怪僧と呼ばれたメルメ神父

メルメ・カション。多くの人はこの神父の名前を初めて耳にすることでしょう。
彼こそが、蠣崎波響の名画「夷酋列像」を松前からフランス東部のブザンソンに運び去ったのでは…。わたしが勝手に目を着けている人物です。


メルメ神父は1859年から4年間、幕末の箱館に滞在しました。実にナゾの多い人物ですが、まずは、ざっと、その経歴をたどってみる必要があります。波乱万丈とは月並みな表現です。野心あふれる語学の天才、すばしっこくて神出鬼没。まるで怪盗ルパンのよう…。こんな人物を思い描きながら見てみましょう。


メルメカション
写真1(メルメ神父の貴重な写真です。来日前のパリで撮影されたものです)


神父は1828年、フランス東部ブザンソン郊外の小さな村レ・ブーシュウに生まれました。ブザンソン郊外です! これについては、のちほどお話ししましょう。1852年、24歳でパリに出て、宣教師を養成する外国宣教会神学校の門を叩きます。その2年後、司祭(神父)に。新たな人生の幕開けでした。


パリ宣教会本部
写真2(パリ7区バック通り128番地にある外国宣教会。メルメ神父もここで学びました)

みなさん宣教師というとだれを想像しますか。1549年、日本にキリスト教を初めて伝えたフランシスコ・ザビエルでしょうか。ザビエルはスペイン人ですが、パリで仲間とともにイエズス会を設立し宣教師となります。時代が変わっても、その役割は同じ。カトリック信者の獲得、拡大こそが天命です。地球の果てまでイッテQ…とばかり、どんな苦難も乗り越えて、前へと突き進む。これこそ宣教師です!

1850年代の日本を想像してみてください。徳川幕府の衰えを見透かすかのように、開国を求める海外の圧力が一気に強まります。1853年のペリー来航、翌年の日米和親条約締結。下田と箱館が開港されたことで、1639年から200年以上も続いた鎖国政策は崩壊します。イギリス、フランス、ロシア、オランダ…。欧州列強との間で日本にとって極めて不利な不平等な条約が次々と締結されていきました。

メルメ神父がフランス商船リヨン号に乗り込んで当時の琉球王国に着いたのは1855年。まだ日仏間に修好通商条約は結ばれていませんが、日本はすでに鎖国のたがが外れ、外国勢力の草刈り場と化します。キリスト教の流入も阻止できぬほどに弱体化していたのです。

神父は琉球滞在中に日本語を完璧にマスターしました。すごい語学能力です。1858年に日仏修好通商条約が締結された際は、フランス政府の公式通訳に採用され、調印の現場に立ち会います。幕府の外国奉行だった水野忠徳をして、あまりに流暢な日本語に「これほど驚いたことはない」と語らせるほどの、見事な日本語使いだったのです!

そして、いよいよ北海道との出会いが訪れます。1859年、“本業”の宣教師として箱館へ。現在の函館西部地区の一角に土地を購入して教会を建てます。これが現在のカトリック元町教会で、その初代神父に就任しました。箱館にはその後、4年間滞在しますが、布教の傍ら、フランス語の語学学校を開校。病院建設も計画したといわれます。


カトリック元町教会
写真3(函館西部地区にあるカトリック元町教会。メルメ神父によって建立されました)

得意の語学力を生かして「英仏和辞典」や「宣教師用会話集」を編纂したほか、アイヌ民族への特別の関心から「アイヌ語小辞典」の編集も試みました。まさに「異才」(マルチ・タレント)の持ち主だったのです。

北海道で暮らした4年間。アイヌ文化に親しんだ神父は、松前藩との関係も深めたとされます。もし「夷酋列像」の存在を知ったなら……。当時、彼が残した書簡の中に「大変に貴重なものを頂きました」といった記述が見受けられます。「大変貴重なもの」とは一体何を指すのでしょう。貴重なものは誰から頂いたのでしょう。これも判然としませんが、「貴重なもの」を「夷酋列像」に置き換えてみて、松前藩の秘宝である「列像」を、素性の怪しい外国人宣教師に手渡すことなどありうるのか? 常識的にいえば「否」です。

神父は1863年、突然、箱館を離れて上京します。語学力を売り物に“就活”に励み、手に入れたのが、初代駐日フランス公使の通訳のポスト! 江戸駒込の寺の娘(メリンスお梶)と同棲していたとの記録も残ります。しかも、これで終わらないのが“怪僧”の異名を取る聖職者! 舞台は1867年にパリで開催された万国博覧会。日本は将軍の名代として徳川昭武を送り込みますが、パリの万博会場でナポレオン3世と昭武の日仏会談の場に、同時通訳として居合わせたのが…そう、メルメ神父だったのです。


パリ万博
写真4(パリ万博に列席した徳川昭武=左から2人目=。メルメ神父が通訳を務めました)


パリ万博を最後に消息は途絶えます。神父の職を捨て、1889年に南仏ニースで死んだらしい…と。幕末の日本とフランスを股にかけて駆け抜けた、あっぱれな人生でした!

