訪ねなければならぬ場所

みなさんは一生に一度は訪ねてみたい世界の都市・場所はありますか?


パリ、ニューヨーク、ロンドン、ローマ…。新型コロナウイルスの感染拡大で、どの都市も混乱が続いており、いま訪れるのは難しいですが、どのまちも、何度でも、訪れてみたいですね。歴史を学んで訪れると、楽しみは何倍にも膨らみます。

わたしは個人的に、ここだけは訪れたい、いや訪れなければならないと思っている場所がいくつかあります。そのひとつがアウシュビッツ強制収容所です。



アウシュビッツ
写真1(アウシュビッツに連行されたユダヤ人は2度と生きて帰れませんでした)


ローマ教皇の訪日をきっかけに、今回の旅が始まりました。フランシスコ教皇が名を求めた中世の聖人フランチェスコの生誕地アッシジ(イタリア)を訪れ、続いて、同じくフランチェスコの洗礼名を得てローマ教皇のもとに派遣された仙台藩士支倉常長の旅を振り返りました。さらに九州のキリシタン大名がローマに派遣した4人の少年の話も辿ってきました。

戦国時代から江戸時代へと世の中が変わる中で、異教徒への弾圧は強化されていきます。その時代に生を授かった宿命とはいえ、拷問・迫害・虐殺という試練に立たされた切支丹の姿をひもとくと、わたしの脳裏には、大量虐殺を意味する「ホロコースト」のイメージが沸き上がってきたのです。

そしていま、時空を超えて、わたしたちはポーランド南部の古都クラクフにいます。
なぜクラクフなのでしょうか。それはすでにお話しした通り、第2次世界大戦中、ヒトラー率いるナチスドイツ(ドイツ労働者党)が、ユダヤ人に対して組織的に行った大量虐殺の現場であるアウシュビッツ収容所に近接し、アウシュビッツを訪ねる時には必ずや立ち寄るまちだから。そしてユダヤ人とカトリック教徒が長く共存してきたまち…だからです。

アウシュビッツに向かうわたしたちは、その前にクラクフの南側に広がるユダヤ地区に足を運びました。前回の最後の部分でお話しした通り、ここは米国の巨匠スティーブン・スピルバーグ監督の代表作「シンドラーのリスト」(1994年公開)が撮影されたまちでもあり、ここで大掛かりなロケが行われました。



シンドラーのリスト
写真2(「シンドラーのリスト」のポスター。緊迫のシーンが脳裏に蘇ります)


みなさん、そのストーリーを覚えていますか?


ポーランドは1939年、ナチスドイツによって占領され、古都クラクフも支配下に置かれます。主人公のドイツ人実業家オスカー・シンドラーは、ここクラクフに軍需工場を開業しますが、ナチスドイツが推進する過酷なユダヤ人殺戮に反旗を翻し、工場で働く1100人ものユダヤ人の強制収容所送りを阻止するのです。ユダヤ人を救った「実話」に基づくもので、ホロコーストをテーマとする名画としてシネマ史上に輝きます。

みなさん、日本にも「シンドラー」と呼ばれる人がいるのをご存知ですか?
「日本のシンドラー」は昭和の外交官杉原千畝(すぎはら・ちうね)です。杉原は第2次世界大戦中、リトアニアの臨時首都カナウス(現在の首都はビリニュス)の日本領事館に勤務していました。ドイツの激しい迫害で、隣接するポーランドなどから逃れてきたユダヤ人に心を動かされ、日本外務省の訓令に反して大量のビザ(通行査証)を発給して避難民を救ったのです。「命のビザ」は6000人にも及んだとされます。
こんなに気骨のある日本の外交官がいたことを、ぜひ記憶にとどめたいと思います。


杉原千畝
写真3(杉原千畝は岐阜県の出身。故郷の八百津町には記念館が開設されています)

さて、アウシュビッツに向かう前にクラクフ市街の南側に位置するユダヤ人地区に立ち寄りました。「シンドラーのリスト」のロケが行われた場所として知られるこの場所は「ガジミエシュ地区」と呼ばれています。

ここは、中世から迫害を受けてきたユダヤ人を救済する目的でつくられた居住区であり、第2次世界大戦でナチスドイツが歯止めなき大量虐殺へと狂いだすまで、ポーランド人とユダヤ人が共存共栄を遂げてきたまちだったのです。

現在も多くのユダヤ人が生活し、礼拝の場であるシナゴーグやユダヤ博物館も点在します。いまやクラクフきってのおしゃれな地区に変貌を遂げ、カフェやレストラン、個性的なショップが立ち並びます。わたしが立ち寄ったユダヤ料理店には、スピルバーグ監督の色紙とロケ風景のパネル写真が飾られていました!



