アンコール

演奏会でのアンコールは、聴き手の楽しみのひとつです。拍手をしながら、曲目を予想して待つ人は多いのではないでしょうか。


先日、札幌コンサートホールkitaraで開かれたトヨタマスタープレイヤーズ・ウィーンは、ベートーベンやモーツァルトなど王道のプログラムのあと、J.シュトラウス2世のワルツ「美しく青きドナウ」で締めました。定番中の定番の名演に、聴衆のみなさんはすっかり満足のご様子でした。


ただ、アンコールの選曲は誰にとってもこんな幸福なものであるとは限らないようです。同じクラシックの世界ですが、ロシア(旧ソ連)出身のピアニスト、ヴァレリー・アファナシエフの言葉が面白い。彼は極端に遅いテンポで弾いたり、小説を発表したりと、奇才ぶりで知られる巨匠のひとりですが、「ピアニストは語る」(講談社現代新書)でこう語っているのです。




「6曲も7曲もアンコールを弾いてブラボーを浴びる。聴衆はメーン・プログラムのことはすっかり忘れてしまう。そんなことには耐えられない」(文章は引用者が一部加工しています)




リサイタルのアンコールは派手な曲であることが多いのは確かです。彼の解決策は、アンコールを拒否するか、小品ではなく別のソナタ(大曲)を全曲弾くか、だと言います。「ソナタ全曲なら、プログラムにもう1曲付け加えるだけですから」。
 
これには賛否ありそうです。20分以上にも及ぶソナタ全楽章を用意しているのなら、初めからプログラムで予告した方が、聴く側も心構えができていいのでは、と私なら思いますが。


ポピュラー系では、延々と拍手をさせておいて、みごとに着替えをして登場する例もあります。アンコールも含めた舞台設計かもしれませんが、あまのじゃくの私は、ちょっとやりすぎでは、と思ってしまいます。
 

昨年のスタイリスティックスの公演(ZEPP札幌)が思い出されます。「これでもうおしまい」とばかり退場したメンバーが、拍手がやまないためにハプニングであるかのように着替えの途中のいでたちで戻ってきて歌ってくれたのでした。
出演者への親しみや「お得感」を感じました。これが演出だとしたら、心にくいばかりです。

IMG_2218

※写真はイメージです。

書道を広める

小学1年生用の教材「にちようびのさんぽみち」で、パン屋が和菓子屋に書き換えられたという「郷土愛騒動」には、あきれた人も多かったことでしょう。
書き換えの主体は、批判されている文部科学省ではなく同省の意向を忖度(そんたく)した教科書会社のようですが、ことほどさようにお役所の意向は民間を縛り、国民生活に影響を与えます。

同じ文科省で、全国の書道関係者の期待を集めている施策があります。小中学校国語科の書写の拡充と、今後予定される高校書道への「延伸」です。小さいうちから毛筆に親しむことは、書道の普及促進に欠かせないからです。


期待は道内の書道界も同様です。


道新文化事業社が事務局をつとめている北海道書道展(以下、道展と記します)は、58回目となる今年の展覧会の大賞、準大賞、入選作品が決まりました。5日の朝刊で紹介しています。


実は道内の書道界も高齢化が進み、道展の出品数も少しずつ減しています。担当者には知恵の絞りどころです。幸い、若い層に関しては出品料を引き下げた効果が現れてきました。
書道は芸道としても魅力の高いものですが、そこまで究めなくても、日常や社会生活のいろんな場面で役に立ちます。今回、道展に挑戦した若者たちには、それぞれの道で筆を持ち続けてほしいと願わずにはいられません。


さて、北海道が書道王国と言われていることは、関係者以外にはあまり知られていないかもしれません。その基礎をつくったのは松前町出身の故・金子鴎亭氏(1906~2001)ですが、現在大きな影響力をもっているのは札幌市在住の中野北溟氏(北海道文化賞など受賞多数、1923~)です。
文科省の話に戻りますが、高校教科書「書道I」で、全4社に採用されている唯一の現存作家でもあります。道民として誇っていいことだと思います。


4月26日から開かれる第58回展覧会もぜひご覧いただきたい。作品は道新プレイガイドのホームページから入れる書道展受賞者発表のページでも近く紹介する予定です。


書道展

写真は書道展の入賞・入選者を伝える4月5日の道新朝刊

ネットの魔力

自分がネット空間に文章を公開しておいて言うのもおかしいのですが、昨日(2017年4月3日)の朝日新聞朝刊国際面に、いいコラムが載りました。


「ネット中毒/スマホ規制 あなたを取り戻す」、ニューヨークタイムズのロス・ドゥザット氏が書いたものです。朝日が各国のメディアの記事を紹介する「コラムニストの眼」という欄です。全文を読んでいただきたいところですが、朝日の無料ページにはアップされていませんでした。惜しい!


書きだしから挑発的です。「あなたは、インターネットのしもべだ」と断言するのです。メールやフェイスブックなどのSNSに、年配者も次々と「支配されている」と。

氏はスマホの中毒性に危機感を持ち、家族や友人、食事、芸術などの「昔ながらの恵みを、常に気が散っている状態で感じざるを得なくなる」と問題点を指摘します。思い当たる人は多いのではないでしょうか。



イベントを売るわたしたちから見れば、スマホやSNSは頼りになる情報発信ツールです。一方、小刻みで手っ取り早い情報にばかり慣れた人々は、手間のかかる公演に出向かなくならないかと心配になります。車メーカーのトヨタは早くからそれに気づいていました。



朝日転載のコラムは、企業が会議中のメールチェックを厳しく牽制するなど、規制運動を提唱します。小学校からパソコンを排除する将来像も描きます。「児童には、研究でインターネットが必要になるまで本で学習させよう」というのです。


スマホには単なる個人の持ち物にとどまりません。独裁者を倒したり、独裁的指導者誕生にも力を発揮しました。性善説のみでは済まないかもしれません。


繰り返します。家族や友人、食事、芸術などの「昔ながらの恵み」を大切にしたい。道新文化事業社はそれに役立つ会社でありたいし、スマホも、そのための道具であってほしい。

ギャラリー
  • まつりとカラス
  • おっちゃん
  • 器(うつわ)
  • 器(うつわ)
  • 直接と間接
  • ドッカンドッカン
  • アンコール
  • 書道を広める
  • 続・続ジャケ買い(またはジャケ美術館・その2)