芸術の秋と選挙

芸術の秋たけなわです。


わたしは仕事上でも趣味でも、味わうべき催し、展示が次々と押し寄せて、うれしい悲鳴といったところですが、みなさんはいかがでしょうか。

そんな秋に、降ってわいたような選挙で、世の中は騒然としています。
わたしたちの生き方に大きくかかわる選択の機会ですから、有権者としてしっかりと取り組まなければならないところですが、思わずこう言いたくなります。



「芸術の秋に、なんと無粋な」



10月5日の朝日新聞都内版に目が留まりました。平田オリザさんが書いています。
<マスコミが「小池劇場」「劇場型政治」と呼ぶことに憤りを感じます。劇場は市民が集い、作品について「対話」し、考えを深める場です。いまの政治家がしているのは、それとは全く違い、目先の視聴率を競う「テレビ型政治」です>


劇作家ならではの視点ですが、いいこと言うなあ。


政党や立候補予定者には、「無粋」と言われないようにしっかりと有権者と対話してもらいたいものです。


それにしても、解散を仕掛けた側も受けて立つ側も、今まで見たことがないほど劣化していると感じるのはわたしだけでしょうか。
あけすけな「自己保身」のにおいがぷんぷんするからです。

根本的な疑問があります。
選挙でその思いを伝えることができるのかどうか。

選挙は、わたしたちとは全く離れたところで「出したい政党」が選んだ人や「出たい個人」の顔のなかから一人を選ぶ制度です。
民主主義の最も大事な手続き、と言われながら、実は有権者にとってこれほど制約の多い、隔靴掻痒の仕組みはありません。
そうかといって、それに代わる仕組みはなかなかありません。

結局、有権者は一生懸命情報を仕入れて「最善の(またはよりましな)1票」を投じるしかない。
そうであればこそ政治家は、自分はそんな制約のなかで選ばれた代表であることを自覚することが必要でしょう。わたしはそれを「民意に対する畏れ」と言い換えたい。

選挙で多数を得たから何をやってもいい、というのは最も避けるべき態度です。
そんなことを言いそうな候補者を見抜く、そんなことを何度もやってきた人には騙されないようにする、そんな選挙にしたいとわたしは思うのですが。

ところで、「テレビ型」選挙と言われて、テレビの人たちはどう感じるのかも気になります。
テレビだってマスコミの重要なプレーヤー。「しょせんテレビ」といわれることに反発してほしい。テレビを通じて「劇場」を再現することも可能なはずです。

男の子

知人の女性が母親になりました。
男の子が生まれたのです。
心からお祝いをさせてもらいましたが、思わず「男の子は大変だよ」って言ってしまいました。男とは、どうしようもない生き物だからです。自分が男のくせに、いや、だからこそ自信をもって言えます。


漫画家の東海林さだおのエッセーに

「ヘンなことばかり考える男、ヘンなことは考えない女」

というのがありました(文春文庫。残念、わたしは中身を読んでいません)。



周囲を振り返っても、その通りだなあと思います。
テレビでも、夫のおかしな趣味に顔をしかめる奥さん、というバラエティーは定番。その逆にはあまりお目にかかりません。


しばらく前の新聞に、幼いころから周囲が女性ばかりだった人が、男の子の子育てに戸惑っている、という話題が載っていました。その言動が理解できないというのです。
そんな母親たちのほぼ共通して感じる男の子の特徴があるといいます。

 ①じっとしていられない
 ②話を聞かない
 ③物を集めるのが好き
 ④言葉ではなく手が出やすい
 ⑤何度失敗しても懲りない
 ⑥プライドが高い
 ⑦ふざけたり下品なことを言ったりする


思い当たることばかりです。



連想して、思い出し笑いしてしまうシーンがあります。
知人のバレエ教師の発表会・幼児の部です。女の子はちゃんと踊っているのに、男の子はすぐに舞台袖に引っ込んでしまったり、床に寝転がったり、まるで発表にならないのです。

北海道弁で「おだつ」という言葉があります。まさにそれ。

性差をあまり強調すると、男女同権、共同参画の立場から批判を受けるかもしれませんが。

バレエと言えば先日、熊川哲也さんが主宰するスタジオの男性5人のグループ「Ballet Gents」の公演がありました。熊川さんもそうですが、札幌出身者が重要な役割をはたしています。
美しく、力強く、そして時にはコミカルに。素晴らしいステージにお客様は大満足のご様子でした。

彼らも幼いころは、「おだっ」て稽古にならなかったこともあるのではないか。
そんなことを勝手に想像してニヤついています。


最近男の子の母親になった冒頭の知人には、男のきょうだいがいます。彼女はあまり戸惑ったりせずに子育てできることでしょう。

魔法を解く

「かえるの王様」という童話があります。

ある王女が泉に金の鞠を落としてしまった。カエルが現れ「わたしを友達にして、同じ皿で食事をし同じベッドで寝かせてくれるなら、鞠を取ってきてあげよう」と申し出る。王女はいったんは同意して鞠を取り戻すが、気味悪がって約束を破る。しかし、事情を聴いた父王は約束を守るよう命令。王女はカエルと食事を共にし、いよいよ寝室へ。しかし、どうしても一緒に寝ることができず、カエルを掴んで壁にたたきつける。と、カエルにかけられた魔法が解けて立派な王様が現れ、二人はめでたく結婚して末永く幸せに暮らす、というあらすじです。


どうにも腑に落ちません。自分を嫌い続け、命まで危険にさらす女性に、なぜカエル王は求婚したのか。そんな結婚がうまくいくものなのか。
と思っていたら、別バージョンがあることがわかりました。王女はカエルにキスをし、それで魔法が解けたというのです。



これなら納得できますね。



キスが魔法を解くという物語はほかにもあります。わたしの得意分野であるワーグナー作品では、英雄ジークフリートが、眠るブリュンヒルデ(ワルキューレの長女)にキスして目覚めさせます(楽劇「ジークフリート」)。


そして、何といってもなじみ深いのが、「白雪姫」と「ねむれる森の美女」でしょう。
ただ、白雪姫には、毒のリンゴを吐き出すのをきっかけに眠りから覚めるという別バージョンもありますが。



25日には札幌・わくわくホリデーホールで、バレエ「ねむれる森の美女」の公演があります。子供たちが楽しんで見られるよう上演時間を短縮し、ストーリーにも手を加えたもの。世界的に高く評価されている東京バレエ団が踊ります。


まだ席に余裕があります。親子連れはもちろん、カップルや大人おひとり様でも楽しめる内容。本物のバレエと楽しい舞台に触れるのはどうでしょう。


ねむれる森

写真はバレエの名場面(PRチラシより)
Photos:Kiyonori Hasegawa
ギャラリー
  • 魔法を解く
  • ウマはウマでも
  • 祝祭の音楽
  • まつりとカラス
  • おっちゃん
  • 器(うつわ)
  • 器(うつわ)
  • 直接と間接
  • ドッカンドッカン