hitaruパワー

札幌の新劇場「札幌文化芸術劇場(愛称hitaruヒタル)」がオープンしました。
劇場が東京二期会などと共同制作したヴェルディのオペラ「アイーダ」(アンドレア・バッティストーニ指揮、札幌交響楽団など)の2日間のこけら落とし公演では、満席の聴衆が惜しみない拍手をおくりました。

上演を論評する力はありませんので、考えたことを徒然なるままに書きます。

第一に、この劇場は札幌の「都市の格」とでも言うべきものを、確実に一段押し上げた、ということです。
カーテンコールに拍手を送りながら、わたしは幸福感に満たされていました。こういう場を自分たちのまちも持つことができたのだ、と。
たまに上京してオペラを見ます。会場は上野の文化会館、新宿初台の新国立劇場、それに神奈川県民ホール、NHKホールなど。言うまでもありません。それらホールを断然圧する魅力をこのホールは備えています。
福岡からわざわざやってきた知人は「札幌がうらやましい」と、ため息交じりに話していました。
この劇場は、市の外にいる愛好家たち、そして専門家たちさえもが、札幌を強く意識する大きな「武器」になりえます。

第2に、当然ですが、このまちに住む多くの人たちも、この劇場を通じてオペラという芸術に接する機会がやっとできました。
わたしの身近にも、この機会に初めて本格的なオペラを見て、すっかり心を奪われた人が何人もいます。
北海道二期会が3月に上演する「椿姫」(ヴェルディ作曲)の先行販売が行われていましたが、公演を機に売り上げが急増したことが、それを裏付けます。劇場自主制作の次回作品「トゥーランドット」(プッチーニ作曲)にも、強い関心が寄せられています。

この後、バレエとミュージカルの公演も予定されています。これらのジャンルでも、新しいファンが増えていくことでしょう。

札幌市民、北海道民はもちろん、日本全国あるいは海外からも客を呼べるような充実した公演を、切れ目なく開いてほしいものです。このホールの上演なら、客を呼べるはずです。

そう言いながら、そうはいかない現実もあらためて気になりました。
それは、この館に与えられた「ニトリ文化ホールの後継」という使命です。つまり、音楽・舞踊専用ではない、貸館としての役割、集会場としての役割が期待されていることです。

関係者の一部に、館の芸術監督がいないことを案ずる声があります。施設だけ見れば、懸念はその通り。しかし、自主公演が限定的にしか開けない内実を思えば、芸術監督というポストはいかにも贅沢なものに思われます。

この点については、さらに論議の盛り上がりを期待したいところです。

最後に、
貸館であれば、わたしたち民間事業者が「借館」して、どんどん優れた公演プランを持ち込めばいいわけですが、言うほど簡単ではないことも知っていただきたい。
今回のような公演を、このチケット価格で提供することは至難です。この価格がオペラ観劇の相場で定着すれば、わたしたちが自力でオペラ団体や外来歌劇団を招くのは、リスクの極めて大きな冒険になってしまうでしょう。
大勢の出演者、スタッフに移動してもらい、大規模な舞台装置も運搬してこなければならないという札幌では、宿命的に「高コスト」がついて回るからです。

せっかくオペラの魅力に目覚めた多くのみなさんに満足のできる公演を数多く提供したい。興行で札幌のまちの魅力を高めることに貢献したい。
強い思いを抱きながら、さて、どうしたらそれができるか。考えるのは、楽しくもあり恐ろしくもあり、といったところなのです。

宣伝です。ヒタルが入った札幌市民交流プラザの2階には、音楽会などのチケットが買えるチケットセンターがあり、その運営を道新文化事業社が請け負っています。道新ビル1階の道新プレイガイドともども、よろしくお願い申し上げます。

IMG_3513

口伝隊

新国立劇場の演劇研修所が2008年から上演している朗読劇「少年口伝隊一九四五」を、ことしようやく見てきました(8月3日新国立劇場小ホール)。

少年口伝隊


作家の井上ひさし氏(1934-2010)が、原爆投下後の広島であった実話もとにフィクションとして書き下ろした作品です。講談社から同じタイトルで出版もされています。

少年口伝隊(講談社))


最小限の舞台装置のみで、衣装なし、動作は抑えられ、効果音や楽団もなしのシンプルなものですが、ギター独奏が大きな役割を果たします。



その演奏を初演以来、ひとりで担当しているのが札幌出身のギタリスト・宮下祥子さん(当ブログ2017年11月の<彩り豊かな『冬の旅』>でも登場していただいた)。井上氏が都内で偶然、宮下さんの演奏を聴いて、その音楽を耳に浮かべながらこの作品を書いたといいます。
曲目も、「ギターのベートーヴェン」と呼ばれるスペイン出身のギタリスト兼作曲家・フェルナンド・ソル(1778?-1839)の悲歌風幻想曲と指定されています。
ギター好きとしては、注目しないわけにはいきません。

主人公は3人の少年。3人は、破壊されて新聞を発行できなくなった中国新聞の女性記者が、街頭でニュースを読み上げているのに出会い、その手伝いをするようになります。



「広島駅は、このたびの新型爆弾で被害を受けた方に限って、無料で乗車させることにしました」
「広島県知事からの告示です。広島市民の税金が待ってもらえます。一年間、待ってもらえます」