クラクフ・ユダヤ地区
写真4(時はめぐり、いまや流行の先端といわれるガジミエシュ地区。明るく開放的です)




さあ、それでは、クラクフからバスで西へ約1時間。アウシュビッツ強制収容所跡に向かいましょう。ここを訪れるのは、広島や長崎同様、現代を生きる者の責務である。わたしはこんな決意と覚悟で、クラクフ発アウシュビッツ行のバスに乗り込んだのです。

地球を動かしたまち

大げさなタイトルを掲げてみました。「地球を動かしたまち」。その疑問に答えましょう。


いまわたしたちはポーランドの古都クラクフに来ています。目的地は、クラクフ郊外にあるアウシュビッツ強制収容所の跡地であることは前回お話ししました。


しかし、せっかくクラクフに来たので、「ちょっと寄り道」をしたくなります。このまちには、立ち寄る価値のある場所がたくさんあります。素通りするのはもったいない。少し探索してアウシュビッツへ向かうこととしましょう。


みなさんは天文学に興味がありますか? 身近なところでは、日食や月食、最近スーパームーンの写真が紙面に紹介されていて、その大きさにびっくりしました。これらは、いずれも地球と月、太陽の位置関係が絡んだ現象です。


地球が自ら動いていることは、小学生でも知っている常識です。

地球はほかの惑星とともに太陽の周りを自転しながら公転しているー。これを疑う人はいませんね。しかし、中世までは違いました。宇宙の中心はあくまで地球であり、その周りを太陽や月などが回っている。この「天動説」こそが「常識」だったのです。


15世紀に入り、ポルトガルやスペインなど欧州諸国が大航海時代を迎えると、その常識は一変します。船舶が大海原を航行し、羅針盤の技術が発達する中で、天空に輝く太陽や月、星が大事な指針となっていきます。研究が進むにつれ、天動説では説明できない現象が明らかになり、天文学者から異論が唱えられるようになります。




コペルニクス
写真1(天文学史上、最も重要な発見とされる「地動説」を唱えたコペルニクス)



そんな時代に登場したのが、みなさんご承知のニコラウス・コペルニクス(1473~1543年)。世界で初めて地動説を唱えた人物です。天文学史上、最も重要な発見として、いまなお燦然と名を刻んでいます。この世紀の天文学者を生んだのがここ、クラクフなのです! コペルニクスが歴史と伝統を誇るクラクフ大学に入学したのは1491年。大学では月の精密な軌道計算を歴史上、初めて行い、天動説に懐疑的な見解を示したアルベルト・ブルゼフスキ教授に師事したのが、天文学との出会いでした。




クラクフ大学
写真2(ポーランド屈指の名門クラクフ大学。ノーベル賞学者も輩出しています)


コペルニクスは天文学者として知られますが、実はカトリックの司祭であり、教会では司教参事会員を務め、知事、長官、法学者、占星術師でもありました。医師の資格も持っていたといいます。まさにレオナルド・ダビンチばりの「万能の天才」だったのです。


コペルニクスを生んだクラクフが「地球を動かしたまち」と称されていることを、納得していただけましたか。しかも、クラクフはダビンチにも出会える場所でもあるのです!


クラクフの旧市街を歩いていて、あまりに地味な建物なので通り過ごしてしまうかもしれません。辛子色の外壁が特徴の美術館があります。ポーランド王国時代から名門貴族として知られるチャルトリスキ侯爵家が保有、運営する「チャルトリスキ美術館」です。



チャルトリスキ美術館
写真3(見逃してしまうほど地味な美術館です。外壁の辛子色を手掛かりに)


なぜこの美術館をお勧めするのでしょう。それはルネサンスの巨匠ダビンチの描いた「白豹を抱く貴婦人」を所蔵しているからです。世界的にも数が限られているダビンチの名作の一点が、ここクラクフに存在するとは! ダビンチが一人の女性を描いた肖像画として現存するのはわずか4点。パリ・ルーブル美術館の「モナ・リザ」「ミラノの貴婦人の肖像」、ワシントン・ナショナルギャラリーの「ジネーヴラ・デ・ベンチの肖像」、そしてクラクフの「白貂を抱く貴婦人」です。と聞けば、訪れない手はないですね。



ダビンチ白貂
写真4(レオナルド・ダビンチの「白貂を抱く貴婦人」。クラクフの至宝です)


「白貂を抱く貴婦人」は1490年頃に描かれたとされますが、このダビンチの作品がなぜクラクフにあるのか、詳しい経緯は謎に包まれたままです。美術館を創設したチャリトリスキ侯爵がこの絵画を1798年に購入した記録までは遡れるそうですが…。


わたしがクラクフを初めて訪ねた時、実はこのまちにダビンチの作品があることを全く知らず、偶然立ち寄って名画と対面したのです。「驚きの瞬間」はいまなお忘れられません。


さらに世界中が知っているもうひとつのクラクフ。これが本題につながります。

1994年に公開されたスティーブン・スピルバーグ監督の代表作「シンドラーのリスト」をみなさん、ご覧になりましたか。この名作の舞台こそが、クラクフです。美しいまちの南部に広がるユダヤ人地区はアウシュビッツへと続く、悲しい歴史を刻んだまちなのです。




クラクフユダヤ街
写真5(クラクフのユダヤ人街。いまも多くのユダヤ人が居住し、商売を営んでいます)

