見るか、見ないか

芸事には「型」があります。


「型」が身についていなければ、ただの「かたなし」。


「型」をなぞるだけでは「かたどおり」。


「型」を身に着けたうえで、それを超える。そこで初めて、誉め言葉としての「かたやぶり」に到達できる―とは、多くの師匠たちのいう言葉です。



5月13日に開かれた道新寄席。新作落語の巨匠、三遊亭円丈師匠の落語は、まさに「型破り」でした。
十八番の「グリコ少年」では、大詰めにキャラメルを取りだして客席にまいたり、最後は舞台を降りて客席通路を「300メートル」走って退場する、という具合。


しかし、最大の「型破り」は、高座に書見台を持ち込み、「台本」を確かめながら噺を進めていったことでしょう。もちろん、ただのカンニングではなく、目を台本に移すたびに笑いをとる一言を発するのです。


落語家修業は、まず古典落語をたくさん覚えることから始まります。真打ちともなれば50以上の演目を自在に操ります。
「見ながら語る」では、バーテンダーがレシピを見ながらカクテルをつくるようなもので、落語じゃない、と言われそうです。


それをやっちゃう。
それも、やっちゃうこと自体で笑いを取る。
ほかの噺家さんではなかなか許されないかもしれません。



音楽の世界でも同じことがあります。譜面を見るか見ないか、です。
ソリストは、リサイタルや協奏曲で独奏する場合は通常、暗譜で演奏します。室内楽などアンサンブルでは、逆に全員が譜面を見ます。

ピアノの巨匠で、ソロなのに堂々と譜面を見ていたのは、ロシアのリヒテル(1915-1997)でした。
ほかに、今も指揮にピアノに大活躍中のバレンボイム(1942-)も時には譜面を見たことを、青柳いずみこさんの「ピアニストの祝祭」(中央公論社)に教えられました。
2005年2月の東京・サントリーホールでのリサイタル。プログラムはバッハの「平均律クラヴィア曲集」全曲だったそうです。
青柳さんは書きます。
「彼が譜面を携えて出てきたのを見て少しほっとした。複雑な対位法的書法を駆使したバッハの『平均律』ほど覚えるのが難しい音楽もない。試験やコンクールのときの恐怖が心と身体に染みついている。若いころはそれでもなんとか弾いて帰ってくるが、年をとるにつれて記憶力が減退し、困難さは増す。多くの演奏家が中年過ぎから室内楽の活動を増やすのも、室内楽なら楽譜を見て弾けるからだ」


「そら」で話せる、弾けるくらいに台本や譜面を読み込まなければ、作品を理解したとは言えない。それは正論でしょうが、それができないなら舞台に上るな、というのも極論のような気がします。

最後は、舞台に立つ人の美学であり、芸に触れたいと思う観衆・聴衆のこだわりに任せるのがいいのかもしれません。



道新寄席に話題を戻します。
2011年から始まった道新寄席は、ほぼ月1回の開催を続け、ことしめでたく第100回を迎えます。実力本位で出演者を選び、いまでは噺家さんの方から「ぜひ道新寄席に呼んで」といわれるほどになりました。
記念すべき第100回は7月6日(金)道新ホールで開かれます。通常より枠を拡大し午後4時に開演。前半は若手や講談師による「江戸寄席ごよみ」、後半(午後7時からの予定)は柳亭市馬師匠の独演会という構成です。途中休憩を入れてたっぷり6時間余、寄席の雰囲気も楽しんでいただきます。

ブログ道新寄席_edited-1

(詳細は写真のチラシをご覧ください)


チケットは4500円。好評をいただいているので、道新プレイガイドでお早目の購入をお勧めします。このブログのタイトルは「見るか、見ないか」ですが、これは「見るしかない」と思いますよ。

