新劇場哀話-といってもドイツの話

もう30年以上も前になりますが、旧東ベルリンのベルリン州立歌劇場でワーグナーのオペラ「タンホイザー」を見ました。わたしの初めてヨーロッパ歌劇場体験でした。

berlin881


ベルリンの文化地区ウンター・デン・リンデンの「顔」です。プロイセン王フリードリヒ2世(1712-1786年)の命で建設され、1742年にこけら落とし。第2次大戦中のベルリン空襲で破壊されましたが、55年に再建。旧東ドイツ時代はもちろん、統一後もドイツ・オペラの殿堂として君臨してきました。


その歌劇場の全面改修がこのほど行われ、昨年、にぎやかに再開しました。2010年に始まった工事は、さまざまな困難に遭って予定より3年も遅れたのでした。


再建のドラマがドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」として制作されました。札幌で新ホールの建設工事が大詰めを迎えているなかだけに、CATVのクラシック音楽専門チャンネル、クラシカ・ジャパンが放映したのを興味深く見ました。

ドキュメンタリーの特徴は、そこで働く人々を丹念に取材したことです(アンネ・オステルロー監督)。職場としてのオペラハウス、そこで働く職人や労働者にとっての劇場再建の意味を問いかけているのです。

歌手たちや専門技術を身につけた若い職人たちは、新しい歌劇場の完成を思い描きながら、旧劇場の思い出を語り、感謝の言葉を捧げます。
専属の歌手たちは再建工事中は、市内のもうひとつの有名劇場シラー劇場で歌います。スター歌手たちはその間も、世界の歌劇場に出演し、喝さいを浴び続けます。

しかし、大道具・小道具やその運搬、館内の清掃など、単純作業にかかわってきた高齢の職員らは、取り壊しとともに職を失うのです。

勤続37年の大道具係の男性は「あと数年で定年を全うできるのに、新しい劇場の完成を待ってではもう働けない」と、うらめしそうに語ります。それだけではありません。旧東ドイツ出身者の年金は、旧西出身者より30%も低い、というのです。旧東時代の払い込み金額が算定基準になっているからで、東西格差が厳然と残っているのです。
職種でも差別されています。勤続50年の男性が働く運搬部はほとんどが旧東ドイツ出身者か、統一後世代の学生アルバイトだといいます。新劇場に彼の働く場所はありません。ピエロ志望だった別の男性は、旧東時代に家族が亡命したため当局から目を付けられて夢を阻まれ、統一後も下積みの人生を送らざるを得ませんでした。

2010年、あと数か月で職場がなくなるという最終シーズン。プッチーニの「ラ・ボエーム」やチャイコフスキーの「エフゲニー・オネーギン」が上演される劇場で、床ふきをしたり、デッキブラシに寄りかかってリハーサルに聞きほれたりする職員たちの姿が映し出されます。

分断国家の「後遺症」は日本では想像するしかありません。では、職種の格差はどうでしょう。
今では、運搬も清掃も別の専門の会社が請け負って、働く人たちはひとつひとつの現場に感傷を持つようなことはないでしょう。現場がなくなれば、次の現場を求めていくだけのことです。
企業活動としては合理的でしょうが、「その仕事がどんな役に立っているのか」は、働く者からは見えにくい。



照明係の男性が語った言葉が胸に残ります。「仕事を愛していなければ(退職が)こんなにつらくは感じない。晴れ晴れと辞められるだろう」



EU諸国のなかで、ドイツが経済的に最も成功したのは、労働市場の流動化に果敢に取り組んだからだ、と言われます。そんなドイツで、歌劇場のこの職場は取り残された「聖域」だったのかもしれません。文化の殿堂の裏側からその歴史を、スタッフとして見続けることができたのですから。

新歌劇場のこけら落としには、シューマン作曲の「ゲーテのファウストからの情景」が、オペラと演劇を融合した新構成で上演されました。同じチャンネルで全編が放送されましたが、素晴らしい舞台でした。

上演のプロローグ、前口上のナレーターとして往年の名ソプラノ歌手、アンナ=トモワ・シントウが登場しました。
わたしが30数年前にみた「タンホイザー」でヒロイン、エリーザベト役を歌っていた歌手です。これにも因縁を感じてしまいます。

そして、終演後にも見どころが待っていました。カーテンコールに、ドキュメンタリーに登場した職員たちが登場し、観客たちの大きな拍手を受けたのです。誇らしげな顔に見えましたが、内心にあったのは涙でしょうか、あきらめでしょうか、それとも恨みでしょうか。

参考までにクラシカ・ジャパンの番組ホームページを載せておきます。

http://www.classica-jp.com/program/detail.php?classica_id=CU1767

写真は旧ベルリン州立歌劇場(2007年の来日公演のプログラムから)。新劇場の外観は、これをほぼ再現している。

新ホール

札幌市民交流プラザのオープンまであと半年余りとなりました。

プラザの施設でもっとも期待されるのが、札幌文化芸術劇場(愛称・hitaruヒタル)でしょう。
北海道で初めて3面舞台を持ち、大規模なオペラやバレエ、ミュージカルの公演が可能になります。
こけら落とし公演は10月7、8日に上演されるヴェルディのオペラ「アイーダ」。指揮はイタリアの俊英アンドレア・バッティストーニ氏、管弦楽は札幌交響楽団。イタリアの演出家ジュリオ・チャバッティ氏による新演出で、神奈川県民ホールなど国内有力3劇場、東京二期会と共同制作します。
新しいホールで新演出のオペラを見られる、最高の贅沢と言えるのではないでしょうか。


