口伝隊

新国立劇場の演劇研修所が2008年から上演している朗読劇「少年口伝隊一九四五」を、ことしようやく見てきました(8月3日新国立劇場小ホール)。

少年口伝隊


作家の井上ひさし氏(1934-2010)が、原爆投下後の広島であった実話もとにフィクションとして書き下ろした作品です。講談社から同じタイトルで出版もされています。

少年口伝隊(講談社))


最小限の舞台装置のみで、衣装なし、動作は抑えられ、効果音や楽団もなしのシンプルなものですが、ギター独奏が大きな役割を果たします。



その演奏を初演以来、ひとりで担当しているのが札幌出身のギタリスト・宮下祥子さん(当ブログ2017年11月の<彩り豊かな『冬の旅』>でも登場していただいた)。井上氏が都内で偶然、宮下さんの演奏を聴いて、その音楽を耳に浮かべながらこの作品を書いたといいます。
曲目も、「ギターのベートーヴェン」と呼ばれるスペイン出身のギタリスト兼作曲家・フェルナンド・ソル(1778?-1839)の悲歌風幻想曲と指定されています。
ギター好きとしては、注目しないわけにはいきません。

主人公は3人の少年。3人は、破壊されて新聞を発行できなくなった中国新聞の女性記者が、街頭でニュースを読み上げているのに出会い、その手伝いをするようになります。



「広島駅は、このたびの新型爆弾で被害を受けた方に限って、無料で乗車させることにしました」
「広島県知事からの告示です。広島市民の税金が待ってもらえます。一年間、待ってもらえます」



混乱の中でも、懸命に情報を伝えようとした人たち。新聞社に身を置いた者として、切実に胸に迫ってきました。


音楽は、ト書きで指定されています。
<ギター奏者による序奏>
<ギター奏者が長いあいだ弾いている>
など。しかし、臨機応変に短い演奏がはさまれていきます。
右手指で弦を引っ張り上げて指版にバチッとたたきつける衝撃的な奏法も、効果音として生きていました。



これらは演出の栗山民也氏と宮下さんの共同作業で生み出されたのでしょう。
音楽家にとって芝居とのコラボレーションは、音楽のアンサンブルとは違った難しさがあっただろうと想像します。


毎年、満席が続く公演ですが、今年も4日間、老若男女が席を埋めたと聞きました。

広島、長崎の原爆忌を迎えましたが、被爆体験の継承が、年ごとに大きな課題となっています。朗読劇「口伝隊一九四五」は、その課題の解決に一定の力を発揮することでしょう。


新国立劇場演劇研修所の研修生も、宮下さんも、実際に広島に足を運び、被爆者らの話も聞いたといいます。
ことし8月の4回を含めて、上演はこれまでに28回(ほかに井上作品の上演に取り組んでいるこまつ座の10日間連続公演あり)。2期生からことしの12期生まで、100人ほどの若い演劇人によって演じられたことになります。
演劇界に、広島について深く考える若者が広がっていくというのは素晴らしいことであります。


まだ回数は少ないのですが、地方公演も行われています。

北海道でも見たい、という声が広がることを期待してしまいます。


写真①「少年口伝隊一九四五」開演前のステージ(ホームページから)
写真②講談社刊の「少年口伝隊一九四五」


レニー

札幌で29回目のPMF(パシフィック・ミュージック・フェスティバル)が開かれています。
音楽祭創設者のレナード・バーンスタン生誕100年の今年は、彼の偉業をしのぶプログラムが花ざかりです。


20180725PMF


彼の作品のみで構成された7月21日のPMFオーケストラ演奏会を聞きました。
バレエ音楽「ファンシー・フリー」
セレナード(プラトンの「饗宴」による)
交響曲第2番「不安の時代」

なじみがあるとも、わかりやすいともいえないプログラムにもかかわらず、キタラ大ホールはほぼ満員でした。
わたしも初めての曲ばかりでしたが、心から楽しむことができました。若い音楽家たちがエドウィン・アウトウォーター氏の指揮によく反応し、複雑なスコア(見たわけではありませんが)に込められたバーンスタインの響きを的確に表現していたと思います。


2曲目のセレナードはバイオリン・ソロと弦楽器、打楽器、ハープという編成。ソリストはバーンスタインの愛弟子のひとり、五嶋みどりさんでした。
14歳のときにバーンスタイン指揮の演奏会に出演、演奏中に2回も弦を切るアクシデントに遭いながら、冷静にすぐ後ろのコンサートマスターから楽器を借り受けて、最小限の中断で見事に弾きとおしたという伝説が残っています(映像がユーチューブで見られます)。
あれから30数年、彼女がこの曲を弾く機会が何回あったのか、また、今後弾く予定があるのかもわかりませんが、技術的にも至難と思われるこの曲を、まさに手の内のものとして鮮やかに弾きとおしたのには感嘆しました。




話は変わりますが、バーンスタインには作曲家のほかに、指揮者という顔があります。こちらのバーンスタインには、わたしも(もっぱら録音ですが)数多く接してきました。
長らく名盤と仰いできたワーグナーの「トリスタンとイゾルデ」(当ブログ2017年3月28日の回にそのジャケットデザインを紹介しました)はその代表的なひとつですが、演奏会形式で行われたこのライブ収録のステージ映像が最近リリースされました。

bernstein tristan


音楽はとてつもない巨大さで流れるのに、指揮姿は決して格好良くない。まことにバーンスタインらしい、ちょっと滑稽にも見えるパフォーマンスを確認することができました。
このあたりが、「楽壇の帝王」と呼ばれたカラヤンと違うところです。