アイーダ1957-2018




イタリアオペラの世界的名歌手たちが、NHKの招聘で継続的に日本公演を行った時代がありました。


1957年の第1回に始まる「NHKイタリアオペラ」です。1976年の第8回まで続きました。日本の人々が初めて、自国で本格的なオペラに触れる機会となったのでした。
記念すべき初年の初回公演は9月29日。演目はヴェルディ作曲の「アイーダ」。歌手たちはアイーダにアントニエッタ・ステッラ、アムネリスにジュリエッタ・シミオナート、ラダメスにはウンベルト・ボルソ…。そうそうたる顔ぶれです(指揮はヴィットリオ・グイ、管弦楽はN響)。
「アイーダ」のほかにも、モーツァルト「フィガロの結婚」、プッチーニ「トスカ」、それにヴェルディ「ファルスタッフ」という人気演目が東京、大阪で上演され、NHKテレビでも放映され、多くのファンの心を捕らえたのです。

第2回以降は、あのマリオ・デル・モナコやティト・ゴッピらも来ています。
公演会場にも歴史が感じられます。初日は東京宝塚劇場。ほかに産経ホールなどが使われました。第2回となる59年にようやく上野の東京文化会館が落成して会場になっています。NHKホールの完成は第7回の1973年です。



あれから60年余、同じ「アイーダ」が札幌の新しいホール「札幌芸術文化劇場hitaru(ヒタル)」で上演されます。

ブログhitaru


先日のチケット発売では、本当に多くの皆さんが、電話で、インターネットで、そして販売窓口でチケットをお求めになりました。残念ながら、提供席数が希望数を大きく下回り、購入がかなわなかった方も大勢、おられました。窓口の売りさばきが順調にいかず、並んだ方に苦痛を与えたことは、販売を担当した立場として申し訳なく思います。


さて、首尾よくチケットを手にされた中に、学生時代に第1回イタリアオペラを見に上京した、というご婦人がおられました。
北海道教育大学札幌校の「特音コース」で学んでおられたときのことだそうです。「音楽専攻の学生に、特別のあっせんがあったので行けたのです」とのこと。その思い出とともに、今回のこけら落としのチケットを、本当にいとおしそうに見つめておられました。
今回、ご年配の方のご購入が多かったところを見ると、彼女のように実際に公演を観たかどうかは別として「NHKイタリアオペラ」がまいた種が、札幌でもしっかり育っていたと言えるのかもしれません。


1950年代後半は、まさに日本の高度成長期のスタートダッシュの時代でした。音楽界では、第1回イタリアオペラと同じ57年にウィーンフィルが初来日を果たし、翌年にはベルリンフィルがカラヤンとともに来日しています。まさに日の出の勢いだったのでしょう。


それでも、地方の音楽学生にもあっせんがあったところを見ると、東京で4演目13公演のオペラを観衆でいっぱいにするのに不安があったのでしょう。ひょっとしたら、鑑賞態度に心配のいらない聴衆を一定程度確保しておきたいという思いもあったかも、などと想像します。

今回、主催の札幌市芸術文化財団は、できるだけ多くの一般のファンの方々にチケットが行き渡るようにと、関係者への招待枠を極力抑えたといいます。それでも、発売初日でチケットは完売。これには正直、驚かされました。


これが札幌のファンの厚みを反映したものであるなら、多くの予算をかけて新ホールを建設した意味があるというものです。
また、これを機会にオペラに親しむ市民が増えることも期待したい。今後の公演でも、多くのお客様をお迎えできることを願っています。


(写真)会社の応接室から劇場の建物が見えます。商工会議所の向こうが高層のオフィス棟。その向こうが劇場棟です。

新劇場哀話-といってもドイツの話

もう30年以上も前になりますが、旧東ベルリンのベルリン州立歌劇場でワーグナーのオペラ「タンホイザー」を見ました。わたしの初めてヨーロッパ歌劇場体験でした。

berlin881


ベルリンの文化地区ウンター・デン・リンデンの「顔」です。プロイセン王フリードリヒ2世(1712-1786年)の命で建設され、1742年にこけら落とし。第2次大戦中のベルリン空襲で破壊されましたが、55年に再建。旧東ドイツ時代はもちろん、統一後もドイツ・オペラの殿堂として君臨してきました。


その歌劇場の全面改修がこのほど行われ、昨年、にぎやかに再開しました。2010年に始まった工事は、さまざまな困難に遭って予定より3年も遅れたのでした。


再建のドラマがドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」として制作されました。札幌で新ホールの建設工事が大詰めを迎えているなかだけに、CATVのクラシック音楽専門チャンネル、クラシカ・ジャパンが放映したのを興味深く見ました。

