松前の筆が多様性を生んだ

2016年の秋、札幌厚別区に開館した「北海道博物館」の記念特別展として、ブザンソン美術館の「夷酋列像~蝦夷地イメージをめぐる人・物・世界」と題した、大掛かりな展覧会が開かれたことを前回、紹介しました。


会場にはブザンソンから運ばれた11点の“本物の夷酋列像”が展示されました。道東アイヌの指導者を描いた蠣崎波響の連作が道民に一挙公開されるのは、初めてのことでした。行方が全く分からなかった列像が、フランス東部のブザンソンで発見されたのは1984年。実に32年を経て実現した「幻の絵画」の里帰りだったのです!


この年、夷酋列像は全国で「ブーム」を巻き起こします。それは、札幌で開催された特別展が日本を代表する二つの国立博物館に巡回し、首都圏、関西圏のファンにも蠣崎波響の名画の世界が広く紹介されたからです。


歴博
写真1(日本の歴史を知るには必見の歴博。千葉県佐倉市の城址公園にあります)


みなさんは訪れたことがありますか。ひとつは国立歴史民俗博物館(歴博)、もうひとつは国立民族学博物館(民博)です。日本の歴史や民族学に関心のある人にとって、いずれも必見の施設です。歴博は千葉県佐倉市の城址公園の一角に、民博は大阪府吹田市の大阪万博の跡地に、それぞれ存在します。


民博
写真2(民族学に興味のある人はぜひ訪れたい民博。大阪府吹田市の万博跡地にあります)


特別展の両博物館への巡回は、この展覧会の意義の証でした。アイヌの肖像画の持つ価値に加え、北の最果て、松前藩の秘宝がなぜフランスのブザンソンで発見されたのか。そのミステリー性が反響を増幅したと言えます。鮮やかな色彩と微細な線に及ぶまでの写実性、そこに描かれたアイヌの長老たちの、深い知性と勇気をたたえる風格…。全国の美術ファンの目を引き付け、アイヌの絵巻物の世界へといざったのです。


今回が夷酋列像のストーリーの最後ですので、記録の意味も兼ねて、波響の描いた全員の名前をもう一度、列挙しておきます。12人はいずれも1789年、和人の過酷な圧制に抗議して道東アイヌが蜂起した「クナシリ・メナシの乱」の際、松前藩の要請に応じて鎮定に協力した長老たちです。その名は、マウタラケ、チョウサマ、ツキノエ、ションコ、イコトイ、シモチ、イニンカリ、ノチクサ、ポロヤ、イコリカヤニ、ネシコマケ、チキリアシカイ。このうち、イコリカヤニの1点だけが欠落していることは何度もお話ししました。


東西の双璧である両博物館は一線級の研究者が名を連ね、学術研究が進められています。ここで夷酋列像が展示されたのは名誉ある出来事ですが、そのとき、胆振管内白老町にウポポイ(民族共生象徴空間)が誕生していれば、その主要施設である国立アイヌ民族博物館こそが、特別展の会場として最適の場所だったのではないでしょうか。


特別展の開催に合わせ、日曜朝のNHK・Eテレ「日曜美術館(日美=nichiBi)」や全国紙、美術雑誌も大きく取り上げ、蠣崎波響や夷酋列像への多角的なアプローチを試みました。夷酋列像の魅力はマスコミをも捉えてやまなかったのです。


本家本元の松前にも「変化」が生じます。蠣崎波響の夷酋列像について、町民たちはそれほど大きな関心を抱いていなかった感があります。しかし、作品の知名度が高まり、美術ファンの目が松前に注がれるにつれ、道内唯一の城下町として繁栄した松前の象徴として、町民意識が高まっていくのです。


松前城下町通り
写真3(江戸の情緒が漂う渡島管内松前町。波響、鷗亭の筆は多様性を生む原点です)


