直接と間接




サッカーとホッケーの違いは、ギターとヴァイオリンのようなもの。



と言うと、何のこと? と思うかもしれません。


人の体と目的の物との間に何かがはさまっているか、いないかの違いです。
球を足で蹴る、弦を指で弾く「直接」に対し、球や弦がスティックや弓の先にある「間接」。


どっちが優れているかという問題ではないにせよ、間接の方があとに生まれたもので、パフォーマンスは良い、と言えそうです。野球で言えば、どんな強肩選手でもバットを介したホームランのように遠くまでボールを投げることはできません。


楽器の世界では、弓で間接的に弦をこするヴァイオリンやチェロなどの楽器群(ヴィオール属)だけが、それらのために書かれた名曲とともに近代以降世界中に普及、首座を占めています。


政治学、文学、音楽と多方面の評論で活躍する片山杜秀氏は、ヴィオール属全盛の背景に近代ヨーロッパ人の精神構造があると述べています。
「そう、その楽器の発達史は、ルネサンスから啓蒙と科学の近代に向かう過程、それすなわち万能の神に人間が成り代わり神殺しを行ってゆく歴史とまったく雁行しているのだ」(「音盤博物誌」アルテスパブリッシング)。

深い分析だと思います。


難しい話はさておいて、ヴィオール属の中でも人間の声域に一番近いチェロを使って、これまで誰も響かせたことのない音楽を奏でる「2 Cellos」 が、2年ぶりに札幌公演を行いました(5月19日ニトリ文化ホール)。



今回は弦楽オーケストラを伴ってチェロ本来の深々とした音色も聞かせてくれましたが、後半は例によって電気増幅の技術を駆使したロックミュージックでした。会場総立ちで大いに盛り上がりました。

IMG_0678
※写真は5月18日函館公演の様子


これを見て、なぜギター(直接)ではなくてチェロ(間接)なのだ? などというのは野暮というものでしょう。

ドッカンドッカン

落語や漫才などお笑い系の世界で、大いに受けるさまを「ドッカンドッカン」と表現するのをご存知の人も多いでしょう。


「ドッカンドッカン笑いを取る」

「ドッカンドッカン受けた」


などと使います。落語の本や落語家のインタビューなどでもよく出てきます。



5月17日道新ホールで開いた道新寄席「春風亭昇太独演会」も、まさにドッカンドッカン笑いの渦でした。


それにしても、なぜ「ドッカン」という言葉を使うのか。いろいろ調べましたが、よくわかりません。

昭和50年代の漫才ブームでのB&B(島田洋七、洋八)で、洋七が当時の客の反応をこのように表現していたという分析がネットに載っていました。
何となく大阪より西から出たような感じはしますね。

会場が一斉に笑いに包まれる。しかも、瞬間的に爆風のように、それも立て続けに次から次へと。これは客席でよりも舞台上の演者の方が身をもって感じるのかもしれません。

爆発音(擬音語)、とても大きい、とても重い(擬態語)―。そんなときに「ドカン」「ドカッと」「ドカドカ」という言葉を使います。
そのいずれでもない「ドッカンドッカン」。言われてみれば、爆笑に次ぐ爆笑を表現するのにぴったりの言葉のようです。

さて、東京・大阪の落語界でもその存在が評価されている「道新寄席」。今年も多彩な顔ぶれでお届けしています。その年間スケジュールと落語豆知識を収めた小冊子ができました。ご希望の方は道新プレイガイドまでどうぞ。

ドッカンドッカン2


写真は道新寄席年間スケジュールの小冊子

別れの音楽

連休にはふさわしくない話題ですが、残念なことに、葬儀に出る機会が多くなりました。
音楽好きとしては、式場に流れる音楽が気になります。式場や葬儀社に任せると、オルゴールなどで邪魔にならない曲が使われるようです。

先日は、エルガーの「威風堂々」が壮麗に鳴り響く式に出させていただきました。意外ではありましたが、おそらく故人のお気に入りだったのでしょう。人柄がしのばれて効果的でした。
そういえば、カラオケ好きだった故人の遺言か、演歌が流れる式もありました。

クラシックだと、ベートーベンの第3交響曲(英雄)の第2楽章、ショパンのピアノソナタ第2番の第3楽章は文字通り葬送行進曲で、代表的な葬送の音楽です。モーツァルトやフォーレの「レクイエム」という手もあります。

暗く沈み込むような音楽は、会葬者にもぐっと迫ります。それでも、葬儀という儀式に先立って使うには重すぎると感じる参列者もいるかもしれません。

静かで心を落ち着けて故人をしのべる音楽、故人のやすらかな旅立ちを思わせる音楽が理想であるに違いありません。バッハやヘンデルのゆっくりした曲を選べば、ほぼ間違いなく目的にかないそうです。



ワーグナーが大好きな私は、「ジークフリート牧歌」がいいかな、と今のところ思っています。



興味のある方はYou Tubeでいくつも演奏を見ることができますので、どうぞ。

壮大な音楽で知られるワーグナーですが、この曲は妻コージマ(作曲家で大ピアニストだったリストの娘)の誕生日のために作曲しました。前年には息子ジークフリートが生まれています。葬送とは対極の目的で作曲されたのですが、穏やかで慰めも感じられ、「あり」でしょう。世界中でこれを葬儀に使う人は皆無かもしれませんが。

この曲の主要な旋律は、ワーグナーの楽劇「ジークフリート」(つまりワーグナーは息子に自作楽劇の英雄の名前を付けたのです)第3幕でも使われます。葬送つながりで言うと、「ジークフリート」の続編の楽劇「神々の黄昏」で英雄ジークフリートは殺されてしまい、その場面には有名な「ジークフリートの葬送行進曲」が流れます。

これこそ葬送音楽というべき、荘重で壮大な名曲ですが、自分の葬儀に英雄の葬送曲を流すのはさすがに気恥ずかしく、考慮の余地はありません。

ギャラリー
  • まつりとカラス
  • おっちゃん
  • 器(うつわ)
  • 器(うつわ)
  • 直接と間接
  • ドッカンドッカン
  • アンコール
  • 書道を広める
  • 続・続ジャケ買い(またはジャケ美術館・その2)