続続・寂しい知らせ

ブルーノ・ガンツさん、ドナルド・キーンさんに続いて、今回は音楽家の訃報に捧げるブログです。

アンドレ・プレヴィン(2月28日没)。(音楽家には「さん」を付けない自分がおかしい)
日本では、NHK交響楽団の首席客演指揮者(2009~12年)でおなじみかもしれません。クラシックのほかジャズの作曲・編曲、ピアノ演奏、そして映画界でも『マイ・フェア・レディ』の作曲・編曲などでアカデミー賞受賞4回と、才能を発揮し続けたマルチなミュージシャンでした。

わたしが彼の名を知ったのは高校生のころです。彼はギター協奏曲を1曲書いており、ソリストにジョン・ウィリアムス(映画音楽作曲家とは別人のクラシック・ギタリスト)を迎え、自身がロンドン交響楽団を指揮して初演・レコーディングも行われました。
わたしがクラシックギターに熱中していたころのことです。

ギター弾きにとってこれはすごい曲でした。現代音楽の中でどう位置づけられるのかは、わかりませんでしたが、ソロのクラシックギターのほかにエレキギターが重要な役割を果たします。ロックのようなジャズのようなエレキギターと、オーソドックスなクラシックギターが格闘するように交互に演奏し、最後はクラシックギターが勝利して(?)静かに曲を結ぶ、という構成です。

思い出すのが、2008年に制作されたプレヴィンのドキュメンタリー映像のシーンです。
ロック・ギタリストである息子ルーカスとの会話。ルーカスはロックバンドのザ・フーが大好きだったのに、父プレヴィンに聴くことを禁じられていた。ある晩ルーカスは、両親が寝静まってから家のクラシックギターをロックのようにかき鳴らして、父プレヴィンにこっぴどく叱られた、と思い出を語っているのです。

その後、父プレヴィンはロックへの理解を深めていき、ルーカスとはとてもいい父子関係になっていったことが、映像からよくわかるのですが、あの夜のできごとがギター協奏曲に影響しているのではないか、なんて想像するわけです。

オペラも2曲書いています。「欲望という名の電車」と「逢びき」。いずれも映画がヒットしたという共通点があります。
前者はテネシー・ウィリアムズ原作、1951年のエリア・カザン監督作品。後者はノエル・カワード原作(戯曲のタイトルは「静物画」)、1945年のデイヴィッド・リーン監督作品。
上述のドキュメンタリーは「逢びき」作曲中に制作されたため、その話が出てきます。プレヴィンの発言が面白い。

「最初にかいたもの(「欲望…」)よりは今の方(「逢びき」)の方がいい。荒々しさが増している」

年齢を重ねた方が荒々しくていいとは! 

そんな“永遠の青年“ぶりは、華やかな結婚歴からもわかります。何と5回!
ヒット映画『フォロー・ミー』(キャロル・リード監督1972年)などで有名なミア・ファローは3人目、カラヤンの秘蔵子といわれたヴァイオリニスト、アンネ-ゾフィー・ムターは5人目の伴侶でした。
しかも、この2人とは離婚後も良好な関係を保っていることが、ドキュメンタリーからよくわかるのです。

レコード会社はことし、彼の生誕90年を記念する特別盤を企画していましたが、予期せず追悼盤になってしまいました。


ブログ追悼



才人音楽家ではもう1人、ミヒャエル・ギ―レン(3月8日没)にも一言捧げたい。作曲家でもありますが、プレヴィンのように自作自演のCDをメジャーレーベルから出す機会には恵まれなかったようです。
いずれにせよ、作曲もする指揮者ということで現代音楽系が評価される傾向にあるものの、伝統的な音楽でも彫りの深い名演を残しています。何しろ、カリスマ指揮者のカルロス・クライバーととても仲が良かったのです。

ベルクらモダンな管弦楽曲とのカップリングがユニークなマーラーの交響曲シリーズ、シェーンベルクの大作「グレの歌」、それにスクリアビンの交響曲などは、注目に値する遺産だと思います。