道新文化事業社は、新ホールのチケット部門を一緒にやらせていただくことになっています。公演チケットの前売りに先立って、先行購入サービスが受けられるメンバーズクラブの事務局もお預かりしています。

北海道新聞3月19日朝刊の文化面は、「アイーダ」公演の特集を掲載しましたが、これをご覧になった読者のみなさんから、事務局やプレイガイドにはメンバーズ入会の申し込み、問い合わせ電話がひっきりなしにかかってきています。
札幌市民、道民のみなさんの関心の高さがひしひしと感じられます。


交流プラザメンバーズのホームページは
http://sapporo-community-plaza.jp/member.html


いま、オペラブームと言われます。男性オペラ歌手のユニットがアイドル並みに人気を集めたりしています。



イタリアオペラというと、ソプラノやテノールの圧倒的な発声を思い浮かべる人が多いかもしれません。そこがなじめない、という人にもよく会います。ですが、ヴェルディのオペラを「女の人が甲高く歌う作品」と思い込むと誤ると思います。

それは全部で29曲あるといわれるオペラのタイトルからもわかります。アイーダのように、ヒロインの名前をタイトルにしたオペラは実は少数で、リゴレットとかオテロとか、男声ものの方が多いのです。「ヴェルディはバリトン(低い男声)を聞く作曲家だ」という人もいます。
そのあたりは、同じイタリアの、もうちょっと後で出てくるプッチーニとは違うのではないでしょうか。

hitaru


ヴェルディ作品を見たり聞いたりして感じるのは、「手練れの職人の技」ということです。わたしが大好きな同時代の作曲家ワーグナーは、大自意識家でした。自分の芸術が一番かわいくて、歌う人や聴く人のことをあまり考えていないようなところがある(そこがまたいいのですが)。それに対しヴェルディは、ほぼ20分ぐらいで必ずと言っていいほど場面転換があり、1幕が1時間を超えることもなく、あまり負担を感じずに聴き続けることができます。


聞かせどころのアリアや重唱、合唱がきっちりと区切られて現れるので、あらすじが頭に入っていれば、たとえ歌詞がわからなくても、舞台で起こっていることを理解することができます。



アイーダに関する解説はhitaruのアイーダ特設ページその他をご覧いただきましょう。
http://www.sapporo-community-plaza.jp/event_181007.html



1869年、エジプトのスエズ運河開通と新オペラハウスのオープンをきっかけに作曲された「アイーダ」は、そのことだけでも祝祭向きです。

絢爛豪華な舞台を楽しみに待ちたいと思います。

写真は「アイーダ」公演を紹介する北海道新聞文化面(3月19日朝刊)


悪魔の楽器

悪魔が発明した楽器」と言われる楽器があります。


バンドネオンです。


アコーディオンを小さくしたような形をしていて、タンゴの演奏には欠かせません。



なぜ、悪魔なのか。



演奏が難しいからです。
蛇腹の左右に、音程を作るキー(ボタン)があるのですが、それがそれぞれ33、38個(標準のタイプ)。さらに蛇腹を押し込むか開くかでも音が変わる。合わせて142の音を組み合わせるのだそうです。ボタンはアコーディオンの鍵盤とは違って不規則に並んでいる。



なるほど大変そうだ。



しかし、まぜっかえすようですが、僕の数少ない経験では、簡単に演奏できる楽器は、そもそも存在しません。どれもがみな悪魔の発明ではないかと言いたい。


楽器の王ともいえるピアノやオルガンなどの鍵盤楽器。キー(ボタンや鍵盤)が多すぎる。タッチをそろえるのも、半端な練習ではできません。
ピアノに比べたら部品数は数百分の一の単純さのヴァイオリンは、音楽の素材になりうる音を出すこと自体が難しい。正しい音程を出すのも大変です。
フルート、クラリネットなどの木管楽器は、息や唇のコントロールが微妙ですし、リードを細工する器用さが要るものもあります。
(金管楽器だけはどれにも触ったことがないので、「簡単に違いない」とうそぶいています)


さて、バンドネオンです。これにもわたしは触ったことがありません。
アストル・ピアソラの音楽はギターでも演奏し、ピアソラ自身のCDもよく聴くので、多少わかったつもりで言いますと、この楽器は音を長く引き延ばしてその音に無限のニュアンスを込められる楽器です。構造の複雑さもあるでしょうが、その、いかようにもニュアンスを変えられる可能性の奥深さが難しさの源泉なのではないか。



バンドネオンはドイツ人のバンドさんという人が19世紀に作ったそうです。それが南米に伝わって、タンゴと深く結びつくことになりました。



道新文化事業社もお手伝いして、タンゴの演奏会が来年開かれることになりました。
やはりドイツ人で、コンチネンタル・タンゴの往年の巨匠だったオットー・ヴィットさんをしのぶコンサートです。ヴィットさんはバンドネオンの名手で作曲家でもありました。晩年を札幌で過ごし、文字通り札幌に骨を埋められました。


コンサートは来年3月です。今後、折に触れてこのコンサートのことを紹介していこうと思っています。

バンドネオン

新聞記事の写しは北海道新聞昨年8月4日夕刊
ギャラリー
  • 新劇場哀話-といってもドイツの話
  • 新ホール
  • 悪魔の楽器
  • ああオリンピック
  • この1年
  • 今年のCDベスト3
  • 今年のCDベスト3
  • 今年のCDベスト3
  • 手作りオペラ