悪魔の楽器

悪魔が発明した楽器」と言われる楽器があります。


バンドネオンです。


アコーディオンを小さくしたような形をしていて、タンゴの演奏には欠かせません。



なぜ、悪魔なのか。



演奏が難しいからです。
蛇腹の左右に、音程を作るキー(ボタン)があるのですが、それがそれぞれ33、38個(標準のタイプ)。さらに蛇腹を押し込むか開くかでも音が変わる。合わせて142の音を組み合わせるのだそうです。ボタンはアコーディオンの鍵盤とは違って不規則に並んでいる。



なるほど大変そうだ。



しかし、まぜっかえすようですが、僕の数少ない経験では、簡単に演奏できる楽器は、そもそも存在しません。どれもがみな悪魔の発明ではないかと言いたい。


楽器の王ともいえるピアノやオルガンなどの鍵盤楽器。キー(ボタンや鍵盤)が多すぎる。タッチをそろえるのも、半端な練習ではできません。
ピアノに比べたら部品数は数百分の一の単純さのヴァイオリンは、音楽の素材になりうる音を出すこと自体が難しい。正しい音程を出すのも大変です。
フルート、クラリネットなどの木管楽器は、息や唇のコントロールが微妙ですし、リードを細工する器用さが要るものもあります。
(金管楽器だけはどれにも触ったことがないので、「簡単に違いない」とうそぶいています)


さて、バンドネオンです。これにもわたしは触ったことがありません。
アストル・ピアソラの音楽はギターでも演奏し、ピアソラ自身のCDもよく聴くので、多少わかったつもりで言いますと、この楽器は音を長く引き延ばしてその音に無限のニュアンスを込められる楽器です。構造の複雑さもあるでしょうが、その、いかようにもニュアンスを変えられる可能性の奥深さが難しさの源泉なのではないか。



バンドネオンはドイツ人のバンドさんという人が19世紀に作ったそうです。それが南米に伝わって、タンゴと深く結びつくことになりました。



道新文化事業社もお手伝いして、タンゴの演奏会が来年開かれることになりました。
やはりドイツ人で、コンチネンタル・タンゴの往年の巨匠だったオットー・ヴィットさんをしのぶコンサートです。ヴィットさんはバンドネオンの名手で作曲家でもありました。晩年を札幌で過ごし、文字通り札幌に骨を埋められました。


コンサートは来年3月です。今後、折に触れてこのコンサートのことを紹介していこうと思っています。

バンドネオン

新聞記事の写しは北海道新聞昨年8月4日夕刊

ああオリンピック

平昌オリンピックが盛り上がっています。
鍛えに鍛えた力、磨きに磨いた技を競い合うだけでもすごいのに、結果がでるやいなや「4年後」の目標に向かって再び鍛錬を開始するという選手たち。
そのストイックな姿勢に、怠け者のわたしは、感動どころか畏怖さえ覚えます。


そんな素晴らしい競い合いに水を差すかのようにさまざまな課題が、今回ほど目立つ大会もないのではないか。
政治色、天候と競技時間の問題、開幕前からある「五輪」知的財産保護の問題などです。
根底に「国別対抗」「商業主義」があるわけで、いかんともし難い面も多いことは認めざるを得ません。
それにしても、もっと競技自体を楽しむ、超人のパフォーマンスに純粋に酔いしれる大会であってほしいものだと思います。



うろ覚えですが、こんな言葉があるそうです。




新聞はスポーツ面が一番。この面には、人間が成し遂げたすばらしい成果が載っている。それに対し、1面、社会面には人間がやってしまった醜い行いの報道が多すぎる。




醜いこと、許せないことを報じるのを怠っては、新聞の使命は果たせませんし、そうしたニュースをひとりひとりがきちんと読み、理解しないと民主制はなりたちません。

ですが、スポーツの世界にまでそんなニュースが割り込んでくるのは困りものです。

さて、

オリンピックと言えば思い出すCDがありますので、余談として付け加えます。


オリンピア―デ

16人の作曲家による歌劇『オリンピーアデ』
マルケロス・クリシコス(指揮)ヴェニス・バロック・オーケストラ(EU輸入盤 naïveレーベル)=写真=。


題名の通り、イタリア・バロック時代の16人の作曲家による同じ台本のオペラから、ところどころを取り出してつなげたものです。
16人にはハッセ、ガルッピ、パイジエッロ、ヴィヴァルディ、ヨンメッリ、ケルビーニ、チマローザなどがいます。何人かはご存知の名前もあるのではないでしょうか。


