レミゼを守る野外劇のまち

前回、レ・ミゼラブルの時代設定は1815年~33年だと書きました。これはとりもなおさず、主人公のジャン・バルジャンがツーロンの徒刑場から釈放されてから、64歳で死亡するまでの時の流れです。


 

レミゼの18年間とは、いったい、どんな時代だったのでしょう。

自由・平等・博愛を標ぼうして王様(ルイ16世)と王妃(マリー・アントワネット)を断頭台に追い込んだフランス革命(1789年)から約25年。人権を保障した民主国家が成立すると思いきや、実は革命の進展を嫌う「保守反動・特権階級」が再び息を吹き返し、自由を渇望する「庶民」と激しい抗争を繰り広げていきます。貧しいものはより貧しく、富めるものはより豊かに。格差が固定、拡大し、あちこちで大衆による蜂起、暴動が頻発、社会全体が不穏で、重苦しい雰囲気に覆われていたのです。

 

こうした時代背景を踏まえて、話を進めましょう。

第一幕の舞台は南仏ツーロンから一転、英仏海峡に面した中世都市モントルイユへ。これはすでに紹介しました。ツーロンから直線で1500キロ。新しい人生を生きようと決意したジャン・バルジャンにとって、過去と決別するには十分な距離感がある設定です。


 

モントルイユは人口2000人の小さなまちですが、フランス人の多くがこのまちの名前を記憶しています。「ジャン・バルジャンがマドレーヌと名前を変えて市長になったまち」「レ・ミゼラブルで最も大事な舞台」。こんな答えが返ってくるはずです。


 

函館の五稜郭を想像してみてください。五稜郭では毎年、市民劇団が光と音で演出する野外劇を開催しているのをご存知でしょうか。そのモデルのひとつが、実はここモントルイユにあります。五稜郭の築城もこの写真の通り、そっくりです!

 
Montreuil-sur-Mer_et_sa_citadelle
【写真1】



モントルイユのホームページを開いてみましょう。今年も7月26~29日、8月2~5日に恒例である「Les Misérables」の野外公演が開かれたことが大きく掲載されていました。

出演者はすべて地元のボランティアで、総勢500人。2時間半の劇は、衣装や舞台セットを含め、すべてまちの人たちの手づくりです。しかも、世界各地で演じられているプロの興行にも決して劣らぬ演出と迫力。これで観覧料は大人19ユーロ(約2200円)。もちろん、主人公のジャン・バルジャンは毎年、市民公募で選ばれます。

 

レミゼの札幌公演で心を揺さぶられた人の次の行き先は? それはパリやニューヨーク、ロンドンの大劇場ではなく、モントルイユです。私はパリ滞在中、幸運にもその野外劇を鑑賞する機会に恵まれました。いまも忘れません。言葉にならない感動が胸を満たしたことを。



montreuil
写真2




この小さなまちで昔から、レミゼの公演が続いてきたのは、冒頭触れたように、主人公ジャン・バルジャンがこのモントルイユの市長を務めたからにほかなりません。

このまちは、貧しく薄幸のファンテーヌ(レミゼのヒロインであるコゼットの母親)の生まれ故郷であり、ツーロンの徒刑場の看守だったジャベールが警察官に転身して警部を務めるまちでもあります。登場人物がまるでメロドラマのように奇跡の出会いを果たす不思議なまち。レミゼの大事な、大事な舞台回しの場所。

野外劇は小さなまちの人々が誇りを胸に、ずっと守り続けてきた宝です。これこそが「文化の力」だと思った瞬間でもありました。



次のまちへ急がなければなりません。

ジャン・バルジャンはその後、犯罪者の過去が暴かれて市長の座を追われ、再び投獄→脱獄→逃亡…に身をやつします。ようやくパリで棲み処を得たジャン・バルジャン。ある約束を果たすために、行かねばならないまちがありました。

それは、パリの東15キロにあるモンフェルメイユ。

 

 

 

写真1:五稜郭を思わせるモントルイユのまち。フランスの築城法を五稜郭が採用したので、こちらが本家です

 

写真2:モントルイユで毎年上演されるレミゼの野外劇。地元の人々500人がボランティアで参加します

レミゼの幕が開く

世の中には、題名とあらすじは知っているが、実際には読んだことのない「名著」がたくさんあります。その多くがロシアとフランスに集中しているのは何とも不思議。両国民の思考の複雑さ、個性に起因するのでしょうか?