道立松前高校ではフランス・ブザンソンとの交流が年を追うごとに活発化します。町の後押しもあり、生徒の代表が渡仏し、ブザンソン市民と交流行事を繰り広げます。歴史の力はやはり偉大です。道内広し、といえども、松前以外にこうした文化交流が生まれる場所はほかにないでしょう。北海道新聞の記事を拾っているうちに、ふと、ブザンソンを訪れた高校生の書道パフォーマンスに目が留まりました。


松前高校
写真4(松前とブザンソンの交流は年々盛んになります。高校生がその主人公です)


松前は、書道界を代表する傑出した人物を世に出しているのをご存知ですか? 金子鷗亭(かねこ・おうてい)。ひらがなと漢字を合わせた近代詩文書を提唱した屈指の書家です。1990年に文化勲章を受章したと聞けば、その功績の大きさが分るでしょう。松前を舞台に「筆」で生業を立てた蠣崎波響と金子鷗亭。その伝統が同校に継承され、さらに夷酋列像が繋いだブザンソンへ。文化とは何と奥深い循環を生み出すことでしょう。


アイヌ民族の存在と歴史がなければ、道内にこれほど興味をそそる物語は誕生しなかったはず。そして、そもそも夷酋列像の話を始めたのは……そう。「多様性」(ダイバーシティー)を考えることが発端でした。では、その原点にもう一度、戻ってみましょうか。

アイヌの謎が夢を繋ぐ

松前藩家老・蠣崎波響の筆になるアイヌ肖像画の連作「夷酋列像」は「松前の宝」と称されてきました。長く行方不明だったその「宝」が、フランス東部のブザンソン美術館に眠っていたことが明らかになったのは1984年のことです。あまりの突然の出来事にナゾは深まるばかり。日本は勿論、フランス側でもナゾを解く調査・研究が行われてきたのです。


ブザンソン大通り
写真1(ブザンソンの歴史を映すグラン・リュ=大通り=。時の流れにまどろむようです)


前回、わたしが「犯人」の一人に想定したメルメ・カション神父もその調査対象に浮上し、興味深い新事実が明らかになったと書きました。どんなことが明らかになったのでしょう。


メルメ神父は1828年、ブザンソン郊外のブーシュウ村に生まれ育ちました。24歳でパリに出て宣教師を養成する外国宣教会神学校に入学します。ここで司祭(神父)の資格を得たことで、日本への伝道の旅が始まります。初めて足を踏み入れた琉球で日本語をマスターし、江戸で宣教師兼通訳として活躍。箱館には1859年から4年間滞在して、カトリック元町教会を建立したことも紹介しました。


一方で、ブザンソン美術館に目を向けると、「夷酋列像」が収蔵目録に掲載されたのは1933年でした。美術館には地元の篤志家から美術品が寄贈されることがあります。寄贈者は美術館の寄贈者リストに名を刻み、後世に名を残すことになります。実は、調査の結果、メルメ神父とパリの神学校で共に学んだ宣教師の兄弟が、ブザンソン美術館の寄贈者リストに名前を残していることが判明しました。しかもこの兄弟はブザンソン出身でした!



ブザンソン美術館
写真2(「夷酋列像」が長く眠り続けてきたブザンソン美術館。いつ、だれが、どのように?)


これは何を意味するのでしょうか。推測の域はでませんが、メルメ神父が夷酋列像を松前から持ち返ったと仮定して、それを神学校で学んだ同郷の同窓生に託したのではないか。何らかの理由で、正式な寄贈手続きを経ることなく、美術館の屋根裏部屋に持ち込まれて放置されたのでは? きちんとした手続きを取らなかったのは、「盗品」だったからか…。再び、いくつもの疑問が沸いてきます。


美術館では、当時の館長自ら、神父の生地を訪れ、縁者を探し、足跡を伝えるものを徹底的に調べ上げたといいますが、結局、徒労に終わったといいます。


メルメ神父は箱館から江戸へ。宣教会の許可を得ないまま突如帰国しました。なぜ逃げるように日本を去ったのでしょう。パリ万博で通訳として活躍したのを最後に音信は途絶え、神父の職を捨てて南仏で死んだのはなぜでしょう。神父が生まれたような田舎では、聖職を捨てるのは神を冒涜する行為であり、村にとっても一族にとっても恥ずべき人間として、記録からも抹消されたのではないか。生地に彼の痕跡が何も残っていない理由を、ブザンソン美術館の関係者はこう推測します。