いまごろは天国でクライバーと音楽談義に花を咲かせているかもしれません。

ヘンなCD

珍しいCD(若いころはレコード)を見つけると手に入れたくなる困った性癖があります。
古いものでは、マジャール語で歌われたワーグナーの楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」(もとはドイツ語)、ハープで弾かれた「アランフェス協奏曲」(もとはギター)など。
最近ではハーディーガーディー(ベルギーの民族楽器。手回しヴァイオリンのようなもの)で弾かれたバッハの無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第3番や、オーケストラ用に編曲されたブラームスのピアノ三重奏曲第1番など。



でも、最近オンライン中古で手に入れたこいつは、そんなレベルをはるかに超えたヘンなCDです。今回は、これを紹介しちゃいます。



前回のブログでドナルド・キーンさんの「音盤風刺花伝」を紹介しましたが、それで思い立ったことです。前回、あえて割愛した「音楽と文学」について、キーンさんはこんなことを書いているのです。



<わたしは自分が、オペラから大いなる楽しみを得るのは、その文学的連想のせいなのだろうかと思うことがときどきある。オペラのリブレット(台本=筆者注)のほとんどは、文学としては高く評価されていない。(略)音楽抜きの《トロヴァトーレ》(ヴェルディ作曲のオペラ=筆者注)の公演を聴きに行くことなど想像できるだろうか>



さあ、「おかしな」CDの登場です。



DSC_6263-2



ワーグナーの楽劇「ニーベルングの指環」(以下「指環」と略します)の朗読です。音楽は一切なし、朗読のみで収録時間は6時間30分14秒。CD8枚組。
どうです、そうとうヘンでしょ? 2007年ウィーンで収録され、ドイツの col legno 
社から出ています。

「指環」は、世界一長いオペラといわれ続けています。
4つの楽劇「ラインの黄金」「ワルキューレ」「ジークフリート」「神々の黄昏」から成ります。実際の上演には各楽劇1夜ずつ、計4日間を要します。
演奏時間は通して14時間ほど。CDだと12枚から14枚のセットとなります。台本を読むだけだと早いので、6時間半ですむのですね。

ちなみにこのCDセットで朗読しているのはスゥエン―エリック・べヒトルフというオペラ界では有名な演出家。もちろんワーグナー作品もいくつも演出しています。ワーグナーが総譜に記したト書きもほぼ全部、読んでいます。

ドイツ語に堪能なわけでもない身ゆえ、朗読についての論評は差し控えますが、ワーグナー楽劇の肉も骨もそぎ落とし、いわば神経系だけを取り出したような言葉の数々が、不思議な力をもって迫ってきます。
キーンさんがこれを聴いたらなんといわれるか。気になるところです。


ワーグナーは、台本を自分で書いたオペラ作曲家なので、台本ができた段階で仲間を集めて朗読会を開くことがよくありました。
有名なのは、歌劇「ローエングリン」の朗読会。当時、彼が拠点にしていたドレスデンで催され、その席には市内に住んでいた大作曲家のシューマンも出席していました。
出席者は一様に作品に感激したそうですが、それをオペラにすることについては、シューマンは「いったいどんな音楽になるのか想像がつかない」という趣旨の感想を述べたといいますし、他の有力な出席者は「オペラ化など考えない方がいい」といさめたとか。


ただ、ワーグナーが書いた音楽はすばらしく、今日も人気の演目となっているのです。


「ローエングリン」は上演時間3時間半ほど。全編朗読したとして、所用1時間強というところでしょうか。それでもなかなかすごい。
ましてや「指環」(!)。

キーンさんが知らないはずはないのですが、ワーグナーのオペラ台本は、ドイツ文学者の間で長らく研究の対象となっています。とりわけ最後の作品「パルジファル」に登場する女性クンドリーは謎の存在とされ、研究論文は数えきれないほどある、といっても過言ではないでしょう。
ワーグナーの作品に関しては「文学としては高く評価されていない」とは言えない、数少ない例外だと言えると思います。

それにしてもこのヘンな「指環」のCD、全部を通して聴くことは死ぬまでないだろうなあ。

続・寂しい知らせ

ブルーノ・ガンツさんに続いて、身の程をわきまえずに、偉大な人の追悼文を書きます。
ドナルド・キーンさん(2019年2月24日没)。

キーンさんは、この人がいなければ、日本文学が世界に知られる機会がずっと遅れていたか、あるいはその機会が今日までないままだったかもしれない、という「恐るべき」日本通でした。

