寂しい知らせ

いささか旧聞に属しますが、ドイツ(スイス出身)の俳優ブルーノ・ガンツさんが亡くなりました(2019年2月16日)。

ブログ54 ガンツさん


ドイツ映画には欠かせない名優でした。



当然、わたしは一観客にすぎませんから、独自に何か書く材料を持っているわけではありません。

さはさりながら…。関心を寄せているドイツ映画のことも含めて書いておきます。

ガンツさんといえば、ヴィム・ヴェンダース監督の映画「ベルリン・天使の詩」(1987年)の主役が代表作でしょう。
壮年男子の天使(ガンツさん)が、ベルリンの日常や敗戦時の廃墟をめぐり歩き、最後は人間になって愛する女性と生きていく、というもの。ヴェンダース監督は、天使時代はほとんどモノクロ、人間になってカラーで描き分けますが、モノクロとカラー以上にガンツさんの表情の変化が見事。 


ガンツさんというより映画全体の感想になりますが、貫くテーマが「語り部」なのかな、とわたしは思っています。 

映画の始まりから呪文のように繰り返されるナレーション「Als das Kind Kind war - 子供が子供だったころ」が、ついにこんな言葉を導くのです(図書館の老人の独白)。 


「わしが語り部であることを諦めれば人類は語り部を失う。語り部を失うということは、人類の子供時代もなくなることじゃ」(わたしの勝手な訳)。 

ヴェンダース映画には名文句が次々と出てきますが、「人類の子供時代」も印象に残る一言です。


ガンツさんの数多い出演映画の中でわたしがみたのは
「ヒトラー最期の12日間」(2004年 オリヴァー・ヒルシュピーゲル監督)
「愛をよむひと」(2007年 スティーヴン・ダルドリー監督)
「バーダー・マインホフ/理想の果てに」(2008年 ウーリ・エーデル監督)
「手紙は憶えている」(2008年 アトム・エゴヤン監督)
にとどまります。
最近では、「ハイジ アルプスの物語」(2015年 アラン・グスポーナー監督)が話題になりました(残念、わたしはまだ見ていません)。

「ヒトラー…」では、ヒルシュピーゲル監督は初め、別の俳優を起用しようとしたところ、イメージ悪化を恐れてその俳優は固辞、ガンツさんが敢然と受けたという逸話を聞いたことがあります。孤独でしかも激しいヒトラーを、本人が乗り移ったかのように演じていました。

名優としてコンサートの語りにも起用されています。CDや映像作品があるのは、アバド指揮ベルリン・フィルによるベートーベンの劇音楽「エグモント」。1991年のジルベスター・コンサートのライヴです。

それにしても、日本で見られるドイツ映画はどうしてこうもナチスもの、旧社会主義体制にかかわるものばかりなのでしょう(それはそれで傑作が多いことも事実ですが)。
民衆を描いたもの(「マーサの幸せレシピ」2001年ザンドラ・ネッテルベック監督)や、得意の自動車もの(「ファストトラック-ノーリミット」2007年アクセル・サンド監督、「ラッシュ/プライドと友情」2013年ロン・ハワード監督)や前衛的なもの(「ラン・ローラ・ラン」1998年トム・ティクヴァ監督)など、思い出せるのは実に少ない。もっとたくさんの素晴らしい映画があるはずでしょう。

劇場でもテレビの放送でも、外国映画といえばハリウッドばかり、では寂しい。

あらためて、ガンツさんに合掌。

お名前は?