蝦夷地とアイヌ、ブザンソン。この3点を結ぶ有力な接点の追跡は中断し、ナゾの中に沈んでいきました。「夷酋列像」を描いた蠣崎波響も実に謎の多い人物です。彼自身、人生において二度と、アイヌ民族を描くことはありませんでした。これも永遠の謎です。


ブザンソン街並み
写真3(中世期から続く古都ブザンソンの旧市街。レンガ造りの街並みが印象的です)


夷酋列像に端を発し、蝦夷地とフランスを繋ぐ長い旅を続けてきました。なぜ夷酋列像はフランスの地方都市ブザンソンで発見されたのか。だれが作品を持ち出したのか。12枚ある肖像のうち1枚(イコリカヤリ)だけが欠落しているのはなぜなのか。その1枚はどうなったのか(日本で紛失したのか、それともフランスに渡ってから失われたのか?) ナゾは果てしなく続きます。このナゾは解き明かされないかもしれません。しかし、アイヌの肖像画がわたしたちに大きな夢を与えてくれたと考えれば、永遠の楽しみと希望が保てます。


いまから6年前の2015年、北海道開拓記念館(札幌市厚別区)が「北海道博物館」と名称を変えてリニューアルオープンしました。その記念特別展として、ブザンソン美術館の「夷酋列像~蝦夷地イメージをめぐる人・物・世界」と題した、大掛かりな展覧会が開かれました。その盛況ぶりは、夷酋列像に寄せる道民の深い思いを映しているようでした。


夷酋列像
写真4(北海道博物館の新装オープンを記念して「夷酋列像」の特別展が開かれました)


会場には、ブザンソンから11点の“本物の夷酋列像”が並びました。わたしも、現地で初めて「対面」して以来、実に20年ぶりに作品の前に立ちました。鮮やかな色彩と微細な線に及ぶ見事な写実性に息を飲みます。描かれたアイヌの長老たちの深い知性、勇気をたたえる風格、和人に虐げられてきた民族としての悲しみ…。思わず涙腺が緩んだことが忘れられません。


今回で終えようとした夷酋列像を巡る旅。少し書き残した感があり、もう1回頂いて、締め括ろうと思います。

神父と列像を結ぶ点と線

江戸末期の日本とフランスを股にかけ、驚異の語学力を武器に聖職者として、通訳として活躍した神父メルメ・カション。前回、このメルメ神父の人生を振り返り、蠣崎波響の名画「夷酋列像」をフランスに持ち去ったのではないか…こんな推理をしてみました。

函館山の麓に広がる西部地区は、多くの観光客を魅了してやまない人気スポットです。異国情緒漂う景観を醸し出しているのは教会の存在でしょう。ハリストス正教会と並んでこの地区の代名詞になっているのがカトリック元町教会です。この教会を創設し初代神父に就いたのがメルメだったことはお話ししました。


函館西部地区
写真1(函館山の麓に広がる西部地区。異国情緒漂う観光客の人気スポットです)


メルメ神父が幕末の箱館に滞在したのは1859年から63年までの4年間でした。その間、日仏辞典の編纂とともに、アイヌ民族にも強い関心を寄せ、「アイヌ小辞典」を編集しました。エキゾチックなアイヌ文化に魅せられたのでしょうか。異文化との出会いは神父のその後の人生にどんな変化をもたらしたのでしょう。

神父は突如、箱館を立ち去ります。江戸に戻り、駐日フランス公使の公式通訳の職を得たのも束の間、宣教会の許可を受けないまま、再び、忽然と母国へ帰国します。なぜでしょう? パリ万博の会場で、幕府の代表団とナポレオン3世との通訳を務めたのを最後に、ぷっつりと消息を絶ったのはなぜでしょう。神父の職をかなぐり捨て、なぜ南仏に向かい、ニース(あるいはカンヌ)で死んだのでしょう。