波響とスタンダールを結ぶ糸

1週間ほどの年末年始の休暇をみなさんはどのように過ごされましたか。静かに穏やかに。コロナウィルスの感染拡大が収まらず、日常生活の「行動変容」を迫られているわたしたちにとって、かつて経験したことのない、重苦しい年の幕開けとなりました。


もし、「コロナの恵み」があるとすれば…。読書の時間が増え、知的な思索を楽しむ喜びに触れられたことかもしれません。


わたしは、書棚からかつて読んだフランスの小説家スタンダールの名作「赤と黒」(小林正訳、新潮文庫)を取り出し通読しました。以前にお話しした通り、スタンダールはフランス東部、スイス国境に近いブザンソンの出身です。「赤と黒」の舞台にこのまちを選んだのは、作家の生まれ故郷に寄せる思いがあったからでしょう。



スタンダール
写真1(スタンダールはペンネームで、本名はマリ・アンリ・ベール。1783~1842年)

わたしが、この作品の再読を思い立った理由は? 松前藩家老・蠣崎波響が描いたアイヌ長老の肖像画の連作「夷酋列像」が海を渡り、1万㌔も離れたここ、ブザンソンの美術館で見つかったから。ブザンソンという都市には、他のフランスのまちとは異なる、不思議な思いが沸き起こるからにほかなりません。



ブザンソン
写真2(美しいまち並みで知られるブザンソン。中世から繁栄を続けてきました)



スタンダールはこう書きます。

「ブザンソンは単にフランスでもいちばん美しい都会の一つであるばかりでなく、勇気のある人間や、才知のある人間がたくさんいる」


これは主人公のジュリアン・ソレルが、ブザンソンを初めて訪れたくだりです。



赤と黒
写真3(「赤と黒」はスタンダールの代表作。生まれ故郷のブザンソンが舞台です)


19世紀初頭のブザンソンは、かつてない繁栄を謳歌し、フランス東部、スイス国境に近い地方の中心として文化的にも爛熟期を迎えていました。波響が描いた幻の「夷酋列像」が、「赤と黒」の舞台であるブザンソンへ運ばれてきたのは、いつのことだったのか。誰が、どのような方法で。


夷酋列像の話を始めてはや10回目となります。波響の名画「夷酋列像」全12枚のうち11枚がブザンソン美術館で発見されたのはいまから37年前の1984年のこと。さまざまな調査の結果、波響唯一の原画であることが確認されたものの、この作品がなぜブザンソンにあるのか。最大のナゾはいまだに解明さていないのです。


そこで、わたしは前回と前々回、その謎解きとして、旧幕府軍とともに箱館戦争を戦ったフランス人ジュール・ブリュネが略奪に関与したのではないかと書きました。しかし、その推理もブリュネの孫への取材で消え失せた…。ここまでが前回の展開でした。では、疑わしきは誰なのか。さらなる推理を繰り広げてみましょう。


「第2部」に入る前に…冒頭、わたしはスタンダールの「赤と黒」を正月休みに読んだことを紹介しましたが、この本を再読しながら、スタンダールと蠣崎波響に不思議な縁を感じたことを記しておきます。「赤と黒」は王政復古という、ナポレオン失脚後の反動的な時代を背景にした政治小説です。1842年に59歳で世を去ったスタンダールは、フランス革命にはじまり、王政、帝政が繰り返された極めて不安定な19世紀フランスの証言者の一人でした。


一方、蠣崎波響はスタンダールとほぼ同時代、日本の最北端で生きました。武士として、画家として、政治家として。徳川幕府の長期政権に陰りが生じ、鎖国を解く海外諸国の動きが強まる中、歴史に消えた「蝦夷地の輝かしい時代」を絵画の世界に定着させ、後世に残したのです。このストーリーの中でも触れた「蝦夷錦」のまばゆい美しさを記録にとどめたのがまさに波響でした。


蝦夷地の画家とフランスの文豪。2人が不思議な糸で結ばれる運命にあったとしたら…これも歴史の偶然であり、必然だったのでしょうか。


先を急ぎましょう。ジュール・ブリュネに続いて、わたしの脳裏に「夷酋列像」の略奪者として浮かんだのは…。1859年から4年間、幕末の箱館に滞在した当時30代前半のフランス人神父です。名前をメルメ・カションといいます。


メルメカション
写真4(幕末に来日した神父メルメ・カションです。悪徳商人の役割を果たしたとの評判も)


この神父はどんな人物だったのでしょう。なぜ、カションが怪しいのでしょうか。次回、お話したいと思います。

ベルフォールとブザンソン

「夷酋列像」の略奪に箱館戦争を戦ったフランス人ジュール・ブリュネが深く関与した。こんな“夢物語”を前回、披露しました。


そんなわたしにとって、その夢に迫る「決定的なチャンス」が巡ってきました! 1996年夏。パリ滞在中だったわたしは、ブリュネの子孫を取材する機会に恵まれたのです。偶然とは恐ろしいもの。取材先は、当時わたしが住んでいたアパルトマンからわずか200メートルほど、徒歩2~3分の距離にあったのですから。