ひと月ほど前に「襲名」について書きましたが、似て非なるものに「改名」があります。
周囲には個人の改名はそれほどありませんが、施設や店の改名にはよく出会います。

どういうときに改名するのか。
単純なのは、施設などの経営主体が変わった場合。経営者の考え方、思いを用者にアピールするには、新しい名前は有効です。

でも、利用者からみると、必ずしも歓迎できるとは限りません。
規模の小さな飲食店なら、「大将」や「マスター」「ママ」とともに店名が変わるのはむしろ自然でしょう。しかし、不特定多数が利用するより大きな規模の施設の名前は、長くなじんできたものであればあるほど、定着に時間を要することになる。

文筆家の伊東ひとみさんは書いています。
<名前は「言葉という木に咲いた花」だと思う。古来積み重ねられてきた人の営みという「土壌」に、言葉という「木」が育ち、そこに名前の「花」が咲く。「花」すなわち名前も言葉の一部であり、人が生み出した歴史や文化に深く根を下ろしている>(2月20日毎日新聞)

イベントの仕事をしていて気になるのは、ホテルの改名です。
札幌市内に限らず、かなり改名の頻度が高い。それだけホテルの経営は難しいということなのでしょうが、短期間に3回、4回と名前が変わったところもあります。
「前の〇〇ホテル」でもイメージがわかず、「もとの○○ホテル」などと、2代、3代前の名前を口に出して確認することもあるほど。
新しい名前が、単純で親しみやすいものであればまだいいのですが、暗号のようなのもたまにあり、正式名称を調べるためにスマホに手を伸ばすことになります。

見慣れた木と花が、ある日突然、花だけさし替えられたような違和感といったらいいでしょうか。こんな改名(命名)は、失敗というべきでしょう。

結婚披露宴などの人生の節目をはじめとして、ホテルは人々のいろんなシーンと結びつきます。そんな思い出に配慮するのもホテルの責任、と言ったら強すぎるでしょうか。

思い出すのはこどもの「キラキラネーム」。最近は減ってきたようです。親の思いは否定しませんが、名前を付けられた本人が一生付き合うことになる、という想像力も求められます。
施設の「名付け親」は、将来はもちろん積み重ねてきた長い歴史にも想いを寄せてほしい。

一方、さまざまな公演に利用されるホールなどでは、企業が命名権を買ってPRに活用する例が一般的になりました。
旧札幌市民会館の跡地に建つ「市民ホール」はこれまで「わくわくホリデーホール」でしたが、4月からスポンサーが変わって「カナモトホール」となります。

多くのイベントでは、相応の前売り期間がありますから、販売中に会場の名前が変わると、券面表記に気をつけなければなりません。
今回の市民ホールの場合は、主催者はチケットの会場名を「市民ホール」とだけ表示しているようです(道新文化事業社には該当する主催イベントはありません)。
名前が変わると、なにかと気苦労が多いのです。

そういえば日本の時間の名前=年号も変わるのですね。

彩りの祭典

70回さっぽろ雪まつりが開かれています。

北海道新聞グループの一員として、道新文化事業社も運営にかかわっていますが、昨年までの2丁目から変わって、ことしは5丁目の東側が担当です。

 

ここは今回のまつりの中でも注目の大雪像「北海道を駆ける! サラブレッド」がメーンです。前年までの「氷の広場」は小ぢんまりしていましたので、ちょっと<出世>した感じ。

 
DSC_6610


けさ2月7日の北海道新聞札幌版でも紹介されていますが、この雪像は夜になると「光と音のショー」のスクリーンになります。サラブレッドが駆け出し、背景が動いたりします。

プロジェクションマピングと呼ばれる技術が使われているのです。

 

新聞でも紹介の通り、今年の雪まつりは5つの雪像で映像投影が行われています。もはや夜の雪像は、単なるライトアップでは物足りなくなっちゃってる。

ありがたいことに、「サラブレッド」は、なかでも評判がいいようです。

 

雪まつりといえば、かつては「白い祭典」などと枕詞がつく行事でしたが、すっかり「彩りの祭典」になっているのですね。

 

「雪まつり、しばらく行ってないな」という札幌市民のみなさんも、ぜひ暗くなってからのひとときを楽しみにお出かけください。

 

 

 

写真はカラフルに動き出すサラブレッドの大雪像

ギャラリー
  • 続続・寂しい知らせ
  • ヘンなCD
  • 寂しい知らせ
  • 彩りの祭典
  • 買い負け・のようなもの
  • 買い負け
  • 襲名
  • 原作…追加(渋々)
  • 原作は?