そして、蠣崎波響のアイヌ指導者の連作「夷酋列像」を、果たして神父は持ち出したのでしょうか? ここが今回、お話ししなければならない核心部分です。



わたしは、この人の話に耳を傾けようと思います。この人とは……。メルメ神父の来日から100年後の1953年。カトリックの宣教者としてフランスから日本に派遣され、神父の創設した函館のカトリック元町教会主任司祭に就任したグロード神父です。


グロード神父
写真2(献身的な活動で函館に生涯を捧げたグロード神父。穏やかな笑顔が忘れられません)


函館や道南で暮らしたことのある人にとって「グロード神父」の名前を聞いたことのない人はいないでしょう。聖職者としての献身的な活動だけではなく、社会福祉事業に情熱を傾け、恵まれない子どもたちから高齢者、病を抱えた人たちに至るまで、すべての人々が共生する社会の実現に力を尽くしました。五稜郭公園を舞台にした壮大な野外劇の開催にも奔走し、北海道新聞社会文化賞、フランス政府からは「レジオン・ドヌール勲章」を授けられました。

神父は2012年に85歳で逝去しましたが、蠣崎波響の「夷酋列像」がなぜ、フランス・ブザンソンで見つかったのか。同じフランス人神父として生前、大きな関心を寄せていました。メルメ神父の関与についても見解を示していましたので、紹介したいと思います。


夷酋列像展
写真3(夷酋列像をめぐるナゾは時を経て、解明されるどころか深まるばかりです)

残念ですが、グロード神父はメルメ・カション神父が「夷酋列像」をフランスに持ち帰ったかどうかについては「正直分からない」と答えています。そのうえで、こんなことを語っていました。「夷酋列像はブザンソンの美術館の屋根裏に放置された状態で見つかりました。当時は、この作品が偉大なものなのか、そうでないのか、理解する人がいなかったのです。そして、大事なことは、美術館がこの作品(夷酋列像)を購入したのではないことです」

幕末の箱館・松前の状況についても触れています。「当時は日本の美術品ならフランス人は何でも買いました。一方、松前藩は江戸から強い圧力を受けていて、財政的にも苦しく、売れるものは何でも売っていました。とりわけ箱館戦争で松前藩は大混乱に陥り、松前の宝である夷酋列像もこうした混乱の中で散逸していったのでは…」。グロード神父の話の中で最も重要な点は、ブザンソンの美術館で「夷酋列像」を購入した事実はないという部分です。

「夷酋列像」がブザンソンで発見された―。北海道新聞パリ特派員だった浜地隼男さんが1面トップで報じたのが1984年でした。実は、ブザンソン美術館の調査によると、「夷酋列像」は、この美術館で全収蔵品の調査が行われた1933年、収蔵目録に掲載されました。ただ、美術館の屋根裏にいつから置かれていたのかははっきり分かりません。しかも、この調査の後、さらに51年間にわたって見向きもされず眠り続けたのです!


ブザンソン美術館
写真4(夷酋列像はいつからここにあるのか。ナゾを秘めたブザンソン美術館)


地方美術館としては屈指の質と量を誇るブザンソン美術館ですが、東洋美術の価値を見極める学芸員はおらず、グロード神父の言う通り、「松前の宝」は放置され続けたのです。しかし、ブザンソン側でもナゾを解く調査・研究が繰り広げられてきました。わたしにとってうれしいことに、メルメ神父も調査対象に浮上し、いくつかの興味深い新事実が明らかになりました。次回はそれを端緒に、「夷酋列像」を巡る長い旅を締めくくりたいと思います。

ギャラリー
  • 男女ではない。人間として
  • 男女ではない。人間として
  • 男女ではない。人間として
  • 男女ではない。人間として
  • ガラスの天井を突き破る
  • ガラスの天井を突き破る
  • ガラスの天井を突き破る
  • ガラスの天井を突き破る
  • 排除ではなく尊重してこそ