しかし、わたしがキーンさんを気にかけてきたのは、やっぱり、音楽を通じてなのです。
以下、わたしの、まったく偏ったキーンさん追想。

出会いは「レコード芸術」(音楽の友社)という月刊誌。わたしは学生時代から今まで購読し続けていますが、まさに学生の頃、キーンさんは「音盤風刺花伝」という連載を書いていた(中矢一義氏訳)のです。それを読むのがわたしの楽しみでした。

タイトルからすでに「日本通」があふれでていますね。能の世阿弥(1363-1443?)が遺した理論書「風姿花伝」をもじった。

連載は1975年から。雑誌連載としてはかなりの長文でした。雑誌そのものはもう廃棄して手元にないので、後に出版された単行本を手掛かりに書き進めます(各回16ページの分量です)。
タイトルを拾ってみると



「わたしの好きなレコード」

「“本場の音”」

「オペラは何語で歌うべきか」

「男と女」


…。


そして

「音楽と文学」



キーンさんは両親が集めていたSPレコードと蓄音機(若い人にわかるかな?)でオペラに親しむところから音楽歴をスタートしたといいます。
ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場はじめ欧米のオペラハウスに頻繁に通い、マリア・カラス(ギリシャ出身のソプラノ)やキルステン・フラグスタート(ノルウェー出身の同)、ルチアーノ・パヴァロッティ(イタリア出身のテノール)など、もはや伝説となっている名歌手たちの生のステージに数多く触れました。
こぼれ話ですが、あるオペラの海賊盤では、終演後の拍手に混じってキーンさんの「ブラヴォー」がはっきりと聞き取れるそうです。

音楽評論家ではないけれど「批評耳」は確かで、音楽会と妙につながっていないだけに(こう書くと音楽評論家に失礼か?)、まずいものははっきりと指摘していて痛快です。

例えばカラスが歌った「トスカ」(プッチーニ作曲のオペラ)については、こんな具合です。

<《トスカ》は、演劇的にはまったく不出来なうえに、プッチーニの音楽は、モーツァルトはいうに呼ばず、ヴェルディの傑作ともぜんぜん比較にならないものではあるが、カラスはその公演を一生涯忘れることのできない事件にしてくれたのだった。この音楽的、演劇的経験を拒絶し、たとえば、ウィーン・フィルによるメンデルスゾーンの《イタリア交響曲》を取る者があろうなどとは、わたしにはとうてい想像がつかない。たぶんわたしの音楽の好みは純粋ではないのかもしれない。だが、わたしは少なくともスノッブではない!>

ワーグナーの「タンホイザー」は嫌いだ、と断じてみたり、ベートヴェンの5番(交響曲「運命」)、9番(交響曲「合唱付き」)はなくても構わない、と告白したり、本当に縦横無尽に自身の音楽観を披歴しています。

「音楽と文学」についてもダイジェストしてもいいのですが、割愛します。いずれにしても、ちょっと読んでみたくなるのではないでしょうか。

キーンさんの人物に触れる機会が、わたしにあったはずはありません。でも、テレビなどのインタビューに答える姿を見るにつけ、恐るべき教養人にして懐の深い人、という印象を強く持ちます。

このごろ、教養に不足し、包容力のない人が変に力を持ったり、テレビに出すぎたりしているのを見ると、いっそうその感を強くするのです。

キーンさんは最晩年まで旺盛な執筆意欲を失わず、生前に出版できなかった著作があるといいます。そしてそのうちの1冊が、4月に刊行されるそうです。


タイトルは「ドナルド・キーンのオペラへようこそ!われらが人生の歓(よろこ)び」(文芸春秋)。

出版されるのが楽しみでなりません。

ギャラリー
  • 続続・寂しい知らせ
  • ヘンなCD
  • 寂しい知らせ
  • 彩りの祭典
  • 買い負け・のようなもの
  • 買い負け
  • 襲名
  • 原作…追加(渋々)
  • 原作は?