たとえば、ドストエフスキー作「カラマーゾフの兄弟」。「罪と罰」と並ぶ最高傑作と言われ、4部・12編で構成される壮大な大河小説ですが、読破した人となると、どうでしょう? ドストエフスキーとくればトルストイ。その不朽の名作「戦争と平和」(4巻17部)は登場人物が559人! と聞くと読む前から気力をそがれます。

ロシアと並ぶフランス。その双璧はプルーストの「失われた時を求めて」(全7編)とデュ・ガールの「チボー家の人々」(8部11巻)。これに、もう一作加えるとすれば、その筆頭格がユゴーの「レ・ミゼラブル」です。



これらの名著は、たいてい「少年少女世界文学全集」に収められていて、この抄訳であらすじを知ってしまうと、大人になって読み返すことはない! 自らの経験上、そう確信します(笑)。

岩波文庫の「レ・ミゼラブル」(豊島与志雄訳)は全4冊。各600㌻を超えているので、全部で約2500㌻。ユゴーが随所に付け加えた「脱線」や本筋に関係ない長大な「余談」のおかげで、展開が散漫かつ複雑になっているから難解!(研究者にとっては大事な部分ですが…)だからこそ。本筋だけを追った抄訳が有効なのです。


札幌では29年ぶりというミュージカル公演がいよいよ9月に迫ってきました。

公演を楽しみにしている皆さん。小中学生向けの抄訳をお読みになって会場に足を運んでみてはどうでしょう。お勧めするのは講談社の青い鳥文庫「レ・ミゼラブル~ああ無常~」(285㌻、670円)です。


レ・ミゼラブル本


ここには主な登場人物であるジャン・バルジャン、ミリエル司教、ファンテーヌ、コゼット、ジャーベール警部、マリウスの紹介と、舞台となるフランス国内の地図が記され、理解を助けてくれます。


最後の解説がまた重要。翻訳者の塚原亮一さん(故人)による子供たちへの心温まるメッセージが託されているからです。塚原さんは、この作品を読むことで、ジャン・バルジャンによって体現される理想主義的な人類愛とともに、貧困と不平等が生み出す社会の悲惨さを知ってほしいと語ります。

レ・ミゼラブルとは「惨めな人々」と訳されますが、ユゴーはここに「社会の弱者」という意味を込め、弱き者を助ける社会の創造を訴えたのです。それはユゴーが生きた19世紀という激動の時代を超越し、現代、現在へと通じる普遍的なテーマへと昇華させたと言えるかもしれません。


さて、小説とミュージカルでは物語の展開が異なりますが、登場する主な舞台はフランス国内4か所。時代は1815年~33年の設定です。

ミュージカルを楽しむために、どんな場所なのか、順を追ってみましょう。(添付のフランス地図参照)。


InkedInkedフランス地図_LI

 

まず、南フランスの港町ツーロン(Toulon)で幕が開きます。

ツーロンは、主人公ジャン・バルジャンが、パン一切れを盗んだ罪で19年間投獄されていた刑務所のあるまち。そして、近郊のディーニュ(Digne)は、出所したジャン・バルジャンがミリエル司教と出会い、銀食器を盗んだ場所、過去と決別して新たな人生を生きようと決意した場所でもあります。プロローグから観客は舞台にくぎ付けです。


Port_militaire_de_Toulon2

ツーロンはマルセイユとカンヌのほぼ中間に位置する軍港で、日本では横須賀のようなまち。市のホームペーを開くと「ユゴー作『レ・ミゼラブル』で主人公ジャン・バルジャンがツーロン刑務所に入っていたことになっており、ここを出所することから彼の波乱に満ちた人生の幕が開ける」との記載があります。

ツーロンにとって、レミゼの開幕舞台となったことは大変名誉なことだったのです。

 

続く第一幕の舞台は、ツーロンから1500キロも離れたフランス北西部、英仏海峡を望むノルマンジー地方のモントルイユ・シュール・メール(Montreuil sur mer)へ。ベルギー国境にも近接しています。波乱のドラマがここから、音を立てて動きだします。

実はこのまち、ユゴー自身が、愛人の舞台女優を伴って訪れたことのある、忘れ難い、思い出の地でもありました。

(ビクトル・ユゴーの女性遍歴については近く別稿で!)