小澤征爾氏は、カラヤンとバーンスタインという2人の師匠について語るときに、カラヤンのことは「カラヤン先生」と呼ぶのに対し、バーンスタインのことは「レニー」と親しみを込めて呼びます。
それが作品からも、「トリスタン」の指揮姿からもわかるような気がするのです。


CATVで見られるクラシックチャンネルCLASSICA 
JAPANでは8月、バーンスタインの映像作品を毎日放送する予定だそうです。彼の作品に親しむ機会になるだろうと楽しみにしています。




最後に余談をひとつ。

PMFは来年30回を迎えます。
そもそもは北京で開く予定だったのが、天安門事件で急遽開催地が札幌に変わったという数奇な運命のもとに生まれた音楽祭ではありますが、「PMFと言えば札幌」は、もはや動かしがたい。
そろそろ音楽祭の名前に「札幌」を明記してもらってもよいのではないか。
世界中の音楽祭で、開催地の地名が入っていない音楽祭があるのだろうか。わたしは知りません。
音楽祭の名前を「PMF札幌」とする。そんな運動が起きることを、札幌を愛する一人として願っているのです。


写真①PMFのパンフレット
写真②「トリスタンとイゾルデ」のブルーレイ・ディスク。このジャケットデザインは褒め言葉が見つからない

見るか、見ないか

芸事には「型」があります。


「型」が身についていなければ、ただの「かたなし」。


「型」をなぞるだけでは「かたどおり」。


「型」を身に着けたうえで、それを超える。そこで初めて、誉め言葉としての「かたやぶり」に到達できる―とは、多くの師匠たちのいう言葉です。



5月13日に開かれた道新寄席。新作落語の巨匠、三遊亭円丈師匠の落語は、まさに「型破り」でした。
十八番の「グリコ少年」では、大詰めにキャラメルを取りだして客席にまいたり、最後は舞台を降りて客席通路を「300メートル」走って退場する、という具合。


しかし、最大の「型破り」は、高座に書見台を持ち込み、「台本」を確かめながら噺を進めていったことでしょう。もちろん、ただのカンニングではなく、目を台本に移すたびに笑いをとる一言を発するのです。


落語家修業は、まず古典落語をたくさん覚えることから始まります。真打ちともなれば50以上の演目を自在に操ります。
「見ながら語る」では、バーテンダーがレシピを見ながらカクテルをつくるようなもので、落語じゃない、と言われそうです。


それをやっちゃう。
それも、やっちゃうこと自体で笑いを取る。
ほかの噺家さんではなかなか許されないかもしれません。



音楽の世界でも同じことがあります。譜面を見るか見ないか、です。
ソリストは、リサイタルや協奏曲で独奏する場合は通常、暗譜で演奏します。室内楽などアンサンブルでは、逆に全員が譜面を見ます。

ピアノの巨匠で、ソロなのに堂々と譜面を見ていたのは、ロシアのリヒテル(1915-1997)でした。
ほかに、今も指揮にピアノに大活躍中のバレンボイム(1942-)も時には譜面を見たことを、青柳いずみこさんの「ピアニストの祝祭」(中央公論社)に教えられました。
2005年2月の東京・サントリーホールでのリサイタル。プログラムはバッハの「平均律クラヴィア曲集」全曲だったそうです。
青柳さんは書きます。
「彼が譜面を携えて出てきたのを見て少しほっとした。複雑な対位法的書法を駆使したバッハの『平均律』ほど覚えるのが難しい音楽もない。試験やコンクールのときの恐怖が心と身体に染みついている。若いころはそれでもなんとか弾いて帰ってくるが、年をとるにつれて記憶力が減退し、困難さは増す。多くの演奏家が中年過ぎから室内楽の活動を増やすのも、室内楽なら楽譜を見て弾けるからだ」


「そら」で話せる、弾けるくらいに台本や譜面を読み込まなければ、作品を理解したとは言えない。それは正論でしょうが、それができないなら舞台に上るな、というのも極論のような気がします。

最後は、舞台に立つ人の美学であり、芸に触れたいと思う観衆・聴衆のこだわりに任せるのがいいのかもしれません。



道新寄席に話題を戻します。
2011年から始まった道新寄席は、ほぼ月1回の開催を続け、ことしめでたく第100回を迎えます。実力本位で出演者を選び、いまでは噺家さんの方から「ぜひ道新寄席に呼んで」といわれるほどになりました。
記念すべき第100回は7月6日(金)道新ホールで開かれます。通常より枠を拡大し午後4時に開演。前半は若手や講談師による「江戸寄席ごよみ」、後半(午後7時からの予定)は柳亭市馬師匠の独演会という構成です。途中休憩を入れてたっぷり6時間余、寄席の雰囲気も楽しんでいただきます。

ブログ道新寄席_edited-1

(詳細は写真のチラシをご覧ください)


チケットは4500円。好評をいただいているので、道新プレイガイドでお早目の購入をお勧めします。このブログのタイトルは「見るか、見ないか」ですが、これは「見るしかない」と思いますよ。

ギャラリー
  • 口伝隊
  • 口伝隊
  • レニー
  • レニー
  • 見るか、見ないか
  • アイーダ1957-2018
  • 新劇場哀話-といってもドイツの話
  • 新ホール
  • 悪魔の楽器