テオフィルゴティエ通り
写真1(ブリュネの孫が住むパリ16区テオフィル・ゴーティエ街。豪壮な建物が並びます)


ことの経緯はこうです。歴史を誇る港町・函館は、国際交流が盛んですが、なかでも箱館戦争に従軍したブリュネの縁もあり、フランスとはさまざまな分野で交流が続いています。函館日仏協会の代表者がパリを訪問するのに合わせ、ブリュネの子孫に面会するので取材してもらえないか。こんな依頼が舞い込んだのです。


かねてブリュネが夷酋列像の略奪に関わったのではないかと疑惑の目を向けていたわたしは、この面会を利用して、夷酋列像の秘話が「ブリュネ家」に密かに語り継がれていないか、確かめたい。こんな“下心”を持って取材に臨みました。


箱館・ブリュネ
写真2(箱館で撮影された旧幕府軍の貴重な写真。前列左から2人目がブリュネです)


パリの市街地は、渦巻き状に1区から20区に分けられます。この中で、16区が最も高級な地区と言われています。札幌でいえば円山・宮の森あたりでしょうか。ただ、建物の重厚感や歴史の重み、街並みの趣は比較の対象にもなりません! ブリュネの子孫が暮らすアパルトマンはテオフィル・ゴーティエ(Théophile Gautier)という19世紀の著名な小説家・劇作家の名前を冠した通りの24番地にありました。

ここには、ブリュネの孫にあたるカトリーヌ・ブリュネさん(当時87歳)と2人の息子さん(エルベさんとエリックさん)が同居していました。シャンデリアの輝く居間には、15代将軍・徳川慶喜から拝領したという見事な日本刀が飾られ、書道の掛け軸や花瓶、扇子などジャポニスムの粋の数々が。その光景が脳裏に焼き付いています。


ひと通り取材を終えたわたしは、「ブリュネの血縁に会うまたとないチャンス」とばかり、ブザンソンで見つかった蠣崎波響の幻の絵画(夷酋列像)に話を向けました。「おじいさんは生前、この夷酋列像について何か語っていたことはありませんか」「ブリュネ家にこの絵にまつわる話が語り継がれていませんか」。こんな質問を継いだのです。

カトリーヌさんの答えはよく覚えています。「ブザンソンで北海道の有名な絵が見つかったと聞いた時は本当に驚きました。なにしろ、ブザンソンは祖父(ジュール・ブリュネ)が生まれ育ったベルフォールに近く、祖父と行動を共にした下士官の中にもブザンソンやこの地方出身の人がいたと聞いていますから。これも何かの不思議な縁でしょう」…。


ベルフォール
写真3(ブリュネの生まれ故郷はブザンソンに近いベルフォール。堅固な城郭都市です)


箱館とブザンソンを繋ぐ細い糸。この言葉に、わたしは小躍りするような高揚を覚えました。しかし、カトリーヌさんは続けて、夷酋列像と祖父との関係について、こう言って否定したのです。「それは全く聞いていませんし、そうした話がわたしたち家族に継承されていることもありません」



夷酋列像
写真4(あらためて夷酋列像の数奇な運命を思います。12枚中、欠けた1枚はどこへ?)


あと一歩のところまで迫ったのに…。わたしの推理のあっけない幕切れでした。ただ、ブリュネの出身地であるベルフォールとブザンソンが地理的に極めて近く、旧幕府軍に加わったブリュネの同志にブザンソン出身者がいた。こんなカトリーヌさんの伝え聞きには、かすかな希望を覚えました。(ブリュネの下士官にはカズヌーブ、マルラン、フォルタン、ブッフィエ…などがいましたが、ブザンソン出身者はだれを指すのか。わたしの調べはついていません)


ベルフォールとブザンソンはどちらも、フランス東部に位置するフランシュ・コンテ地方の都市で、ベルフォールはブザンソンの北東50㌔に位置します。古くから両都市の交流は盛んで、とりわけ郷土意識が強い地方でもあります。ここに17世紀(1694年)から存在するのが、フランス最古の美術館のひとつ…そう、夷酋列像が眠っていたブザンソン美術館(考古学博物館)なのです。日本から持ち帰った貴重な作品をパリではなく、出身地にある有名な美術館に運び込んで、極秘に保存を依頼した……としても。ここまでがわたしが膨らませた想像の世界だったのです。



夷酋列像を巡るうちに2020年が暮れようとしています。新型コロナウィルスの感染が一刻も早く終息するよう祈りつつ、新年を迎えた後、もう少し謎解きを続けましょう。

ギャラリー
  • 男女ではない。人間として
  • 男女ではない。人間として
  • 男女ではない。人間として
  • 男女ではない。人間として
  • ガラスの天井を突き破る
  • ガラスの天井を突き破る
  • ガラスの天井を突き破る
  • ガラスの天井を突き破る
  • 排除ではなく尊重してこそ