 

写真1 レ・ミゼラブルは長大なストーリー。岩波文庫で全4巻。講談社青い鳥文庫の「ああ無常」の一読をお勧めします

 

写真2 ツーロン市は人口17万人。フランス海軍司令部がある国内最大の軍港。兵器産業も発達しています(©ツーロン市観光協会)

フランスはユゴーとともに


「文化」については、素人ながらそれなりのこだわりがある。


前回のブログにこう書きました。


何がそのこだわりを生んだのか。思い起こすと、それは、フランスという国に出会ったからかもしれません。


北海道新聞社の記者時代、2回、計5年にわたってパリで暮らす幸運に恵まれました。日本新聞協会とフランスにある同様の組織との交換留学生として、欧州のジャーナリズムを学ぶ機会を得たのが1987年から88年までの1年間。その経験から、道新のパリ特派員のチャンスが巡ってきて、1994年から98年までパリに滞在しました。



その5年間で最も心を打ったのは、フランスの文化力だったと言っても過言ではありません。絵画、ファッション、料理、ワイン、お菓子、音楽、香水、オペラ…。こんな話を逐一語り出すと、きょうの枠には到底、収まりきれないので、ここは、みなさんにこの写真を見て、想像を膨らませてもらえれば幸いです。


パリ・プランタン


ここはどこ? この豪華な空間は劇場でしょうか。もしかしてパリのオペラ座?


答えは「ノン」。実はデパートです。パリ中心部にあるプランタンデパートの本店(1865年開業)。頭上に広がる見事な天蓋を仰ぎ見て、その高さと広がり、色彩にため息をつきました。デパートにこんな無駄な空間を設ける発想。これがculture(キュルチュール=文化)なのか。漠然とこう考え、感じた瞬間でした。


さて、寄り道をせずに、話を進めましょう。

パリといえば凱旋門。訪れたことのない人も映像でご存知ですね。

この広場からは放射線状に12本の通りが伸びています。その1本がビクトル・ユゴー大通り。パリ滞在時、ブーローニュの森に向かうこの大通り近くのアパルトマンに住んだことがあります。最寄りの地下鉄駅はビクトル・ユゴー駅。駅の上には噴水が勢いよく吹き上がるビクトル・ユゴー広場。ユゴーのオンパレードです。


ユゴー16駅

ビクトル・ユゴー(1802~85年)は、言わずと知れたフランスを代表する文豪です。フランスを旅すると、どんな地方都市にも必ずと言っていいほど、その名前を冠した通りが存在します。日本では、「レ・ミゼラブル(惨めな人々)」の作者としてのみ知られていますが、フランスでは、それほどまでに広く国民の敬愛を集める存在。仏文学者の鹿島茂さんは著書で「ナポレオン以上に国民に親しまれた国家的シンボルである」と述べています。

ユゴーが生きたのは、フランス革命(1789年)後の19世紀。王様をギロチン台に送り込んで「自由・平等・博愛」の理想を実現したのもつかの間。新しい世紀を迎え、フランスは再び大混乱に陥りました。

帝政→王政復古→第二共和制→第二帝政→パリ・コミューン(共産主義)→第三共和制。めまぐるしく政治体制を変えていきます。


その時代の先頭に立ち、作家として、政治家として生き抜いたのがユゴーです。彼が世に生み出した「レ・ミゼラブル」を読み、さらには同名のミュージカルを鑑賞することは、とりもなおさず、19世紀の欧州・世界を知ることです。民主主義を渇望する民衆の歴史を知り、命を代償に獲得したデモクラシーの尊さを知る。さらには日本の平和憲法の源流に連なる「戦争放棄」の理想を学ぶ(この点については、あらためて話しましょう)。私はそう確信しています。


私たちの会社が実現に向け奔走してきたミュージカル「レ・ミゼラブル」公演がいよいよ9月に迫ってきました。次回からは、レミゼを楽しむ準備体操。ストーリーを追いかけながら、トレビア(雑学的な知識)を紹介しましょう。

 

写真1 劇場を思わせるプランタンデパート本店。1865年開業。アールヌーボーのガラス天井はまるで巨大な芸術作品

写真2 パリには14本の地下鉄が走る。2号線はまちを東西に結ぶ路線で、凱旋門の次の駅がビクトル・ユゴー駅。駅を出ると文豪にちなんだ大通りや広場がある(©パリ観光局)

ギャラリー
  • エ・アロールの寛容
  • エ・アロールの寛容
  • エ・アロールの寛容
  • 戦う者の歌が聴こえるか
  • 戦う者の歌が聴こえるか
  • 戦う者の歌が聴こえるか
  • ジャン・バルジャンが父になるまち
  • ジャン・バルジャンが父になるまち
  • レミゼを守る野外劇のまち