オペラの舞台は古代ギリシャ。ある町の支配者がオリンピック・ゲームを催します。競技の賞品は彼の娘。勝者は彼女と結婚することができる。ところが、彼女には相思相愛の青年がいて…。
青年の友人、その恋人で父王に交際を反対されているために身分を隠している王女などが登場し、はらはらどきどきさせた挙句、最後はめでたしめでたしの幕切れとなります。


18世紀のイタリア・オペラは、作曲家ではなく台本作家が主役だったそうです。中でも人気だったのはピエトロ・メタスタージオ(1698-1782)という人。モーツァルトの「ティートの慈悲」も原作は彼でした。で、彼の「オリンピア―デ」は最大の人気作で、何と60人以上の作曲家が作曲したというのです。
このCDは、代表的な16人の「オリンピア―デ」全曲の中から場面に沿って優れた曲を選び出してつなげた、というわけです。


はっきり言ってキワモノで、おそらく日本で入手するのは困難(ヴィヴァルディの全曲盤はどこかで買えるかもしれない)ですが、同じように聞こえるバロック作品ながら作曲家の個性がわかり、それなりに意義のある試みだと思います。


以上は、知っていても何の役にも立たない余談でした。お付き合いありがとうございます。
ことしも、忘れたころに書き込んでいくことにしますが、こんな役に立たないことが多くなるかもしれません。

この1年

ことし1年を振り返るのに、印象的な言葉を2つ紹介します。偶然ですが、朝日新聞と毎日新聞が同じ12月6日の夕刊(電子版)に載せたコラムです。


「政治と経済は分断するが文化は結ぶ」-池澤夏樹「終わりと始まり」(朝日)


「私(指揮者サイモン・ラトル)は彼ら(ベルリン・フィルの団員)を、腹のすいたトラの集団だと思っている。このオーケストラの団員は自分の仕事だから音楽をするとは思っていない。音楽をしなければこの世は終わると思っている」(ラトルの来日記者会見の言葉)-(毎日)

池澤氏も、本心から政治や経済を見限っているわけではないでしょう。政治にも経済にも結ぶ力はあるのに、そうなっていない現状を憂えたものだと理解します。


文化は、そんななかで孤軍奮闘せざるを得ない。
ラトル氏の言葉は、闘争宣言のように響きます。


文化を「娯楽」と同義にとらえて軽く見る風潮は、今に始まったことではありません。しかし、文化にかかわる人には、切羽詰まった思いの人も、文化の力を信じている人も大勢いるのです。



その隅っこで仕事をさせていただいているのが道新文化事業社です。こんな小さな会社が「結ぶ」とか、「この世の終わりを止める」ことができるとは思いません。それでも―。



「志」は大きく持っていたいものです。


2017年間興行
写真は、ことし1年、道新文化事業社が取り組んできた主な事業の一覧です。忘年会に向けて幹事役の社員がつくり会場に掲示しました。
みんなで取り組んできた事業です。大きなもの、小さなもの、ひとつひとつに思い出があります。


来年2018年も、多くのお客様にご満足いただけるよう一同力を合わせていきたいと決意しながらこの年を送りたいと思います。
来年の主な事業の予定は1月7日(掲載予定)の道新朝刊広告でお知らせします。


みなさま、よいお年を。


(道新プレイガイドは仕事納めの28日は午後3時までです。新年は4日午前9時半から平常通り営業しています)

ギャラリー
  • 悪魔の楽器
  • ああオリンピック
  • この1年
  • 今年のCDベスト3
  • 今年のCDベスト3
  • 今年のCDベスト3
  • 手作りオペラ
  • 花をめでる
  • 彩り豊かな「冬の旅」