ドキュメンタリーの特徴は、そこで働く人々を丹念に取材したことです(アンネ・オステルロー監督)。職場としてのオペラハウス、そこで働く職人や労働者にとっての劇場再建の意味を問いかけているのです。

歌手たちや専門技術を身につけた若い職人たちは、新しい歌劇場の完成を思い描きながら、旧劇場の思い出を語り、感謝の言葉を捧げます。
専属の歌手たちは再建工事中は、市内のもうひとつの有名劇場シラー劇場で歌います。スター歌手たちはその間も、世界の歌劇場に出演し、喝さいを浴び続けます。

しかし、大道具・小道具やその運搬、館内の清掃など、単純作業にかかわってきた高齢の職員らは、取り壊しとともに職を失うのです。

勤続37年の大道具係の男性は「あと数年で定年を全うできるのに、新しい劇場の完成を待ってではもう働けない」と、うらめしそうに語ります。それだけではありません。旧東ドイツ出身者の年金は、旧西出身者より30%も低い、というのです。旧東時代の払い込み金額が算定基準になっているからで、東西格差が厳然と残っているのです。
職種でも差別されています。勤続50年の男性が働く運搬部はほとんどが旧東ドイツ出身者か、統一後世代の学生アルバイトだといいます。新劇場に彼の働く場所はありません。ピエロ志望だった別の男性は、旧東時代に家族が亡命したため当局から目を付けられて夢を阻まれ、統一後も下積みの人生を送らざるを得ませんでした。

2010年、あと数か月で職場がなくなるという最終シーズン。プッチーニの「ラ・ボエーム」やチャイコフスキーの「エフゲニー・オネーギン」が上演される劇場で、床ふきをしたり、デッキブラシに寄りかかってリハーサルに聞きほれたりする職員たちの姿が映し出されます。

分断国家の「後遺症」は日本では想像するしかありません。では、職種の格差はどうでしょう。
今では、運搬も清掃も別の専門の会社が請け負って、働く人たちはひとつひとつの現場に感傷を持つようなことはないでしょう。現場がなくなれば、次の現場を求めていくだけのことです。
企業活動としては合理的でしょうが、「その仕事がどんな役に立っているのか」は、働く者からは見えにくい。



照明係の男性が語った言葉が胸に残ります。「仕事を愛していなければ(退職が)こんなにつらくは感じない。晴れ晴れと辞められるだろう」



EU諸国のなかで、ドイツが経済的に最も成功したのは、労働市場の流動化に果敢に取り組んだからだ、と言われます。そんなドイツで、歌劇場のこの職場は取り残された「聖域」だったのかもしれません。文化の殿堂の裏側からその歴史を、スタッフとして見続けることができたのですから。

新歌劇場のこけら落としには、シューマン作曲の「ゲーテのファウストからの情景」が、オペラと演劇を融合した新構成で上演されました。同じチャンネルで全編が放送されましたが、素晴らしい舞台でした。

上演のプロローグ、前口上のナレーターとして往年の名ソプラノ歌手、アンナ=トモワ・シントウが登場しました。
わたしが30数年前にみた「タンホイザー」でヒロイン、エリーザベト役を歌っていた歌手です。これにも因縁を感じてしまいます。

そして、終演後にも見どころが待っていました。カーテンコールに、ドキュメンタリーに登場した職員たちが登場し、観客たちの大きな拍手を受けたのです。誇らしげな顔に見えましたが、内心にあったのは涙でしょうか、あきらめでしょうか、それとも恨みでしょうか。

参考までにクラシカ・ジャパンの番組ホームページを載せておきます。

http://www.classica-jp.com/program/detail.php?classica_id=CU1767

写真は旧ベルリン州立歌劇場(2007年の来日公演のプログラムから)。新劇場の外観は、これをほぼ再現している。

ギャラリー
  • 見るか、見ないか
  • アイーダ1957-2018
  • 新劇場哀話-といってもドイツの話
  • 新ホール
  • 悪魔の楽器
  • ああオリンピック
  • この1年
  • 今年のCDベスト3
  • 今年のCDベスト3