混乱の中でも、懸命に情報を伝えようとした人たち。新聞社に身を置いた者として、切実に胸に迫ってきました。


音楽は、ト書きで指定されています。
<ギター奏者による序奏>
<ギター奏者が長いあいだ弾いている>
など。しかし、臨機応変に短い演奏がはさまれていきます。
右手指で弦を引っ張り上げて指版にバチッとたたきつける衝撃的な奏法も、効果音として生きていました。



これらは演出の栗山民也氏と宮下さんの共同作業で生み出されたのでしょう。
音楽家にとって芝居とのコラボレーションは、音楽のアンサンブルとは違った難しさがあっただろうと想像します。


毎年、満席が続く公演ですが、今年も4日間、老若男女が席を埋めたと聞きました。

広島、長崎の原爆忌を迎えましたが、被爆体験の継承が、年ごとに大きな課題となっています。朗読劇「口伝隊一九四五」は、その課題の解決に一定の力を発揮することでしょう。


新国立劇場演劇研修所の研修生も、宮下さんも、実際に広島に足を運び、被爆者らの話も聞いたといいます。
ことし8月の4回を含めて、上演はこれまでに28回(ほかに井上作品の上演に取り組んでいるこまつ座の10日間連続公演あり)。2期生からことしの12期生まで、100人ほどの若い演劇人によって演じられたことになります。
演劇界に、広島について深く考える若者が広がっていくというのは素晴らしいことであります。


まだ回数は少ないのですが、地方公演も行われています。

北海道でも見たい、という声が広がることを期待してしまいます。


写真①「少年口伝隊一九四五」開演前のステージ(ホームページから)
写真②講談社刊の「少年口伝隊一九四五」


レニー

札幌で29回目のPMF(パシフィック・ミュージック・フェスティバル)が開かれています。
音楽祭創設者のレナード・バーンスタン生誕100年の今年は、彼の偉業をしのぶプログラムが花ざかりです。


20180725PMF


彼の作品のみで構成された7月21日のPMFオーケストラ演奏会を聞きました。
バレエ音楽「ファンシー・フリー」
セレナード(プラトンの「饗宴」による)
交響曲第2番「不安の時代」

なじみがあるとも、わかりやすいともいえないプログラムにもかかわらず、キタラ大ホールはほぼ満員でした。
わたしも初めての曲ばかりでしたが、心から楽しむことができました。若い音楽家たちがエドウィン・アウトウォーター氏の指揮によく反応し、複雑なスコア(見たわけではありませんが)に込められたバーンスタインの響きを的確に表現していたと思います。


2曲目のセレナードはバイオリン・ソロと弦楽器、打楽器、ハープという編成。ソリストはバーンスタインの愛弟子のひとり、五嶋みどりさんでした。
14歳のときにバーンスタイン指揮の演奏会に出演、演奏中に2回も弦を切るアクシデントに遭いながら、冷静にすぐ後ろのコンサートマスターから楽器を借り受けて、最小限の中断で見事に弾きとおしたという伝説が残っています(映像がユーチューブで見られます)。
あれから30数年、彼女がこの曲を弾く機会が何回あったのか、また、今後弾く予定があるのかもわかりませんが、技術的にも至難と思われるこの曲を、まさに手の内のものとして鮮やかに弾きとおしたのには感嘆しました。




話は変わりますが、バーンスタインには作曲家のほかに、指揮者という顔があります。こちらのバーンスタインには、わたしも(もっぱら録音ですが)数多く接してきました。
長らく名盤と仰いできたワーグナーの「トリスタンとイゾルデ」(当ブログ2017年3月28日の回にそのジャケットデザインを紹介しました)はその代表的なひとつですが、演奏会形式で行われたこのライブ収録のステージ映像が最近リリースされました。

bernstein tristan


音楽はとてつもない巨大さで流れるのに、指揮姿は決して格好良くない。まことにバーンスタインらしい、ちょっと滑稽にも見えるパフォーマンスを確認することができました。
このあたりが、「楽壇の帝王」と呼ばれたカラヤンと違うところです。

小澤征爾氏は、カラヤンとバーンスタインという2人の師匠について語るときに、カラヤンのことは「カラヤン先生」と呼ぶのに対し、バーンスタインのことは「レニー」と親しみを込めて呼びます。
それが作品からも、「トリスタン」の指揮姿からもわかるような気がするのです。


CATVで見られるクラシックチャンネルCLASSICA 
JAPANでは8月、バーンスタインの映像作品を毎日放送する予定だそうです。彼の作品に親しむ機会になるだろうと楽しみにしています。




最後に余談をひとつ。

PMFは来年30回を迎えます。
そもそもは北京で開く予定だったのが、天安門事件で急遽開催地が札幌に変わったという数奇な運命のもとに生まれた音楽祭ではありますが、「PMFと言えば札幌」は、もはや動かしがたい。
そろそろ音楽祭の名前に「札幌」を明記してもらってもよいのではないか。
世界中の音楽祭で、開催地の地名が入っていない音楽祭があるのだろうか。わたしは知りません。
音楽祭の名前を「PMF札幌」とする。そんな運動が起きることを、札幌を愛する一人として願っているのです。


写真①PMFのパンフレット
写真②「トリスタンとイゾルデ」のブルーレイ・ディスク。このジャケットデザインは褒め言葉が見つからない

ギャラリー
  • 耳の虫
  • 魂の歌
  • 魂の歌
  • hitaruパワー
  • 口伝隊
  • 口伝隊
  • レニー
  • レニー
  • 見るか、見ないか