中古大好き

最初に買ったクルマは中古車。クルマは今も、中古で十分と思っています。


月に何度かは市内の古書店を回ります。ネットオークションに抵抗感はなく、たまにですが買い物をします。
ネットの中古CD販売サイトはなるべく欠かさずチェックすることにしていて、これはかなり頻繁に利用します。

というわけで、私は中古に抵抗感のない人間です。というより、中古大好き人間といってもいいくらいです。


特に趣味のCD。このごろはあまり興味をひく新譜が出ない。


それに比べれば、中古市場はまさに宝の山です。クラシック音楽に親しんでウン10年、さまざまな情報が頭に入っているはずなのに、「へぇ、こんなのがあったんだ」という珍盤に巡り合うことが今でもある。
LPレコードなら傷は致命的ですが、CDで鑑賞に耐えない中古盤に当たることは稀です。解説書などの書き込みは興ざめですが。

私どもが扱っている商品、チケットにもこのごろ中古品が出回ります。といっても、使用済みではなく、未使用品のいわゆる横流しです。



これは困る。



裏ルートでの高額チケットの横行は、ファンを公演から遠ざけることにつながる。巨費が闇の世界の資金源になる恐れもある。

業界団体の日本音楽制作者連盟などは、昨年からチケットの高額転売に反対するキャンペーンを行っています。有名アーティストが名前を連ねた新聞広告やポ スターを目にした人も多いことでしょう。

ブログ中古_edited-1

 
古書や中古CDと同じで、「正規ルートでは手に入らないのだから仕方がない」と思う人もいるかもしれません。

何とかしなければならない。業界は、都合で公演に行けなくなった人のチケットの流通ルート整備を計画しています。新システムの登場に、私たちも注目しています。


写真はチケット高額転売に反対するポスター

美しき機械

クルマのダッシュボードや航空機の操縦席(写真で見ただけですが)、工場の内部…。
「男子」にありがちな傾向かと思いますが、こういった機械系に美を感じます。機能もさることながら、その佇まい自体が美しく、見ていて飽きないのです。

このごろ特に魅かれるものがあります。

ブログ2

 
カメラです。

両手で構え、ファインダー(またはディスプレイ)をのぞきながら構図を決め、指の操作でピント、露出を調整していく。
あの小さな機械の全身に配置されたパネルやスイッチは、無理なく操作できるように工夫された結果ですが、それがまたほれぼれする美しさなのです。


道内の写真家が感性や技術を競う第64回写真道展の準備が進んでいます。道新文化事業社は北海道写真協会の事務局を預かり、写真道展の運営もお手伝いしています。先日、審査会が北海道新聞社で開かれ、大賞ほか各賞が決まりました。

審査にあたったのは、協会のベテランたち。女性も多く、みなさん美しい機械を構えたらかっこいい、美しい人たちばかりです。


写真は美術や書道のような創作とは違います。機械の力を借りて「そこにあるもの」を写し取るのですが、それでも、「作家」ならではの味が色濃く表れるところが面白い。

ブログ1



審査結果は近く新聞紙上に発表され、作品展は5月に道新ギャラリーで開かれます。また、展覧会に先立って、北海道新聞は主要作品を紹介する特集面をお届けする予定です。楽しみにしていただきたいと思います。

さて、機械なら何でも美しいかというと、そうはいきません。カメラと同じ「ショット」という言葉を使う拳銃は、怖いイメージが先立ちます。同じ飛行機でもステルス爆撃機などは不気味です。
人の命を奪う機械は「奇怪」な外観をしているようです。


写真は昨年の写真道展の作品集
   美しき機械

ナマオト

“お堅い”クラシック以外のコンサートは今日、電気増幅が一般化しています。小規模なライブハウスなどでは、マイク、スピーカーを使わなくても十分に音は伝わる。音量過剰を感じることが少なくないのです。声でも楽器でも、発生源から空気の震えが直接伝わってくる感じが、ライブならではだと思うのですが。



「いい酒といい女は迎えに行け」という言葉があります。もとはカクテルの楽しみ方を教えたことばだそうです。




名人バーテンダーは、度数の高いカクテルは漏斗に脚を付けたようなグラスにあふれるぎりぎりの分量をぴたりと決めてくれます。こぼさずに持ち上げて口に 運ぶのは難しい。
一見、行儀が悪そうですが、口のほうをグラスに運んで一口目を味わうのは、むしろ礼儀にかなう。いい酒を「迎えに行く」というわけです。
「いい女」については解説は不要ですよね。いや、「好きな相手」と言い換えたほうが適切でした。



音楽も同じところがあると思うのです。



大音響を体全体で浴びるのもいいですが、かすかな音のニュアンスを求めて耳をそばだてるのはまた格別です。いい音、いい音楽を「迎えに行く」わけです。
前々回のブログで武満徹さんの「小さい音が好き」という言葉を紹介しましたが、同じことを言っていると思います。


昨年、フラメンコギターの沖仁さんのコンサート(道新ホール)では、「生音コーナー」という時間帯があって、沖さんの魔法のような音色をじっくりと味わうことができました。


26日にかでるホール(北2西7)で開く柏木広樹チェロ・アコースティック・コンサートは、文字通り全編生音です。楽しいトークとともに柏木さんのチェロ、NAOTOさんのバイオリン、榊原大さんピアノの、皮膚ではなく心に届く音色をぜひお楽しみいただきたい。
DSC_0144

皆さんを「お迎えに行く」ことはできませんが…。


写真は柏木広樹チェロ・アコースティック・コンサートのお知らせ

ギャラリー
  • 彩りの祭典
  • 買い負け・のようなもの
  • 買い負け
  • 襲名
  • 原作…追加(渋々)
  • 原作は?
  • 原作は?
  • 受験時代
  • 鬼を笑わす