ホロコーストの原点がここに

長崎からローマ教皇のもとを訪れた400年前の九州の少年たちの話を書きつづる中で、わたしの頭の中にはひとつの言葉とイメージが大きな像を結びました。



  「ホロコースト」



日本語に訳すと「大量虐殺」。
より具体的に言うと、第2次世界大戦中、ナチス・ドイツがユダヤ人に対して組織的に行った大量虐殺を指します。

江戸時代初期、徳川幕府はキリスト教の禁教令を出します。1612年のことでした。弾圧政策を完成させたのは3代将軍家光の時代です。切支丹を次々と虐殺していく光景は「人間はそこまで残酷になれるのか」と思わせるほどの様相を呈していきます。


沈黙
写真1(遠藤周作の「沈黙」を米国のマーチン・スコセッシ監督が映画化し、2016年「サイレンス」と題して世界各国で公開されました)


4人の少年たちのローマ教皇への旅を著書「クアトロ・ラガッツィ」で描き切った若桑みどりさんは、切支丹に対する弾圧をこんな言葉で表現しています。
「集団的な憎しみが切支丹に集中していたのであろうか。それは、ナチのユダヤ人虐殺の場合と全く同じである。思うに徳川はこの憎しみの上に鎖国体制を敷いたのである。世にいう大平の世は、一方においてこのような憎しみと流血を土台に確立されたのだ」

4人の少年たちが拷問や国外追放など過酷な運命をたどった当時の長崎。最も苛烈な禁制が施されたのは、踏み絵を考案したとされる水野守信と竹中采女正(うねめのかみ)重義が長崎奉行を務めた寛永3年~9年(1628~34年)だったと言われています。切支丹の殺害は、その手段と方法において「人界の地獄」と称されるほど「無類の残虐さ」で執行されていくのです。



踏み絵
写真2(切支丹を発見する道具として「踏み絵」が考案されました)



日本の中央集権国家の基礎となる幕藩体制は、キリスト教という宗教集団に対するホロコースト的な撲滅政策とともに開始されました。恐怖という最も効果的な方法で民衆の心を凍り付かせ、「邪教」という共通の敵を作り出すことによって、反逆者をすべて破壊し尽くし、虐殺を合法化する。しかも、そこには人権意識の片鱗すらも見受けられなかったー。わたしは江戸時代をこう定義しています。

仙台藩主伊達政宗がローマ教皇に派遣した支倉常長による慶長遣欧使節も、九州のキリシタン大名が4人の少年を同じく教皇のもとに派遣した天正遣欧使節も、そして国内で急速に拡大しつつあった切支丹たちも、禁教政策が激化する中で、まさにホロコーストといえる恐怖の洗礼を受けていた!実はナチス・ドイツから遡ること400年前の日本で、それは実際に起きていたのです。

では、ホロコーストとは一体何でしょうか。わたしたちはそれを考えるために、次の旅に出なければなりません。ローマ教皇の訪日をきっかけに、長い物語が続いてきましたが、これから訪れる場所は、その教皇にも関連のある都市です。

わたしたちが向かう先は? 旧東欧のポーランドです。みなさんはポーランドというと何を思い浮かべますか。音楽の好きな人はピアノの詩人・ショパンの生誕地として記憶にとどめているでしょう。物理学者キュリー夫人の祖国でもあります。東西冷戦時代、旧ソ連を中心とする東欧諸国が結成した軍事同盟・ワルシャワ条約機構を思い起こす人は、この国の首都がワルシャワであることをご存知だからでしょう。



ショパン生家
写真3(ワルシャワ郊外にはピアノの詩人・ショパンの生家があります)

ドイツと国境を接する地政学的な位置こそが、この国が背負う「運命」を決定づけたことは、のちほどお話することになります。では地図を見てみましょう。ポーランドには首都ワルシャワと古都クラクフの二つの大きな都市があります。日本でいえば東京と京都のような存在で、それぞれ中東部と南部に位置しています。両者の距離は約300㌔。ワルシャワから特急列車に乗って南下すると、約3時間でクラクフ中央駅に到着します。


ポーランド地図
写真4(首都ワルシャワは中東部、クラクフは南部に位置しています)

クラクフは17世紀に首都がワルシャワに移るまで、ポーランド王国の都として繁栄しました。人口約100万人。ローマ教皇として1981年2月に初来日したヨハネ・パウロ2世は、ここクラクフの出身です。教皇に就任する直前は、クラクフの司教を務めていました。


クラクフ
写真5(クラクフはポーランドの古都。美しい街並みは世界遺産に登録されています)

なぜわたしたちはクラクフを訪ねるのでしょうか。それは、第2次世界大戦の悪夢でもあるホロコーストの舞台・アウシュビッツ強制収容所に近接したまちであるとともに、何よりもユダヤ人とキリスト教徒の共存共栄を実現してきた、「寛容な都」だったから…です。

ギャラリー
  • 歴史の影を背負った言葉
  • 歴史の影を背負った言葉
  • 歴史の影を背負った言葉
  • 歴史の影を背負った言葉
  • 沈黙の祈りが意味するもの
  • 沈黙の祈りが意味するもの
  • 沈黙の祈りが意味するもの
  • 沈黙の祈りが意味するもの
  • 『働けば自由に』の嘘と恐怖