの名前をアッシジの聖人「フランチェスコ」に求めたと、前回紹介しました。

アメリカ西海岸の都市「サンフランシスコ」の語源であることにも触れましたね。



アッシジはフランチェスコの名を冠した聖堂と関連教会を含め「アッシジ・フランチェスコ聖堂と関連修道施設群」として2000年、世界遺産に登録されました。



まちは丘陵の中腹の細長い台地の上に、東西に広がる形で開けており、ちょうど西側の端にフランチェスコ聖堂が鎮座しています。壮麗なゴチック建築を前に聖人と向き合い、自らの信仰のあり方をあらためて問い直す場であり続けてきたのです。





まずは、フランチェスコとはどんな人物だったのか。簡単に振り返っておきましょう。





その生誕には所説ありますが、1181年か82年。日本でいうと平安時代の末期に当たります。源平合戦で平家が滅び、鎌倉幕府が誕生する、ちょうどそのころ。ヨーロッパでは「中世盛期」と位置づけられる時代です。


フランチェスコは、「アッシジに生まれた清貧の聖人」と言われていますが、実は、豪商の家に生まれ、幼少期は何ひとつ不自由のない生活を送っていました。ラテン語を学び、フランス語を習得し、当時としてはごく一握りの恵まれた家庭に育ったのです。


こんなセレブの生活をなぜ捨てたのでしょうか。それは、フランチェスコが神の啓示を聞いたからにほかなりません。アッシジ郊外の聖堂で祈りを捧げていた時、目の前にある磔のキリスト像から「私の家を建て直しなさい」との声を聞いたといいます。身にまとった衣服を脱ぎ棄て、聖言に従って生きていく決意をしたのは20歳のころでした。


「私の家」=「教会」の修復と祈りに身を捧げる献身的な姿に、志をともにする弟子が次々と集まります。12人の使徒で「小さき兄弟会」を発足させたのは1210年。兄弟会の名前はいまなお、カトリックの主要宗派であるフランシスコ会の正式名称として使われています。


アッシジクリスマス
写真3(年末を迎えた聖地アッシジ。まちの中心コムーネ広場の賑わいが想像できます)


44歳の短い生涯を閉じるまで、フランチェスコは多くの言葉を残しました。人生は決して受け身であってはならない。自ら行動を起こし能動的に生きる。「愛されるより、愛すること」というシンプルな言葉にこそ、その生き方が凝縮されているかもしれません。


大聖堂はアッシジの旧市街を東西に貫くサン・フランチェスコ通りの突き当りにあります。巡礼者とともに丘の坂道を登っていきましょう。


まもなく訪れる2020年が素晴らしい1年であることを、ともに願いながら!

貧者に寄り添い清貧であれ

2019年が暮れていきます。平成から令和へ。元号が新しくなる中、あっという間の1年だったようであり、それなりに長い時の流れであったようでもあり…。

みなさんはいかがでしたか。


今年も実に多くのニュースが駆け抜けました。そんな中で、どんな出来事に思いを寄せ、どのような映像や言葉が記憶に残りましたか。


私にとっては、まだ先日のことではありますが、11月下旬のローマ教皇フランシスコの訪日が、鮮明に脳裏に焼き付いています。タイのバンコクから羽田空港に到着し、風雨の中、タラップを降りた日のことがきのうのように思い出されるのです。



カトリック信者ではありまんが、4日間の日本滞在中、長崎、広島、東京で発せられたさまざまなメッセージに心が大きく揺さぶられたからです。




フランシスコ長崎

写真1(長崎の爆心地公園で市民と交流するローマ教皇フランシスコ) 



教皇の訪日は1981年のヨハネ・パウロ2世以来、38年ぶり2度目のことでした。

フランシスコは、格差と貧困、環境破壊など幅広い分野で積極的に発言してきたことでも知られていますが、今回の訪日で発せられたメッセージは、宗教の枠を超えて真剣に耳を傾けるべき「珠玉の言葉」に満ちていたといっても言い過ぎではないでしょう。



最大の目的は、世界唯一の被爆国である日本から、核兵器廃絶のメッセージを世界に向けて発信することにあったのは言うまでもありません。



長崎の爆心地公園と広島の平和記念公園で行われた演説で、教皇は繰り返し訴えました。「核兵器は、今日の国際社会や国家の安全保障に対する脅威から私たちを守ってくれるものではありません。そう心に刻んでほしい」(長崎)「戦争のために原子力を使用することは、現代において、犯罪以外の何ものでもありません。人類とその尊厳に反するだけでなく、私たちの未来におけるあらゆる可能性に反します」(広島)



その訴えは、核保有に対する非難と核抑止論の否定―のふたつに要約され、内容は極めて踏み込んだものでした。




では、翻って日本はどうでしょうか。




わが国は米国の「核の傘」に頼っています。これを理由に、政府は米国と歩調を合わせ、国連の核兵器禁止条約の批准について、拒否する姿勢を崩していません。唯一の被爆国である日本こそが条約を批准して核廃絶の先頭に立ってほしい。いや、立つべきだ。教皇のメッセージには、政府に方針転換を促す狙いもあったとみていいでしょう。


「核兵器のない世界は実現可能であり、必要不可欠です」。このメッセージに対し、日本は「核兵器禁止条約は非現実的で夢想家の夢」と門前払いの主張を変えません。いくら「核保有国と非核保有国の橋渡しに努める」と言い募ってみても、説得力を持たないどころか、国際社会の支持を得られない。私はこう思います。


いつまで米国の顔色をうかがって、追随外交を続けていくのでしょう。唯一の被爆国が泣いています。世界が落胆しています。


フランシスコは東日本大震災の被災者や福島第1原発事故の避難者との対話集会に出席し、東京ドームでミサを行い、出身母体であるイエズス会が設立した上智大学で学生と交流するなどして日本を離れました。ローマに戻る特別機の中では、原発について「利用すべきでない」との見解も表明しました。



教皇上智

写真2(上智大学で学生と交流した教皇。貧者に寄り添い清貧であれと説きました)



「歴史に残る業績の多くは、実現できると信じる理想主義者の熱意と努力のたまものである」。私はこの言葉を信じ、支持します。


サンフランチェスコ聖堂

写真3(アッシジのサン・フランチェスコ聖堂。カトリックの聖地です)



世界に約13憶人の信者を持つカトリック教会の頂点に立つ教皇は2013年に就任しました。名前の由来はイタリア中部アッシジに生まれた清貧の聖人「サン・フランチェスコ」に求めたのです。アメリカ西海岸の都市「サンフランシスコ」の語源ともなったアッシジの聖人です。


その生誕地は、首都ローマとルネサンス発祥のフィレンツェのちょうど中間に位置し、世界遺産に登録されています。教皇をめぐる思索の旅に出てみましょう。

ギャラリー
  • ハポンさんが映す光と影
  • ハポンさんが映す光と影
  • ハポンさんが映す光と影
  • ハポンさんが映す光と影
  • 沈黙が意味する悲運の使命
  • 沈黙が意味する悲運の使命
  • 沈黙が意味する悲運の使命
  • 沈黙が意味する悲運の使命
  • 世界は激動し殺気立っていた